324 ビュー

#2 沖縄100Kウルトラマラソン2024への道 7月に走った285kmの練習の総括&『卵』に関するコラム

#1 ようやく80分走れるまでにコンディションが戻ってきました…!

2023-07-05

こんにちは。馬術競技からマラソンに転向した、100km自己ベスト9時間1分の現役理系大学院生かめ (D1)です。 2024年12月スタートの沖縄100Kウルトラマラソンへ向けて練習しており、記事を書きながら日々の練習内容を振り返ることにしています。

 

今月は285km走りました

2023年7月の横行距離は285.93km。週間走行距離は60~90kmと安定して走り込めました。先月末まで左膝裏の違和感で全く練習できず、7月に入ってようやく練習へ復帰できました。今月は(200km走れたら上出来だ)と思っていたので、まさか285kmも走れるだなんて望外の結果。走れない間に取り組んでいた階段昇降が威力を発揮。膝のブレに注意して階段を上り、おかげでランニング中に横ブレの少ない盤石な下半身を作られました。

季節が夏に差し掛かるにつれ、気温や湿度が一段と高くなっていっているようです。早朝5時でも気温25度&湿度80%と過酷極まりない環境。たった80分ジョグするだけでTシャツが水浸しになってしまうほど。週半ばや週末の起伏走も2時間で本当に精いっぱい。今年は大会には出場せず、じっくりと地盤作りに努めます。週間100km・月間400km以上の走り込みを問題なくこなせる体に仕上げる。基本ランニングペースも今のキロ5から少しでも上げたい。遅くとも4’50″/km、できれば4’40″/kmを余裕でこなせる出力が欲しい。2024年の沖縄100Kではサブ9するのは当たり前。それより上のサブ500 (キロ5で100km)を目指して士気高く練習を積み上げていきたい。

 

『卵』に関するコラム

送料無料「業務用卵」ピンク玉Mサイズ180個入り
送料無料「業務用卵」Mサイズ180個入り 5,960円 太陽卵ピンク玉 (taiyouran.com)

久々にコラムを書こうと思います。今日は『卵 (鶏卵)』をテーマにお送りします。

 

2023年初頭に流行した鳥インフルエンザの影響でニワトリが大量処分されました。まだ元気なのに殺処分される大勢のニワトリが可哀そうでした。ニワトリがいなくなってしまうと卵も流通しなくなる。実際、近所のスーパーやコンビニエンスストアでは卵を見かけなくなりました。さて、私は困りました。卵が大好きだからです。良質なたんぱく源として、TKG (Tamago Kake Gohan) を楽しむ術として卵を重宝していた。毎食1個、時には2個食べる私から卵を取り上げてしまうだなんて…!神様も金正恩なみに無慈悲ですね。サバ[関連記事]の次は卵ですか。もうホンマに勘弁してくださいよ…

待てども待てども卵が入荷されません。毎日のようにスーパーの鶏卵コーナーを覗いては「今日も無いのか…」とため息をついて帰る。たまにSNSで”コンビニで鶏卵を見た”との情報を得ます。全速力でそのお店に行けども、既に他の狩猟者によって卵が持ち去られている形。

かめ
嗚呼、食べたい…

と体が卵を渇望している。しかし卵の入手は決して叶わず、日に日にゲッソリしていく我が精神を如何ともすることができません。大学の研究室でも「たまご…」と独りごとを言うように。最早気持ちが悪いです笑。夢遊病者だと思われたとしても一切文句を言い返せられない。私を見ていた研究室の後輩までもが「オレも卵を食べたいです…」と言い出しました。そりゃそうです。みんな卵が大好きですから、卵を買えないこの世の中に心底絶望していたんですね。

とうとう我慢の限界が。「どうしても卵を食べたいんだ!」と自室で叫んでしまいました。ちょうどその折、6月初旬、北大で学祭が催されます。そこでは広島県人会のお好み焼きを始め、卵を使った様々な料理が販売されているのを目撃しました。メインストリートを歩いている最中、

かめ
いったいこの人らはどこから卵を入手したんだ…?

と疑問が頭をもたげました。私の知らない入手経路がどこかにあるに違いない、と。研究室に戻りパソコンを開き、血眼になって卵の入手経路を探りました。すると『業務用卵』、いわゆる大量買い付けで入手できると分かったのです。スーパーでは10個入りのパックが主流。それに対して業務用は90個以上からの販売です。買えば買うほど一個当たりの単価が安くなる。安いといっても鳥インフルシーズン特価ですから従来の価格以上ではある。しかし、卵を食えないよりかは良い。幾らお金を出すことになっても卵が食べたくて仕方がなかった。問題は個数『何個買うのか』という問題。一人で90個以上も処理できる自信がない。頑張ればできるかもしれないけれども、痛風や血液に異常をきたすなど病気になってしまいそうでした。加えてウチの家には冷蔵庫がない。2週間程度の間ずっと冷蔵せずに卵を置いたら腐ってしまう。

そこで私は考えた。「研究室メンバーで有志を募って業務用卵を買えばいいじゃないか」と。1人じゃ無理でも3人ならいける。数十個~100個単位の卵を3人以上で取り分ければ問題なく片付くのです。さっそく卵フレンズを募集すると、直ちに2人が挙手してくれた。他にも「あるなら何個か欲しいなぁ…」程度のゆるい卵フレンズを確保することに成功。(コレは買うしかないな…!)と意を決し、業務用卵180個の購入へ舵を切りました[卵の通信販売なら九州に養鶏場を持つ落水正商店の通販サイト (taiyouran.com)]。購入から1週間後、自宅に卵が届きます。段ボール箱いっぱいに詰め込まれた卵を見つめて思わず二ヤリ^ ^。恋焦がれた念願の鶏卵を遂に入手できたんだ。しかもこんなに!食べてみるとめっちゃ美味しい。黄身が本当に真っ黄色で、今まで食べた卵の中で一番美味しく感じられたほど。TKGの破壊力は抜群。一口含んだ次の瞬間、意識が吹っ飛ぶんじゃないかと身構えるほどビリリと衝撃が走りました。

翌朝土曜日、10kgはあろうかという段ボール箱を冷房が効いた涼しい学生部屋へと搬入しました。週明け月曜日から研究室メンバーへ卵の押し売りセールスを開始。「こんなにウマい卵を食べないだなんて人生損してるわー」と魅力を説いた。「ウソでしょ笑」とバカにされても「ウソじゃないぞぉ~、食べれば分かるぞぉ~」とめげずに営業を頑張った。この姿勢が奏功してか、卵フレンズから「オレにも卵売って下さい!」と続々買い付けが入ったのです。180個もあった卵があっという間になくなったのです。一番多く買ってくれた子は2週間で70個も買ってくれた。「めっちゃ美味しかったですぅ~」とすっかり卵の虜 (とりこ)になったよう。私自身、1か月で60個程度卵を食べました。最初の2週間は生卵で、残り2週間は賞味期限を気にかけゆで卵で美味しく嗜みました。

ちょうど業務用卵を食べ切ったそのタイミングでスーパーへ卵が戻ってきました。最初は10個入りパックが少ししか並んでいなかったのが、今では週末、卵を特売商品として何百パックも取り扱うまでに。久々にスーパーで卵を見たとき、思わず泣き出しそうになっちゃった。(やっと卵が帰ってきたのか…)としみじみとさせられたのです。当然のように卵を買える日々が狂おしいほど愛おしい。”当たり前”は何かあれば直ちに脆くも崩れ去ってしまうし、”当たり前”を”当たり前”に享受できる社会に感謝せねばなりません。価格は鳥インフル前より少し高めの10個300円。しかし、こんな栄養価の高い商品を300円で買えるならむしろ安いぐらい。半年前の10個200円時代が少々異常だったのです。10個350円でも買いますね。さすがに10個400円にまで値上がりしたら購入を躊躇するでしょうけれども…

 

卵に関するコラムは以上。来週は『忍耐』について記すつもりです。

 

来月の練習予定

身体の調子が戻ってきたので来月は月間400kmを目標に走り込んでいきます。8月に400km以上走れたことは一度もなく、11月に月間走行距離ベスト503kmを叩き出した昨年でさえ不調で200km程度しか走れていません。8月の走り込みは自分の中では大きな難関。敵は暑さ、ケガ、モチベーション低下など様々挙げることができます。真夏にたっぷり走り込めたら2年後のサブ500に向け前進するはず。『8月に400km走れた!』という成功体験が来年の練習をより良いものにしてくれるはず。

 

以上です。

かめ
これからはサボらず週イチで記事を投稿します。また当ブログ・マラソンソラマへ遊びに来てくださると嬉しいです!

#3 沖縄100Kウルトラマラソン2024への道 7/31~8/6 走行距離77km&『忍耐』に関するコラム

2023-08-06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA