397 ビュー

#11 いわて銀河100kmマラソン2023まであと114日!60分ジョグ&私にとって本屋とは『光』

#10 いわて銀河100kmマラソン2023まであと117日!今年初ランの60分ジョグ&『夜と霧』を読んだ感想

2023-02-14

こんにちは!馬術競技からマラソンに転向した北大工学系大学院生ランナーのかめ (M2)です。

2023年6月11日午前4時スタートのいわて銀河100kmマラソンでサブ9 (9時間切り)を狙っており、日々の練習内容を記事にまとめながら振り返ることにしています。

 

今日の練習

今年2回目の練習も雪の上でのランニング。

滑って転ばないよう注意しながら60分間走り込みました。

前回の練習で課題だった姿勢の問題は無事解決し、最初から最後まで推進力のベクトルを前へと向け続けられました。

今後、さらに距離を踏んでいけば感覚がどんどん良くなるはずなので、今は動作が多少ちぐはぐでもグッとこらえて走っていきたいと思います。

2月の後半に差し掛かり、今まで地獄みたいな寒さだったのが徐々に暖かくなってきました。

明日は昼間にプラスの気温となるらしく、どれだけ暖かく感じられるか楽しみで仕方がありません^^

ひょっとすると、3月につくばへ出張中、道路の雪が全部溶けてなくなっているかもしれません。

春の訪れもあと少し。シーズンインに備えて着々と準備を進めてまいります。

 

コラム:私にとって本屋とは『光』

2つ前の記事で”本屋でいつもやっていること”について記しました。

今日は『自分にとって本屋とは何か』、考えながら書きたいと思います。

 

私にとって、本屋とは【光 (ひかり)】。自分の人生の調子を測れる大切な場所。

訪問するたび異なる本を手に取ります。手に取る本の分厚さや質量、種類によって (自分、いますごく調子がいいな)とか(今が堪え時かな…?)といった風に運気を確認できるのです。

いわば”おみくじ”みたいなものですね。神社では100円など賽銭を払ってくじを引き、本屋では書籍代を支払うことで今後の運勢を占います。

神社と本屋は静寂性や神聖さなど似通ったところが様々あり、両方とも行くのが好きなお気に入りの場所です。

不思議なもので、本屋へ行くと、その時々に応じて自分に必要な本と巡り会えます

例えば私の場合、気持ちが疲れていた昨年末には『方丈記』と出会い、著者の鴨長明さんから無常観を学んだおかげで心が軽くなってきました。

いったい何のご縁なのでしょうか?よく分かりませんが、本屋には本の神様が棲んでいらっしゃるのだと思います。

神様が本屋の来訪者の心を透視し、”この人にはこの本が今必要だ”ということで本と巡り合わせてくれるのでしょう。

一方で、本屋では自分がどれだけちっぽけな存在であるかを「もう嫌だ!」というほど実感します。

一生かけても読み切れないほど大量の本が並ぶ棚を見て、

かめ
自分って何も知らないんだなぁ…

と己の無知・無学さに打ちのめされるという訳です。

何故だかサッパリ分かりませんが、本屋へ行くたび少なくとも一度、自分の痛い所を突いてくる本と必ず出会ってしまうんです。

コレも神様の仕業でしょう。私を調子に乗らせるのではなく、「常に謙虚で居なさいよ」と内省を促して下さります。

運気を確認できるという『光』の部分、そして自分の欠点を知らされるという『陰』の部分。この両方を兼ね備えているから本屋は大変素晴らしい。

決して陰の部分ばかりでなく、光7割/陰3割ぐらいの程良い割合で教えてもらえるため、本屋を嫌いにはなれないのです。

 

昔から友達が少なかった私にとって、本屋は私の拠り所となってくれました。

高校に入り、大学受験勉強が本格化してきて現実逃避したくなった時など、毎日のように本屋へ行って本と触れ合い心を軽くしていたほどです (註:何日かに一度、お小遣いをはたいてちゃんと本を購入しました)。

よく通っていたのはビジネス本のコーナーです。

高校の制服を着てHowTo本を読むのは(マせてるなぁ~)と思われて少々気恥ずかしくはあったものの、10代のうちに勉強法や時間術、メンタル回復法など様々な知識を仕入れられたのですごく感謝しております。

不思議なことに、学校や大学の図書館へはあまり足が向きませんでした。

図書館へは何度か行ったことがあるのですが、どうも本の神様が棲んでいらっしゃらないらしく、本屋へ行ったときのように読むべき本と巡り合うことがないんですよね。

あと、身銭を切って本を買わなきゃ、”本の内容を吸収してやろう!”という気概が一切湧いてこないのです。

だからたとえ中古本でもいいから、タダで借りるのではなくお金を払って入手するようにしています。

 

何か悩みがあれば本屋へ行くと悩みを解決してくれる本と出会えるし、感情の機微や揺らぎについて言語化する方法を学びたい時は文豪の本を買って勉強します。

沢山の学びを提供してくれる本屋は私にとって【光】であり続けます。

 

明日以降の練習予定

明日、もしくは明後日に60分ジョグを行います。

そこで余裕を持って完走できたら、次は時間を伸ばして75分ジョグを行います。

#12 いわて銀河100kmマラソン2023まであと113日!70分ジョグ&『SHOE DOG 靴に全てを。』に関するコラム

2023-02-18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA