70 ビュー

#59 沖縄100Kウルトラマラソン2022まであと28日!魂の195分間走&息栖神社へ行ってきました!

#58 沖縄100Kウルトラマラソン2022まであと29日!150分ジョグ&地元・広島に対する愛について

2022-11-19

こんにちは。馬術競技からマラソンに転向した、マラソン自己ベスト2時間47分の現役理系大学院生のかめ (M2)です。

2022年12月18日スタートの沖縄100Kウルトラマラソンへ向けて練習しており、記事を書きながら日々の練習内容を振り返ることにしています。

 

今週の練習計画

  • 11/14 (月) : オフ
  • 11/15 (火) : 70分ジョグ
  • 11/16 (水) : 100分ジョグ&橋ダッシュ
  • 11/17 (木) : オフ
  • 11/18 (金) : 120分間走&橋ダッシュ
  • 11/19 (土) : 150分間走 (セット練)
  • 11/20 (日) : 180分間走 195分間走 (セット練)

 

今日の練習

40.1km 4’51″/km
👟ウエーブライダー25

三日連続の猛特訓は今日で最終日を迎えました。

今日は120-150-180の〆として、180分間以上走りました。

走る前から足が超絶激重で全くやる気が起こらなかった上、ウルトラ本番を想定して朝5時から走り始めたので辺りが真っ暗で怖かったです。

しかし”やる”と決めたからにはやり通さねばなりません。ここで自分との約束を果たしてこそ、少々の事じゃへこたれない強靭なメンタルが培われていくのです。

地平線の彼方から顔を出した太陽の光を浴びた瞬間、私のやる気スイッチがカチッと入って急に活力が湧いてきました。

それからは足が軽くなり、少し上がったピッチに合わせてリズミカルに距離を踏めました。

150分を過ぎた際、本番を想定してエネルギージェルを摂ってみました。

するとまるでインスリンショックに陥ったかの如く足に力が入らなくなり、一時的にキロ6分までペースが落ちてしまいました。

幸いにも5分ほどで体調が元通りに回復し、その後は元の巡行ペースへと回帰しました。

今日の反省を踏まえ、レース本番では

  • もう少し甘さ控えめの補給食を用意するか
  • モルテンみたいな直接腸で吸収される飲み物を用意するか
  • それともレース前にMCTオイルを摂って補給食に頼らなくて済むようにするか

このどれにするかよくよく考えてみようと思います。

 

180分が経過した時、まだもう少し走れそうな余裕を感じておりました。

そこで、(このままじゃキリが悪いから40kmまで走っちゃえ!)と、練習の延長を決定しました。

40km経過時でもまだ若干余裕があったものの、アパートのすぐ近くに着いたのでそこでフィニッシュといたしました。

フィニッシュ後、今まで影を潜めていた疲労やら筋肉痛やらが一気に表に顕れてきて、練習を終えた喜びを表現する気力すら奪われてしまった次第です。

金・土・日の3日間で7時間45分、距離にして96kmもの走り込みを行いました。

炎のウルトラ猛特訓のおかげで100km9時間切りがようやく視界に入ってきました。

あとは札幌に帰ってから坂道を走り、平地で培ったスタミナを登坂力に転換していく作業のみとなっています。

正直、平地より坂道を走る方が気分的に何倍も楽なので、残りの期間は練習を楽しみながら力を養って行けそうです。

唯一懸念しているのが『降雪』です。札幌の天気予報では再来週から雪マークが点灯しております。

いくら坂道を走りたくても路面が凍っていたら危なくて走れなくなりますから、12/18のウルトラ本番までなるべく気温の高い状態が維持されることを願うばかりでございます。

 

コラム:息栖神社へ行ってきました!

ハードな40km走を終え、体を少しマッサージしたのち、つくば駅までダッシュで向かって9:41発のつくばエクスプレスに乗車しました。

目指す先は小見川(おみがわ)駅。東国三社巡りを完成させるべく、動かない足を引きずって息栖神社 (いきすじんじゃ)へと出発しました。

つくばから小見川までは約2時間半で着きました。電車に乗るのが好きだから、5回も電車を乗り換えられてまさに至福の時間でした。

しかし、小見川に着いてからが長かった。駅から息栖神社まで歩いて70分もかかりました。

これでもかなり早歩きしましたが、歩けども歩けども着かないんです。

後ほどスマホで距離を調べてみるとどうやら6.6kmもあるらしく、(駅前で待っていたタクシーに乗ればよかったかなぁ…)と後悔してしまうほどでした。

せめて小見川から神社までバスでも出ていると便利なんです。

ただ残念ながら、頼みの綱のコミュニティバスは一日に2便しかなく、加えて私が利用できそうな時間にバスが動いておりませんでしたので、どうしても神社までは歩いて行かざるを得なかった形でございます。

 

ヒーヒー言いながら目的地付近に到着した時、右から「こっちだよ」と私を優しく呼ぶ声がしました。

声の主を求めて右を向くと、そこには息栖神社の大鳥居が威厳たっぷりに立っていました。

本殿に相対したときは少し気持ちが和らぎました。

まるで「よく来てくれたねぇ」と親戚のかわいいお姉さんに頭を撫でまわしてもらった如く、なぜかにやけが止まらなくなって不審者となってしまいました。

神社はかなりコンパクトにまとまっており、御忍井など見るべきものは10分程度で観光し終えた感じです。

そこからは小見川まで再度6.6km歩いて戻り、また2時間半程度かけてつくばに帰ってきて今に至ります。

 

あまりに駅から息栖神社までが遠すぎて、同じく(辺鄙な場所にあるなぁ)と感じさせられた香取神宮の遠さが可愛らしく思えてきました。

香取神宮は香取駅から3kmほど歩けば着くのですから、”もはや駅の隣りにあると言っても過言ではない”と今日ハッキリと感じました。

「再度息栖へ行くか?」と言われても、正直かなり微妙な所です。

もし今後、何か特別なご利益があったならば、せめてお礼参りぐらい行かねばならないでしょう。

そういえば息栖神社は縁結びの神様らしいです。

絶対にありえない仮定ですが、もし私に何かの間違いで彼女ができたら、それは私の力ではなく息栖神社の神様が引き合わせてくれたものと捉えたいと思っています。

 

来週の練習計画

来週は以下のような練習メニューを消化していく計画です⇩

  • 11/21 (月) : オフ
  • 11/22 (火) : オフ
  • 11/23 (水祝) : オフ or 60分ジョグ
  • 11/24 (木) : 80分ジョグ&橋ダッシュ
  • 11/25 (金) : 120分ジョグ
  • 11/26 (土) : オフ (筑波→札幌)
  • 11/27 (日) : 起伏走

月&火は完全休養とし、猛特訓の疲労を癒します。

水曜は体の状態次第でオフにするか走るか判断します。

木・金は普段通り練習を行い、土曜はつくばから札幌に帰る移動日にあてがいます。

最終日の日曜は札幌の天気も良いらしいので、マイコースで2~3時間ほど起伏走を行うつもりです。

 

レースまでの残り4週間は、これまで培ってきた基礎力を実戦力に転換するかなり重要な期間です。

  • 自分の今の能力は如何ほどか?
  • 何が不足していて、どうすれば弱点を克服できるのか?

など、毎日自分と向き合い続け、レース前日まで能力を高められるよう頭をフル回転させていきます。

#60 沖縄100Kウルトラマラソン2022まであと24日!85分ジョグ&修学旅行中止に関するコラム

2022-11-24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA