197 ビュー

#69 沖縄100Kウルトラマラソン2022まであと9日!80分間雪上ジョグ&25歳になりました

#68 沖縄100Kウルトラマラソン2022まであと11日!80分間雪上ジョグ&もし一度だけ時間を巻き戻せるとしたら?

2022-12-07

こんにちは。馬術競技からマラソンに転向した、マラソン自己ベスト2時間47分の現役理系大学院生のかめ (M2)です。

2022年12月18日スタートの沖縄100Kウルトラマラソンへ向けて練習しており、記事を書きながら日々の練習内容を振り返ることにしています。

今週の練習計画

  • 12/5 (月) : オフ
  • 12/6 (火) : 80分雪上ジョグ
  • 12/7 (水) : 80分雪上ジョグ
  • 12/8 (木) : 80分雪上ジョグ オフ
  • 12/9 (金・誕生日) : 80分間雪上ジョグ→献血
  • 12/10 (土) : 60分雪上ジョグ
  • 12/11 (日) : 150分間雪上走

 

今日の練習

16.8km 4’55″/km
👟ペガサス39

昨日は朝9時から大学の研究室でゼミがあり、本当ならば午後から練習する計画でした。

ところがどっこい、研究室で急遽すべき仕事ができたため、泣く泣くオフにし仕事を片付けました。

誕生日の今日はオフにしてゆっくり休もうと思っていたものの、昨日休んだのに今日も休んでしまっては運動量が不足してしまいます。

そこで朝5時ごろ起床して準備を整え、早朝にサクッと練習をした後くつろぐことに決めました。

今日の練習は最高の出来。体の末端まで自分の思い通りに動かせました。

アスファルトがチラチラと顔を見せていたおかげで接地時に滑りにくかったですし、2時間、3時間、それ以上…と走り続けられるイメージを強く思い描くことができました。

次の練習では本番を想定し、もう少し走るペースを落とします。

最も速くてキロ5分。正確にはキロ5分10秒あたりを狙ってとっとこ走ってまいります。

来週は火曜に気温が7度まで上がるらしく、そこで軽い起伏走をして筋肉を整え本番へと向かえそうです。

沖縄100Kまであと9日。調子がどんどん上向いてきました。

 

なお、午後は献血ルームで36回目の血小板成分献血をしてきました。

大学入学以降、バースデー献血が今や私の恒例行事となっており、クリスマスイブに再び成分献血へ行くまでが毎年のルーティーンとなっております。

献血ルームでは可愛い受付のお姉さんから「お誕生日おめでとうございます」とお祝いの言葉をかけてもらい、「ありがとうございます!」と思わず満面の笑みでニコニコ返事しちゃいました。

献血後は札幌駅南口のJRタワーへと向かい、誕生日特典により無料で札幌の夜景を堪能させてもらいました。

夜は家でドストエフスキー作の『カラマーゾフの兄弟 (中巻)』を読みました。

この小説、今年読むの二度目なんですけれども、宗教や人間の欲など様々な要素が満載でして、あまりに面白くて何度も繰り返し手に取ってしまう本です。

クリスマス付近はチャールズ・ディッケンズの『クリスマスキャロル』を読みたいですね。

まずは日本語訳を通しで読み、それから英語Ver.をじっくりと噛みしめるように味わいたいです。

 

コラム:25歳になりました

2022年12月9日、25回目の誕生日を迎えました。

私は75年の人生を想定しておりますから、本日付で人生の中盤戦に突入したわけであります。

最近とみにメディアが『人生100年時代』と口を揃えて言い出しましたが、これだけ食品添加物や税金やワクチンまみれの現代社会で100年も生きられるわけがありません。

ストレスを抱えて100年も生きるぐらいなら、太く短く75年間の生涯を全うする方が幸せになれると思うのです。

この25年間を振り返ってみますと、ひたすら忍従する時間だったと感じます。

  • 小4から小6まで3年間も勉強したのに第一志望の中学校に行けなかったし、
  • 小4~中2で絶え間なく誰かからいじめられていたし、
  • 乗馬では国体優勝したあと長い長いスランプに陥ったし、
  • 受験では現役合格できず一年間浪人する羽目に陥ったし、
  • 「さぁ、華の大学生活だ❕」と息巻いていたのにスタートダッシュに失敗し、サークルに入りそびれて気が付いたら一人で大学生活を送らざるをえなくなっていたし、
  • 大学4年次から始まった研究室生活ではやりたい実験テーマをあてがってもらえず、しばらく悶々とした日々を送っていたし、

思い通りになった出来事の方が圧倒的に少なく、(人生ってなんてつまらないのだろうか…)と絶望しっぱなしな時間でした。

しかし、自分は現状を嘆くだけではなく、(どうやったら少しでも自分の希望に叶う結果が得られるだろうか?) と常に自分の頭で考えてきました。

諦めず執念を燃やしてジタバタし続け、「絶対にココでくたばってたまるもんか!」とガムシャラに泥臭くもがいてきました。

結局、人生の序盤戦では何も成し遂げられませんでしたが、中盤戦や終盤戦で大事を成し遂げるのに必要な基礎体力は十分養えたと思っています。

思考体力然り、肉体的体力然り、精神的体力もまた然り……それらをしっかりと鍛錬できた25年間だったなと振り返ってみて感じます。

 

中盤戦ではこれらの武器を手に、”社会へ何かしらのインパクトを与えること”を大きなテーマに掲げます。

ブログをもっと頑張ってインフルエンサーになるも良し、研究を極めて世界トップクラスの研究者になるも良し、何でもいいから自分が『コレだ!』と定めた分野で頂点に立つこと/立ち続けることにこだわっていきます。

もう二度と(あとちょっとだった…)や(惜しかったな…)という残念な気持ちで過去を振り返りたくないんです。

せっかく時間を使って頑張るんだからソレ相応の結果を手に入れたいし、これから歳をとるにつれ”結果を出してナンボ”という世代になるから今以上に結果にコミットせねばなりません。

結果を出すべく、自身が身を置く環境も厳しい目で選んでいきます。

これまでは (置かれた環境よりも”そこで何をするか”の方が余程大事だ)と考えてきたものの、『置かれた環境が悪すぎた場合、そこで幾ら頑張ろうとも結果が伴わない』と序盤戦で嫌になるほど学びました。

来年6月からの長期海外留学が中盤戦を占う試金石になります。

文句のつけようのない環境に身を置いた際、『自分がきちんと成果を出せる人間なのか否か』を明確に判定できるはずですから。

 

私はまだ、○○歳までに△△をして…などといった人生戦略を持ち合わせておりません。

(いずれは作らなくちゃいけないのかな)とも思っていますが、人生はたった一日で劇的に変わるものなので、長期計画なんて立ててもすぐ無駄になります。

それに加え、あまりに先を見据えすぎると、足元が疎かになって躓きがちです。

その日その日に集中し、短期的な成果を積み上げた末に大事を成し遂げるしかありません。

 

週末の練習予定

今日は午後に献血に行きましたので、体の負担を考えて明日は短めに練習いたします。

日曜日は150分間の雪上ジョグを予定しています。もし路面コンディションが悪ければ時間を短縮して練習しますが、よほどのことがない限り150分を基本線に据えていきます。

#70 沖縄100Kウルトラマラソン2022まであと8日!60分間雪上ジョグ&誕生日の一日について

2022-12-10

2 件のコメント

  • かめさん、
    お誕生日おめでとうございます!

    沖縄100K関連でブログにたどり着きました^^
    わたしも50kmの部に参加します。

    楽しみましょう♪

    • あきさん、コメント&お祝いありがとうございます (*≧∀≦*)
      読者さんから誕生日を祝われるのが初めてなので、コメントを頂いた時、すごく嬉しく感じました。

      沖縄100K、頑張りましょう!あきさんも50km、楽しんでください^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA