212 ビュー

2023年4月に読んだ13冊の本一覧

2023年3月に読んだ16冊の本一覧

2023-03-31
  1. 【読書】How To:羽生の法則②玉桂香・飛角の手筋@羽生善治 (4/1~4/4)
  2. 【読書】How To:決断力@羽生善治 (4/4~4/6)
  3. 【読書】How To:羽生の法則③玉の囲い方・仕掛け@羽生善治 (4/7~4/23)
  4. 【読書】How To:サーチ・インサイド・ユアセルフ@チャディー・メン・タン (4/8~4/10)
  5. 【読書】フランス文学:ボヴァリー夫人@フローベール (4/11~4/14)
  6. 【読書】人文科学:川端康成 孤独を駆ける@十重田裕一 (4/15~4/16)
  7. 【読書】日本文学:川端康成全集第一巻 掌の小説 122編@川端康成 (4/17~4/19)
  8. 【読書】日本文学:川端康成全集第二巻 十六歳の日記 伊豆の踊子 他24編@川端康成 (4/19~4/25)
  9. 【素読】仏文学:Little Prince (3/30~4/2)
  10. 【素読】社会科学:論語と算盤@渋沢栄一 (4/3~4/10)
  11. 【素読】社会科学:教えるということ@大村はま (4/11~4/15)
  12. 【素読】社会科学:歴史の大局を見渡す 人類の遺産の創造とその記憶@ウィル・デュラントet al. (4/15~4/20)
  13. 【素読】社会科学:文明の生態史観@梅棹忠夫 (4/21~4/27)

初旬からしばらくはマイブームの将棋関連の本を読み、中旬以降は博士課程在学中の伴侶である『川端康成全集』へと切り替えました。今月読んだ本はいずれも再読したくなるほど面白かったですが、中でも康成さんの『伊豆の踊子』は極めて印象深い作品。本作を読むと青春18きっぷ旅を思い出す。東京から東海道線で西に進み、キラキラ輝く相模湾を眺めながら熱海近辺を走る風景が想起されます。著者の実体験に基づく初々しい筆致が本当に魅力的です。多感な時期に踊り子さんと出会った康成さんのニヤつく顔が見える感じ^ ^。全集を読み進めるにつれ、康成さんの抱いた孤独感や思考回路が朧気ながら分かってきました。さすがに全35巻を今年一年では読み切られませんので、2年、ないし3年かけてゆっくりと全巻制覇したいと思っています。

2023年5月に読んだ16冊の本一覧

2023-05-31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA