429 ビュー

#22 失われた『恋愛感情』を求めて|走行距離37km

#21 『最善』を尽くさず過ごす人生なんてあり得ない。最早考えられない

2024-03-17

失われた『恋愛感情』を求めて

悩みがないって幸せだったな…

悩みがないって幸せですよ。毎日気持ち良く過ごせますから。もしも悩みを抱えていたら、一日中悩みのことばかり考えてしまいます。AだからB。BだからC。でもCならD。やっぱDだからA… 同じ場所で何度も何度も考えが循環してしまうのです。気力と時間の膨大な無駄遣い。生産性に欠けること、車輪の再発明の如し。心の消耗に歯止めがかかりません。強い意志でもって思考の輪廻を断ち、悩みについて考えないよう気を付けてようやく平穏が保たれます。

これまでどうして悩みが無かったか考えてみると、やはり『忙しかったから』というのが理由の筆頭に浮かび上がってきそう。仕事以外の思索に耽る時間的・精神的余裕が無かったから悩まなかったのです。悩みの対象ならいくらでもありました。

  • 博士課程をちゃんと修了できるかな…?
  • 100kmで500分を切れるかな?
  • 就職先、決まるかな…?
  • 病気の症状が悪化しないかな…?

などといくらでも悩めそうな様相。これ等に悩まなかったのは、あまりに余裕が無さすぎて悩”め”なかったから。悩んでいるヒマがないほど忙しく動き回っていました。前の記事でも述べたように、日々、最善を尽くして生きていくしかありません。悩んだって仕方がない。だって、なるようにしかならないのだもの。悩んでいるヒマがあるなら悩みの種や芽を潰す行動をとるべき。悩んでいたって始まりません。悩みに煩わされる日々は人間に何ひとつ恩恵をもたらしませんもの。

 

好きな人が居ないのが悩み

悩みらしい悩みもないまま20代後半に入りました。これまで平穏な日々を過ごしていたものの、最近急に悩みが心の中に浮かび上がってきたのです。そう、【好きな人が居ない】のが悩み。(あぁ、この人好きだなぁ)と恋焦がれる対象と巡り合えません。

中学・高校時代、浪人時代、そして大学時代にはちゃんと好きな人が居ました。お付き合いもしました。思い、思われ、振り、振られ…と恋愛感情にブンブン振り回されていた。高2の頃なんか、彼女のことがあまりに好きすぎて、授業中ずっと彼女のことを考えていたほど。(あぁ、可愛いなぁ。次の週末は何を喋ろうかなぁ…)と夢の世界の中で終始妄想していたのです。おかげで成績は散々。そりゃそうだ。先生の話が右耳から入り、脳への滞在時間ゼロ秒で左耳から出ていったのだから笑。大学時代の恋愛ぶりは高校の時よりかは幾分マシ。マラソンの終盤で失速しそうになった時に彼女の顔を思い浮かべて踏ん張った程度かな。

ところが学部四年次の5月以来、4年間、恋愛とは全く縁のない生活を送っています。彼女いない歴はまもなく4年に達しようとしている。それだけで済むのならまだ構いません。周囲に憧れの対象さえ居ない点に困らされているのです。「○○ちゃんに振り向いて貰えるように頑張ろう!」と力を振り絞る機会がない。そもそも周囲に女の子がいないから誰かを好きになる可能性さえ0%。

男が力を振り絞る際、①内的動機(最善を尽くしたいっ!)と②外的動機(モテたいっ!)の二種類の動機に突き動かされます。私が頼れるのは①だけ。彼女も好きな人もいない私は②を使いたくても使えません。もしも内的&外的両方の動機を使えたら馬力が二倍、いや三倍にまで高まるのでしょう。人間は”誰かのために”と頑張る時に限界を超え、最大のパワーを発揮するそうですから。女子とのご縁が皆無な私は内的動機に頼り切るしかありません。自分の心中の灯火を絶やさぬよう、日々モチベーション髙く生きていくしかない…

(おっ。この子、可愛いな!)と思った子に限って、隣には超絶カッコいい彼氏が立っています。「あんな素敵な子を男が放っておくわけがないよな…」と、男としての尊厳が地の果てまで落ちていくのです。彼女やお嫁さんの居る男性が羨ましくて仕方がない。彼女の文句を言っている男なんて贅沢にもほどがある。だったら隣の彼女を私に譲って下さいよ。あなたより何倍も彼女様を喜ばせて差し上げますから。部活やサークルにでも入っていれば女子との接点があったのでしょう。一人で北大構内を走ってばかりいて、週末も平日と同様、研究室にこもりっきりな私に女子との接点ができるわけがありません。

 

有名人なら好きな人はいる

https://mantan-web.jp/article/20150709dog00m200045000c.html

現実世界からバラエティー業界、もしくは映画業界に目を移せば好きな人は何人かいます。昔の記事でも述べたように、私は黒島結菜さんの大ファンです。眼がクリっとしているショートヘアの女性が好き。髪が長くても構いません。短い方が好き、というだけ。『水色が似合う』というのも大切なポイント。私は青系の色が好き。好きな色の似合う女性に心が惹かれるのは当然でしょう。

https://www.pinterest.jp/pin/720576009112325241/

永野芽郁さんも好きなんですよ。この人ほど透明感のある女性を今まで見たことがありません。何なんですか、もしかしてガラスで出来ているんですか?直視できないほど可愛いです。爽やかすぎるよ。昔も、今も、ずっと爽やか。黒髪の似合う人が好みなんです。真っ黒じゃない。黒に5~10%程度茶色が混じった薄~い黒茶色。純度100%の茶髪や金髪は正直、あまり好きではありません。自分と全く異質な人間のように思え、サッと距離を取ってしまいます。

黒島結菜さんといい、永野芽郁さんといい、右手にはカルピスを持っていますね。『お前、もしかして女の子じゃなくてカルピスが好きなんじゃねぇの?』と鋭いツッコミを入れられそう。正直、カルピスは好きですよ。飲み物の中だったら5番目に好き。1位がハイボール。2位が天然水。3位が同率でサッポロクラシックとパインサワー。カルピスはそれらの次に好きな飲み物。カルピスも当然好きだけれども、カルピスより女の子の方がずっとずっと好き。飲み物と女性を比較するだなんてそもそも失礼でした。ここに陳謝します。

 

広島に帰ったらまず彼女を作りたい

https://comolib.com/places/17674

https://comolib.com/places/17674

閑話休題。カルピスから悩みの話題に戻しましょう。

今まで抱えていた悩みの大半は独力で解決可能なものばかりでした。受験の悩みなら勉強して学力を付ければいい。就職に関する悩みなら就活を目一杯頑張ればいい。マラソンの記録の悩みは練習して走力を向上させて解決を図るしかない。一人で過ごすことが多かっただけに、一人で解決できる悩みばかり抱いていました。解決の糸口も見出しやすかったのです。努力すればある程度解消できる悩みが多かったから。

こと恋愛に関しては一人でどうにもなりません。自分で自分のことを好きになる訳にもいきませんし、自分以外の人間と接触して彼女を作っていくほかないのです。自分だけで解決できない悩みに人生開闢以来、初めて突き当たりました。どうすりゃいいんだコレ。【無理ゲー・オブ・ザ・イヤー2024】の受賞、待ったなしでしょう。

彼女っていくら (作ろう!) と思ってもすぐにホイホイできるものとは限らないじゃないですか?いくら男の側が「アンタのことが大好きや!」と訴えたとしても、女性側が男の思いを「ウチもや!」と受け入れてくれなきゃ恋愛が成立しないのだもの。マッチングアプリに頼るのもなぁ… 上位1割の男に上位8割の女が群がるシステムを使うのは気が引ける。自分自身、どう考えても恋愛力が上位1割に入るほど高いとは思えないのです。自分のトークで女性を楽しまさせられる余裕も自信も話のネタも何もありません。

唯一、可能性を見込んでいるのは乗馬クラブでの出会いでしょうか。昔通っていた乗馬クラブの男女比はほとんど半々でした。いや、むしろ女性の方が多いぐらいだったかもしれません。私自身、小さい頃、乗馬クラブのお姉さま方にたくさん可愛がっていただいた記憶が。乗馬にはダイエット効果があります。馬に乗っているだけで腹筋が刺激されて痩せます。ピチピチの乗馬ズボンを履けば着圧効果で足がめっちゃ細くなるのです。おまけに可愛い馬にも触れる… 女性にとって大変魅力的なスポーツを女性が放っておくわけがありません。

乗馬クラブでは四半期ごとに花見やBBQ、忘年会など様々なイベントが催されます。もしかすると乗馬クラブでなら女の人と友達になったりお付き合いできる縁を育めたりするかもしれません。幸いなことに、昔から乗馬だけはなぜか得意でした。勉強よりもランニングよりも、ブログ執筆よりも乗馬の方が得意。そういえば乗馬クラブって20代男性の会員率がめちゃくちゃ低かったです。30代後半や40代のおっちゃんは多く在籍していたのだけれども、20代の男性を見かけた記憶がほとんどありません。まして、乗馬の上級者に若い男性の姿は皆無。これはモテますね。絶対にモテる。希少価値が高すぎますよ。キャーキャー持て囃されるんじゃないですか笑?(それはない)

就職で広島に帰ったらすぐ高校までお世話になった乗馬クラブへ加入します。失った恋愛感情を求めて第二の青春を味わいに行くつもりです。

 

練習内容

  • 3/18 (月)~3/21 (木):オフ
  • 3/22 (金):50分ジョグ@ウエーブライダー26
  • 3/23 (土):60分ジョグ@GT2000-12
  • 3/24 (日):70分ジョグ@ウエーブライダー26

気温の上昇に伴い、北大構内にあった雪がどんどん解け、消えていきました。北大の内周も外周もほぼ通常通り使えそう。ということで、今シーズンの定期練習をスタート。まずは半年間のブランクを埋める所から。50~70分程度、呼吸の上がらないスピードで走りました。キロ5でも結構キツいです。心拍は150bpmほど。もうちょっと楽に走れたらいいのにな… 体重の重さも影響しているでしょう。一番絞れているときより2~3kg重かったらそりゃ走りづらくて当たり前だよな、と。

来週は5回練習できればと思います。最長90分程度走れたらOKとしましょう。今シーズンは週6での練習を予定。少しでも早く週6で走れる体制を構築し、走力を高めていきたいです。

#23 風邪で1週間ダウン|走行距離62km&51km

2024-04-07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA