867 ビュー

#27 いわて銀河100kmマラソン2023まであと78日!180分ロングジョグ&中3から10年間やっている『体幹トレーニング』に関するコラム

#26 いわて銀河100kmマラソン2023まであと80日!120分セミロングジョグ&大学入学以来6年間やっている『ナンプレ』に関するコラム

2023-03-23

こんにちは!馬術競技からマラソンに転向した北大工学系大学院生ランナーのかめ (M2)です。2023年6月11日午前4時スタートのいわて銀河100kmマラソンでサブ9 (9時間切り)を狙っており、日々の練習内容を記事にまとめながら振り返ることにしています。

今週の練習計画

  • 3/20 (月):オフ
  • 3/21 (火):80分ジョグ
  • 3/22 (水):75分ジョグ
  • 3/23 (木):120分セミロングジョグ
  • 3/24 (金):オフ
  • 3/25 (土):165分 180分ロングジョグ
  • 3/26 (日):オフ(移動日)

 

今日の練習

ウィークリーマンションの近隣住民が夜更けまでやんちゃ騒ぎをし、それが耳についてほとんど寝られず寝不足で目を覚ましました。目覚まし時計が1時半を指したのを最後に4時半の起床まで記憶がないから、たぶん3時間ぐらいは安らかに入眠できたのかなと思います。とはいえたったの3時間。普段の睡眠時間の4割程度。中途半端に寝たせいで余計に眠たく感じます。コレなら徹夜で練習へ挑んだ方が眠気も少なかったかもしれません…

そんな最悪な目覚めで朝を迎え、カーテンと窓を開けました。あたりは一面ザーザー降りで、(なんやねん、踏んだり蹴ったりやな…)と苦笑してしまいました。もし今日が普通の練習日ならば問答無用でオフでしょう。降りしきる雨の中を走るだなんて冷たいし風邪をひきますからね。とはいえ今日はロング走、絶対に外せない練習の日です。80分程度のジョグならやらない選択肢も生まれますが、2時間半以上のロングジョグはやらないという選択肢がありません。もしやらなかったら今日は温かい布団の中で過ごせます。けれども練習不足が祟ってレース本番で大苦戦して泣く未来が目に見えているのです。「しゃーねーなぁ、頑張るしかないわ」と覚悟を決め、着替えてウォームアップを始めました。そこからおよそ3時間、全集中して走りました。

練習の出来や手応えについては正直よく覚えていません。(少しでも集中を途絶えさせたら凍えて震えるだろう)と思い、脳を空っぽにして機械的に体を動かし続けていましたから。また、”寒いなぁ…”と邪念が入っても瞬時に脳内から掻き出すことで思考回路を正常にキープし続けられました。まるで禅を組んでいるときのように安らかな心持ちでした。3時間なんてあっという間。全然長く感じません。さすがに続けてプラス3時間走る余裕はなかったものの、この調子でプラス1時間なら余裕で巡航できそうな印象でした。エネルギー切れの予兆が皆無なのも地味に嬉しいポイントです。まずは今日やった練習をもっと余裕を持ってこなせるようにし、それができたら190分、200分、そして210分と走行時間をどんどん延ばせたらいいなと思っています。

明日はオフ。つくばから札幌への移動日です。春休み返上のつくば出張も今日で最後。綺麗な桜を見られたし[関連記事]、一番最初に立てた『3月最終週の週末に3時間走』という目標も今日無事に達成できたし、本当に濃密な25日間のつくば滞在だったと思います。明後日もオフ。火曜からの札幌練再開に向けて気候に体を慣らす日に充てます。

 

中3以来10年間続けている『体幹トレーニング』に関するコラム

腹筋, いい結果, トレーニング, 屋外, フィットネス, ジム, スポーツ

おとといの記事では大学入学以来6年間続けている『ナンプレ』について書きました。今日は中3の秋に始めてから10年間続けてきた『体幹トレーニング』についての内容です。なお、人により”体幹”の定義は様々かと存じますが、ココで言う”体幹”とは腹筋や背筋など体の胴体を覆う筋肉であることをどうかご了承ください。

 

体幹トレーニングを始めたのは中学3年生の10月のこと。中3の10月に出た岐阜国体(馬術競技)で初出場ながら優勝し[関連記事]、(来年も優勝したい!)と思って何ができるか考えた末に体幹トレーニングを始めました。なぜ体幹かと申しますと、当時、馬術の師匠から「上体がブレてるぞ、フラフラすんな!」と度々ドツかれ叱られていたからです。「どうやったらフラフラしなくなりますか?」と師匠に聞いても「それは…知らん。気合や」と一言で片づけられる有様。当然ですが、こんなの気合じゃどうにもならない笑。かといってブレを放置していては師匠の檄が飛んでくるので、命の危機を感じて自分なりに考え”上体の筋肉を鍛えればいいんじゃないか?”と体幹トレーニングに手を出しました。師匠が上体のブレに口うるさいのも事情は重々承知しています。馬の上で騎手が横ブレしていたら馬と人の重心がズレてしまい、馬を思い通りに操れなかったり障害物を飛んで着地した直後に馬から吹っ飛ばされてしまったりするのです。師匠の非常に悪い所は、上記の事情を言語化しようとせず、「気合や」の一言でコチラへ理解を促してくる所。もうちょっと他の言葉はないのかな…笑?師匠との付き合いが長い私とだからこうしたコミュニケーションが成り立つのであって、初対面の他の学生に「気合や!」と言ったって何が何だかサッパリでしょうよ笑

そんなこんなで体幹を開始する運びとなりましたが、学校や乗馬クラブで体幹をやっている人が見当たらなくて誰からも教えてもらえない状況でした。そこで近くの本屋にて書籍を買い、その本の中に書かれた姿勢を逐一マネてみることに。入手したのは木場 克己さんの『体幹力を上げるコアトレーニング』という作品。木場さんは我が広島のサッカーチーム・サンフレッチェ広島で昔フィジカルコーチをしていた方。ブラボーでお馴染み、長友選手のコーチをしていた経験もあり、(そんな方の出した本なら信頼できそう)と思ってこの本を買うことに決めました。

created by Rinker
¥1,013 (2024/06/15 14:24:14時点 Amazon調べ-詳細)

家に帰って早速やってみると、一番簡単な初級編ですら満足にこなせない体たらく。一応国体チャンピオンの自負があるので負けん気を発揮して挑戦するも、たった数秒でリタイアするほど厳しいメニューばかりです。中級編はおろか、上級編など一生できそうにも思えません。初めての体幹トレーニングの翌日は腹筋が猛烈な筋肉痛。あまりに体幹ができなくてやめてしまおうかとすら思いました。しかし、ココで辞めたら師匠からまた檄を飛ばされる。筋肉痛は辛いけれども、筋肉痛より師匠の方が何百倍も恐ろしい。今日のロング走と同様に、”やらない”という選択肢が最初からなかった。体幹トレーニングで姿勢を維持できずぺしゃんこに潰れた時は師匠の怒号をすぐさま想起し、「やばい、殺(や)られる笑!」と力を総動員してすぐさまトレーニングに復帰しました。

できないなりに続けていると、不思議とできるようになってきます。最初は筋肉痛になるほど高強度に感じた初級編は2か月で難なく攻略し、次の中級編の全メニューも5か月でフルメニューこなせられるように。最後の上級編だけはフルではこなせられません。10年経った今でも回数を減らして取り組んでいます。消化率100%にならないのは回数の誤植のせいでしょう。どう考えても肉体の限界を超えている笑。上級編の更に上のアスリート編も野球選手Ver.と陸上選手Ver.ならかろうじてフルメニューこなせられます。サッカー選手編(ブラボー長友)とバスケットボール選手編は自分の肉体では無理でした。

体幹補強の効能は乗馬へ如実に顕れました。体幹をやればやるほど状態がブレなくなっていき、馬がよりストレス少なく進んでくれるようになったのです。馬の気持ちは『耳の向き』を見ればおおよそ把握することができます。前を向いていたら集中しており、横を向いていたら集中力が散漫な状態。そして後ろに伏せていたらイライラor警戒心を高めている証。体幹補強が進むにつれ、またがった馬の耳が後ろから前へと逆向きに。どの馬に乗っても耳を伏せられることが少なくなり、馬も気持ちよく走れるから騎手の私の指示を2つ返事で聞いてくれます。師匠からの檄も1年程度で消滅しました。しまいには「お前、最近ブレなくなったな。やっと気合が入ってきたな^^」と褒められるまでになりました(「気合じゃないんですけど」とは言いませんでした…笑)。

体幹の補強はできたものの、肝心な乗馬の練習が疎かになってしまいました。初優勝した翌年の高1・東京国体では5位に終わり、その翌年(6位・6位・7位)、そのまた翌年(7位)と順位を下げてしまったのです。体幹はあくまで”補強”であって、本練習をきっちりやっておかなきゃあまり意味がありません。もっといっぱい練習すればよかったな… もし高校時代に戻れたら平日の学校の授業を何日もサボり、乗馬クラブで練習しまくり馬まみれの青春を送るでしょう。

 

体幹トレーニングに関するコラムはコレで以上となります。来週火曜日の記事は好きな女優『黒島結菜さん』に関するお話です。

 

来週の練習予定

来週は以下のメニューを予定しています⇩

  • 3/27 (月):オフ
  • 3/28 (火):85分ジョグ
  • 3/29 (水):75分ジョグ
  • 3/30 (木):120分起伏ジョグ
  • 3/31 (金):オフ(成分献血)
  • 4/1 (土):80分ジョグ
  • 4/2 (日):180分ロングジョグ

岩手に向けた練習では初の週5日練習。これまでより疲労の蓄積も大きくなるかなと思うので、筋肉やメンタルのケアをしっかりやって全メニューしっかりとこなしたいです。

#28 いわて銀河100kmマラソン2023まであと75日!85分ジョグ&好きな女優『黒島結菜さん』に関するコラム

2023-03-28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA