272 ビュー

壮大な夏の旅。白山白川郷ウルトラマラソン2019体験記

令和最初の夏、私は北陸を舞台に100kmの壮大な冒険へと旅立ちましたた。

この記事では、白山白川郷ウルトラマラソン2019の体験記を記していきます。

 

ウルトラマラソン前日

13時からの選手説明会へ参加するため、石川県は松任駅に11時ごろ到着しました。

余裕を持って早めに着いたのですが、にしても着くのがあまりにも早すぎました。

そこで、仕方なく駅周辺をぶらぶらし、30分ほど時間をつぶしました。

するとお腹が少し空いてきたので、近くのセブンイレブンで昼食を購入しました。

大会のポスターが貼ってあることに気が付き少し嬉しくなりました。

昨年12月に参加した沖縄100Kの会場付近のコンビニにはこんなポスター貼っていなかったので、白山白川郷ウルトラマラソンの地元への浸透ぶりに感嘆させられることとなりました。

 

(そろそろ選手説明会会場へ行こうかな)と思い、松任駅発会場行のバスに11時半ごろ乗り込みました。

バスに乗り込み、説明会会場の松任総合運動公園へ向かいました。

受付ではゼッケンやら参加賞やらたくさんの品を貰いました。

ジェルやコース攻略mapを用意してくれたのはすごく有難かった一方で、レース前日に日本酒を渡してくるのはどうかと思うんですけどね笑

コレはベロベロになって走って下さいってことなんですかね?

まぁいいでしょう。飲んでベロベロの状態で説明会に参加する事に決めました。

 

12時頃購入した昼食を食べ、それから体育館内に入って説明会スタートを待ちました。

誰もいない体育館へ一番乗りを達成しました。

 

すると壁に以下のような張り紙があるのが目に入ってしまいました⇩

壁紙発見とほぼ同じタイミングで、ウルトラ運営者からメールが届きました⇩

 

要約すると、『暑すぎるので無理すんなよ』ってことになります。

暑い中無理したら選手も危ないし、運営側にとっても救護の手間がかかるから、途中棄権でもフィニッシュとなるのはすごくいいルールだと思いました。

ランナーだけじゃなく、エイドの方も大変なはず。それなのに大会開催に踏み切ってくれて感謝しかありません。

かめ
運営さん、ありがとうございます!

と心の中で何度も感謝いたしました。

 

体育館に明かりがともり、説明会が始まりました。

24時間テレビでお馴染みの坂本雄次さん、それに白山市長などによる挨拶がありました。

その後、コース攻略法や途中フィニッシュOKの規定など様々な説明がありました。

 

説明会終了後、バスで白山市内のホテルへと向かいました。

私は前回の沖縄100Kでケチって安いホテルに滞在したのですが、部屋を仕切る壁が薄すぎて、隣の部屋の人の騒ぎ声がもろに聞こえて全く眠られませんでした。

なので、今回のウルトラでは反省を生かして少し高めのホテルに泊まることにし、グランドホテル白山というかなり豪華な宿に一泊いたしました。

 

窓からはいい風景を眺められました。

部屋の中もすごくいいです。広くて布団もふわっふわで、寝心地が凄く良さそうです。

ホテルではものすごくリラックスして休めました。

明日のウルトラに向けて着々と体力を養っていきました。

 

18時頃に夕食タイム。ブッフェ形式での提供でした。

翌朝の便秘を避けるべく食物繊維を多めに摂取し、あとは糖質をたくさん蓄えるため、白米をめちゃくちゃ食べておきました。

部屋に帰り、レースの用意を迅速に行いました。

ゼッケンをウェアに付けたり、ドロップバッグに預けたいものを詰め込んだりと、バタバタ慌ただしく準備していきました。

よし、準備はばっちりだ!と思ってカバンの中を漁っていると、ひょっこり参加賞のコースターが出てきました。

地元の小学生による手書き応援メッセージ。

(こんな素敵なプレゼントもらったら頑張るしかないじゃろ!)と心に火が付きました。

 

ウルトラマラソン当日

レース前

テンションが上がっていたせいか、12時半ぐらいに起きるつもりだったのにその30分前に目が覚めました。

睡眠時間は4時間半ほど。めっちゃ眠いという程ではありませんが、若干眠気を感じる目覚めでした。

 

体を目覚めさせるため少し体操をし、それから忘れ物がないか、荷物の確認を行いました。

そして1時ごろ、朝食会場へ向かいました。

こんな早い時間から朝食を用意して下さって、ホテルの方には感謝しかありません。

選手たちは眠そうな顔をしているのに、スタッフさんたちは一切そんな素振りを見せず笑顔で接してくれました。

 

2時頃チェックアウトし、ホテル前に停まっていたバスに乗り込みました。

約一時間半でスタート地点に到着し、バスを降りて会場内の隅にて準備運動していきました。

スタートにはこんなバルーンがありました⇓

赤のバルーンに白の文字が超絶カッコイイです。めっちゃテンションが上がってワクワクしてきちゃいました。

 

グラウンドにはたくさんの屈強なウルトラランナーがスタートを”今か今か”と待ち望んでおられました。

大会参加者は1100人ほどらしいのですが、1000人以上が一斉に100km先のゴール目指して走るってよく考えたらすごいことだなぁと思いました。

 

4時にエナジードリンクのモンスターを飲んで血流を促進しておきました。

4時半にゲート前に整列し、スタート直前に完走祈願と「完走するぞー!(おー!!)」の大合唱を行いました。

これで一気に気合いが入り、集中モードに入りました。

そして、10秒前からのカウントダウンののち、レースがスタートいたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA