47 ビュー

#61 沖縄100Kウルトラマラソン2022まであと23日!120分ジョグ&本気でゴキブリを叩きのめしました!

#60 沖縄100Kウルトラマラソン2022まであと24日!85分ジョグ&修学旅行中止に関するコラム

2022-11-24

こんにちは。馬術競技からマラソンに転向した、マラソン自己ベスト2時間47分の現役理系大学院生のかめ (M2)です。

2022年12月18日スタートの沖縄100Kウルトラマラソンへ向けて練習しており、記事を書きながら日々の練習内容を振り返ることにしています。

 

今週の練習計画

  • 11/21 (月) : オフ
  • 11/22 (火) : オフ
  • 11/23 (水祝) : オフ
  • 11/24 (木) : 85分ジョグ&橋ダッシュ
  • 11/25 (金) : 120分ジョグ
  • 11/26 (土) : オフ (筑波→札幌)
  • 11/27 (日) : 起伏走

 

今日の練習

25.2km 4’51″/km
👟ペガサス39

つくば出張最終日。そのフィナーレとして120分ジョグを行いました。

つくばへ来た10週間前は2時間走るだけで十分お腹いっぱいでしたが、研究そっちのけ研究の息抜きがてら練習を続けてきたおかげで2時間では疲れないほど体力がつきました。

今日の練習はピカイチの出来で、ピッチといいペース調整といい自分の思い描いた通りにできました。

特に今回はペース調整がGOODでした。4’50″/kmペースから少しでもズレそうになれば、自動運転の如く速度を調整できたのです。

ウルトラでは起伏を乗り越えるのも大変ですが、”一定ペースで走る力”もソレと同程度に必要となります。

ペースを上げ下げするとその都度余計なエネルギーを使っちゃいますから、なるべく同じペースで同じ出力を維持することでエネルギーロスを最小限に抑える必要があるのです。

残りの3週間半はペース感覚をさらに研ぎ澄ませていきたいと考えています。

本番はキロ5’10″±10″/kmで走るため、そのペースゾーンで一定速度を保てるよう修行していく所存です。

 

コラム:絶対に負けられない戦いがそこにはある。男の誇りをかけ、ガチンコでゴキブリと戦いました

一昨日の夜、大学に入って初めてゴキブリと戦いました。

私は北海道の大学に通っているため下宿でゴキブリと遭遇したことがありませんでしたが、いま出張で滞在している筑波はゴキブリ生息可能ゾーンということで、とうとうヤツと出会ってしまいました。

ヤツは何も、私の部屋が汚いから出現したわけではないのです。

ヤツとは4週間ほど前に玄関先で一度バッタリ出会っており、その時は「オラ!ここはワシの部屋じゃけぇ入ったらアカンど」と心の中で念じることで撃退に成功したのです。

しかし、ゴキブリ側も部屋への侵入を完全に諦めたわけではなかったようです。

これから冷え込みの厳しくなる季節が到来するにあたり、どこか暖を取れる場所を探さなくちゃならなかったわけですから、ヤツもヤツなりに覚悟を固め、私の部屋のどこかに空いた隙間からまんまと侵入に成功したのです。

 

ヤツを視認したのはたしか、夜の20時半ごろだったと思います。

眠い目をこすりながら夏目漱石全集の第9巻を読んでいた時に若干の尿意をもよおしまして、(トイレでも行くか…)と床から立ち上がりトイレに向かった時のことです。

足を踏み出した瞬間に床に目を落としますと、そこには何やら茶色い昆虫のようなものが蠢いていたわけであります。

一目見た瞬間、私はギョッとしました。なんせ私は虫が大嫌いですから、ゴキブリの存在を認めた時におしっこをちびりそうになりました。

するとゴキブリは一目散に冷蔵庫の陰へと隠れました。

その後、相手方に動きがないことをこれ幸いに、便座に座り我慢していた小便を一気に放出いたしました。

 

トイレ中にこの状況をどう打開するか、必死に頭を巡らせました。

最初はどうにかして捕まえて逃がしてやろうと思いました。しかし、ヤツは以前にも私の部屋に入ろうとした前科者のため、逃がしても我が神域へ再度踏み入る可能性が極めて高いと考えました。

弁護人不在での裁判の結果、被告・ゴキブリは満場一致で死刑判決となりました。

裁判官の私だって”情状酌量の余地あり”として無期懲役にしたいと思いましたが、『ヤツと再び出会う不愉快を考えたらひと思いにやっつけた方が得だ』と判断したわけであります。

かめ
よし、ヤツを倒すぞ

こう覚悟を決めた私は便座を立ち、すぐさまゴキブリの隠れ家へと向かいました。

しかしそこにヤツはいません。私の小便をしている間にヤツはどこかへ姿をくらましてしまいました。

「どこだ?どこだ?」と殺気を滲ませながら突然の出現を案じておののいていると、床に置いていた玄米の袋の陰にヤツの触角を認めてロックオンしました。

そこで一度深呼吸して間合いを図り、”えいやっ!”と袋をめくりました。

するとゴキブリは大慌てです。急いで冷蔵庫の陰へと戻ろうとしました。

ところがそうは問屋が卸しません。私は手持ちの段ボールで行く手を阻み、ゴキブリを隅へと追い込んでいきました。

ゴキブリ側も危機感を感じたのでしょうか、ヤツは捨て身の特攻作戦を私に仕掛けてきたのです!

これには私も敵いません。段ボールを放り出して脱兎の如く撤退し、その隙にヤツは再度冷蔵庫の陰へと戻ったのです。

 

爆上がりした心拍数が下がるまで休み、ゴキブリとのデュエルに向け闘志をたぎらせていきました。

  • なんであんなちっちゃな昆虫にビビらされなきゃいけないんだ!
  • オレの方が何倍もデカい。だから戦って負けるはずがないぞ!

このように松岡修造ばりのポジティブシンキングで自分に自信を山盛り持たせ、ゴキブリと決着をつけるためにもう一度冷蔵庫付近へと向かいました。

今度は作戦を変更し、冷蔵庫裏のゴキブリをその場所で葬り去る方針にしました。

そして段ボールを振り上げて降ろした瞬間、ゴキブリが再度私の方へ特攻作戦を仕掛けてきました。

今度は私も慌てません。一歩下がって間合いを取り、もう一度段ボールを振り上げました。

そしてイノシシの如く直線的に走るゴキブリの脳天に、”ガツン”と段ボールの一撃をお見舞いしました。

気絶したゴキブリへのとどめの一撃は

かめ
GOOD BYE, GOKIBURISAAAN!!!

との掛け声とともに行いました。

そこでとうとうゴキブリの息の根を止め、我が聖域に静寂のひと時を取り戻したのでございます…

 

日曜日の練習予定

明日はつくばから札幌への移動日に充てるためオフにします。

明後日は札幌での起伏走。2時間~2時間半ほどゆっくりとアップダウンを走ります。

ココで上下動の負荷に慣らし、来週末に獲得標高700mほどの激坂走を行います。

沖縄100Kまであと23日。3週間もあればまだ能力を上積みできます。

#62 沖縄100Kウルトラマラソン2022まであと21日!120分起伏走&夏目漱石全集を全巻読み切った感想

2022-11-27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA