【書評】思考力とは?リーダーシップとは?伊賀泰代さんの「採用基準」を読んで絶望と危機感を覚えました

この本を読むまで、私はコンサルという存在やリーダーシップという言葉を毛嫌いしていた。

というのも、

  • コンサルファームではカタカナ言葉ばかり使っていて(いけ好かない連中だなぁ)という印象を抱いていたし
  • 小中学生の頃同級生から激しくいじめられた影響で”誰かと一緒に何かをやろう”という概念がそもそもなかったし

当書籍を読む前までは自分の殻に引きこもった状態だった。

しかし、この本を読みながら、自分の考えがいかにピントのズレたものだったか、そしてチームで何かを成し遂げる事から逃げてきたのがどれだけ勿体ない機会損失だったか、何度も頷きながら納得させられた。

この記事では、私の殻をぶち破ってくれた一冊、伊賀泰代さんの『採用基準』に関してレビューしていく。

地頭より論理的思考力より大切なもの。なぜ企業が応募者にリーダーシップを求めるのか?

本の表紙に”地頭より論理的思考力より大切なもの”と書いてあり、(何でそわざわざんな事を書く必要があるのだろう…?)と考えながら少しずつ読み進めていた。

どうも、コンサルに応募してくる就活生の多くが(地頭や論理的思考力が採用可否の決め手になる)と思い込んでいるらしいのである。

私はコンサル業界にあまり興味はなく、メーカーに就職するつもりなのだが、そんな私ですら(えっ?地頭や論理的思考力が大事なんじゃないの?!)と、不意にビクッとしてしまった。

本書のメインテーマとなるこの話題、結論としてはリーダーシップ(リーダーとしての自覚)が一番大切との事である。

 

私を含め、日本人の多くはリーダーを”自分の主張を押し通そうとする人”だとか”一つの組織に1~2人いればいい”といった風に誤解してしまっている。

だから欧米の大学や外資系企業がうるさくリーダーシップを求める理由がサッパリ分からないし、リーダーが多すぎると”船頭多くして船山に上る”という諺に象徴されるようにトラブルが頻発してしまうじゃないかと懸念を抱いてしまうのである。

海外ではリーダーに対してそのような捉え方はされてはおらず、著者はチームの使命を達成するために、必要なことをやる人という言葉でもってリーダー像を定義している。

自分の意見を押し通すのではなくチームの成果に貢献するのがリーダーであり、どんな人の意見でも(理に適っているな)と思ったら年功序列に囚われず採り入れられるのが本当のリーダーだという事である。

そもそも、船頭多くして船山に上るの”船頭”をリーダーと捉える所からすでに食い違いが生じている。この諺の船頭はあくまでワガママな人という意味であり、リーダーとは対極の存在として考えるべきである。

 

この定義を踏まえると、外資系企業がリーダーシップを持つ学生を欲する理由がものすごく腹に落ちる。

  1. 1人しかリーダーシップを持つ人がいない、いわゆる日本的な組織
  2. 所属するみんながリーダーシップを持つ、いわゆる欧米的な組織

この2団体を比べると、②の方が明らかに高い成果を生み出せるのである。

①の組織ではリーダー以外の人間がリーダーの指示を待つ指示待ち人間となってしまい、リーダーを含めた全員の生産性が落ちてしまうが、②の組織では全員が(合意形成や成果達成のため自分に出来る事は何か?)と考えるため、ひとたび合意に至ると全員が課題に対して能動的かつ積極的に行動していける。

結局、リーダーシップとは、チームの課題に当事者意識を持って能動的に解決しようとするスキルの事ではないだろうか?

各企業はそれぞれ、将来その企業でリーダーとなるポテンシャルを持っている人を欲しがっている。そして、その『採用基準』こそ、リーダーシップの有無という訳である。

 

私はなにも、和をもって尊しとなす日本的な組織の良さを完全否定しようとは思っていない。

日本には日本の良さがあるし、互いに強調しあってきたからこそ、世界で唯一2,000年以上にもわたって国の歴史が連綿と受け継がれてきたのである。

ただ、組織として成果にこだわる以上は協調と同調を勘違いしてはならず、時には目上の立場の人に対して「それは違うんじゃないですか?」と反対する必要だって生じてくる

個人的に、日本人の持つ和の精神に当事者意識(リーダーシップ)が加われば無敵だと思うのだが、果たしてそれは現実的に可能なのか、よく検討してみる必要がある。

日本人の体にしみついた事なかれ主義を排するためには、小学校教育からリーダーシップについて教えていく必要がある。全員が世の中に対して当事者意識を持てば(どうせ投票したって無駄だろ)と思わず選挙に行って投票率が上がると思うし、道端で困っている方に「大丈夫ですか?」と手を差し伸べる人も増えてくるに違いない。

 

ヤバい、自分にはリーダーシップを育てる経験が皆無だった…

自分には全くリーダーシップがない。

それもこれも、(人と一緒にやるより自分一人でやった方が物事を早く解決できる)と考え、高校時代も大学時代も団体に所属せず単独行動してきたせいである。

まぁ、自分が動かないと解決しないから、一人で行動していたおかげで課題に対する当事者意識はかなり伸ばすことができたように思う。

しかし、大学の研究室で研究生活を営んでいると(確かに一人でやれる事には限界があるよなぁ)と感じるようになり、本書・採用基準を読み(もっと前から人に頼る事を覚えていたら研究でも私生活でも楽できたよなぁ)と、過去における自身の振る舞いを悔むようになったのである。

最近の研究は専門性が非常に高く、同じ研究室にいる同期がやっている研究すら全く理解できない場合がある。なので、私の脳みそで解決できない問題は他の誰かに聞いた方が早く・楽に解決するし、彼らとの対話の中で思わぬ発見をする可能性もゼロではない。

 

私は趣味でランニングをやっており、アフリカ人選手のフォームを見るためYouTubeを視聴する時がある。

そして、ある動画の中で、とあるケニア人ランナーが有名な諺を引用して

If you want to go fast, go alone. (早く行きたいなら一人で行きんさい。)
If you want to go far, go together. (遠くへ行きたいならみんなで行きんさい。)

と言っているのを耳にした記憶がある。

この言葉を聞き、当初は(何を言っているんだ、遠くへ行きたいなら一人で全力疾走すればいいじゃないか笑)と少々バカにして聞き流していた。

だが、本書を読み進めるうちに(いや、リーダーシップを持った仲間と一緒に行った方が早く&遠くへ行けるんじゃないか?)と意識が変化し、自分のリーダーシップ育成経験のなさを絶望するまでに考えが変わったのだった。

『採用基準』の中で「リーダーシップは学べるスキルだ」と著者は仰っていたが、ではどう学べばいいか、具体案は示されていなかった。欧米では小さい頃から学校で教わるとの事だから、リーダーシップを学べる本とやらがあるのかもしれない…(もっとも、座学だけではなく実践経験も重要だと思う)

 

企業が日本の博士号取得者を採りたがらない理由

一般的に、日系企業は専門性を高く評価する傾向にある。

しかし同時に、高い専門性を持つはずの博士人材をあまり雇いたがらない傾向にもある。

私は博士課程に進学し、修了後は企業に就職するつもりなので、この実情に対し、割と高めの当事者意識を持って(何でなんやろうなぁ…?)と考えていた。

本書を読んで一因が分かった。日本の博士人材にリーダーシップが不足しているからである。

 

もし面接官の目の前に、

  • 自分で研究予算を引っ張ってきて
  • (外国人を含む)共同研究者を自分で見つけ
  • 一定規模のプロジェクトを経験した事がある

こうした人物が現れたら、おそらく面接官の方から「頼むからウチの企業に来て下さい!お願いしますっ!!」と頼み込んでくるはずである。

実際、著者が在籍していたコンサルファームではリーダーシップのある博士人材を多数採用しており、事情は他の外資系企業も同様だとの事である。

一方で、日本の理系大学院では専門性を伸ばしてその分野の職人になる事に特化してしまうため、大学院在学中に課外活動でもしないとリーダーシップを伸ばせず社会に出るハメになってしまう

上にも述べたように、一人でできる事には限界があるし、博士課程で養われる高い専門性や論理的思考力もリーダーシップがあってこそ輝きを放つので、(日本において企業が博士人材採用を避けているのももっともだな)と納得させられた。

もちろん、日本の大学院を出た人全てにリーダーシップが欠けているなどと言うつもりはない。大学・大学院・文科省が”リーダーシップを育てなきゃいけない”と考えてすらいないため、その教育機関へ何も考えず在籍していたらリーダーシップを伸ばせませんよと言っているだけである。

 

現在、日本では、国を挙げて博士進学者を増やそう・進学者にお金の支援をしようという動きが起こっている。

私もその恩恵を被り、博士課程在学中に生活費相当額の支援を頂けることになったのだが、せっかくならアカデミアのカリキュラムも抜本的に変えてしまい、大学が日本全体にリーダーシップを持つ人材を輩出する教育機関となる方向へと舵を切れば国が劇的に良くなっていくだろう。

日本が失われた30年から脱却するにはソフトバンクの孫さんや北海道日本ハムの新庄BIGBOSSのようなカリスマだけではなく、名もなき数多くのリーダーが必要なのである。

私も博士課程在学中にリーダーシップを意図的に鍛え、リーダーシップと高い専門性を備えた最強のCrazy guyとして企業に勤め始めたい。

大学の研究室でリーダーシップを鍛えるには、
  • 自分の実験テーマに後輩をつけてもらい、後輩と二人三脚で実験を進める
  • 研究室紹介など研究室を挙げて行うイベントの際、積極的に代表役を務めてメンバーをまとめる

こうしたことがトレーニングになるだろう。近々、学科内で研究室紹介をやる予定なので、その時には早速研究室の代表となって研究室の魅力を誇大宣伝アピールしたい。

【博士進学希望者対象】クリスマスイブに内定した北大独自のフェローシップについてのQ&A

2021-12-30

思考力とは

『採用基準』はリーダーシップの重要性を説く本であり、本書のおかげで私の中のリーダーシップに対する捉え方が随分と変化したように思う。

そして、扱いはほんの僅かだったものの、私がハッとさせられた内容があったのでそれも紹介したい。

 

私がこの本を読んで息を吞んだのは、”思考力”という漠然としたものを言語化し、かつ3つの要素に分解して説明していた所である。

本書において思考力とは、以下の3要素で定義される。

  1. 思考スキル:物事をどう考えるか?ロジックツリーやMECE (Mutually, Exclusive, Collectively and Exhaustive) など、分析のフレームワークとなるテクニック。
  2. 思考意欲:どれだけ(考えたいっ!)と思えるか?思考意欲のある人は、暇さえあればずっと何かを考えている。
  3. 思考体力:考えるのに必要なエネルギー。考え続けるのにも体力が必要。

私自身、何となく①の事だけを思考力だと勘違いしていたが、まさか②や③も思考力の範疇だとは全く考えていなかった。

実際、多くの就活生も①を思考力だと思い違いをしているらしく、①の能力を伸ばすためにビジネス本を買い込んだりケース面接対策をしたりしていたようである。

 

著者が所属していたコンサルの面接では、思考スキルよりも思考意欲や思考体力を備えているかを重視していたらしい。

なぜなら、思考のフレームワークに関しては教えたらすぐ身に着けられるが、思考意欲や思考体力を養うには一朝一夕ではいかないからだ。

コンサルファームの面接では、その面接で繰り出した質問にうまく答えられるかよりも

  • この人は考えるのが好きか?
  • 数時間、ぶっ通しで考え続ける体力はあるか?

こうした要素を見ているようだ。

即戦力を求めるコンサルには人材をゼロから育てる時間はなく、すぐに戦場へと送り出せる人材を採用したいと思っているし、いくら専門用語の多用で武装しようとも、うわべだけ立派で中身は空っぽの就活生のメッキなどすぐ剥がされてしまうという訳である。

日系企業の面接で行われるフェルミ推定も、おそらく上と同じ理由で行われているのであろう。もっとも、ケース面接よりフェルミ推定の方がテクニック要素が高いように思うが。

 

私には思考力があるのか、私は考えるのが好きなのか

私には思考スキルが備わっているという自負がある。

  • 日本の中学・大学受験を突破するにあたり、問題のパターンを分析してそれに適した解法を頭から引き出して使う訓練を積んできたし
  • 高校~大学時代に50冊ほどビジネス本を買って読んだおかげで、ロジックツリーやPDCAサイクルの存在,およびその使用法を熟知しているし

決して地頭が良いとは思えないが、少なくとも思考スキルに関しては備わっていると思う。

しかし、思考意欲と思考体力に関しては、企業が欲しがるレベルに達していない。

確かに暇さえあれば何かを考えているが同じ所を堂々巡りしているだけだし、数十分考え続けたら「あ~疲れた!」と言って考える事から逃げてしまっている。

 

私は考える事が好きである。

好きなのだが、考える意欲と考え続ける体力を養おうなどと今まで”考えた”経験がなかったのである。

考えるのが好きだし、考え続けたい対象がある今、就活目的というよりも何かを考え続けた先に見える世界を味わうために思考力を伸ばしていきたいと思っている。

私の友達のパスカルも「人間は考える葦である」ってこの前ドヤ顔で呟いていたし、自分の長所になるかもしれない思考力を伸ばさずにはいられなくなったのである。

リーダーシップと思考力は全ての業界に必須である。思考力を伸ばすだけで就活対策になるし、小手先のテクニックを仕入れなくて済むようになる。

 

最近のコンサル人気の秘密が何となく分かった気がする

最近の就職人気ランキングの上位には、外資のコンサルファームがランクインしている。

学生がコンサルを選ぶのも、”日系企業より給料が良く優秀な人と切磋琢磨できるから”というのが一因だと考えられる。

それに加え、コンサルに入れば自然とリーダーシップが磨かれ、これからの不安定な世界を生き抜く力を養えるから、就活生は”本能的に”コンサルを選ぶのではないだろうか?

いくら英語が堪能で高い専門性を持っていようとリーダーシップ無しでは何もできず、世界のどこでも食っていける人材になるためコンサルで修行する道を選ぶ学生が増えているのではないだろうか。

 

いつクビになるかわからないコンサルに入るよりも、横並びで昇進・昇給する日系企業へ入った方がどれだけ楽だか分からない。

それでもコンサル人気が高まっているのは、自分の人生に当事者意識を持ち、”お前が消えて喜ぶ者にお前のオールを任せ”たくない人が増加している何よりの証拠である。

私自身、この本を読み(コンサルに行くのもアリだなぁ)と考えるようになった。

博士卒業後、専門性を活かして電池製造業界で活躍したいと目論んでいたものの、日系メーカーではその企業だけでしか通用しない能力を伸ばさざるを得なくなる可能性があり、(将来のキャリアデザインを再考する必要がある)と思わざるを得ないほど、この本の内容は私にとって衝撃的なものであった。

私の性格的に、年功序列精神が文化として根付いている日系企業に入ったらロクなことにはならないだろう。外資系メーカーの日本支社に勤められたら一番幸せになれるだろうな。

 

最後に

伊賀泰代さんの『採用基準』を読んで考えたことは以上である。

年始早々、人生観を揺さぶる本と出会え、大変嬉しく思っている。

created by Rinker
¥1,188 (2022/01/21 18:30:24時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|FP3級|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文3報(電気化学)|月間収益3,000円/2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。