壮大な夏の旅。白山白川郷ウルトラマラソン2019体験記





令和最初の夏、私は北陸を舞台に100kmの壮大な冒険へと旅立った。

ウルトラマラソン前日

13時からの選手説明会に参加するために11時ごろ松任駅に到着。

ところが着くのがあまりにも早かったということにそこで気が付き、仕方なく駅周辺をぶらぶら。

お腹が空いてきたので近くのセブンイレブンで昼食を購入。

セブンの壁にウルトラのポスターが貼ってあることに気が付き、少しうれしくなった。

昨年12月に参加した沖縄100Kの会場付近のコンビニにはこんなポスター貼っていなかったので、白山白川郷ウルトラマラソンの地元への浸透ぶりに感嘆した。

第8回ともなると地元の理解も進んでいるのね。

 

そろそろ選手説明会会場へ行こうかなと思い、11時半ごろ松任駅発会場行のバスに乗り込んだ。

バスに乗り込み、説明会会場兼白山白川郷ウルトラマラソンフィニッシュ地点の松任総合運動公園へ。

会場で受付を済ませ、ゼッケンやら参加賞をもらった。

ジェルやコース攻略mapを用意してくれたのはすごくうれしい。

うれしいんだけど、レース前日に日本酒を渡してくるのはどうかと思うよ笑?

べろんべろんになって走って下さいってことかな?

 

12時頃購入した昼食を食べ、それから体育館内に入って説明会スタートを待つ。

かめ
一番乗り!!!

すると壁に以下のような張り紙が…

壁紙発見とほぼ同じタイミングでウルトラ運営者からメールが届いた。

 

まぁつまり、暑すぎるので無理すんなよ?ってこと。

暑い中無理したら選手も危ないし、運営側にとっても救護の手間がかかり迷惑でしかないもんね。

双方にメリットがあり、すごくいいルールだと思った。

最高気温35℃の予報なので走るのも危険なはず。

ランナーだけじゃなく、エイドの方も大変なはず。それなのに大会開催に踏み切ってくれて感謝しかない。

あざっす!!

 

体育館に明かりがともり、説明会開始!!

24時間テレビサポーターの坂本雄次さんや白山市長などによる挨拶の後、コース攻略法のコーナーにがあった。

 

説明会終了後はバスで白山市内のホテルへ。

私は前回の沖縄100Kで安いホテルに滞在したのだが、部屋を仕切る壁が薄すぎて隣の部屋の人の騒ぎ声がもろに聞こえ全く眠ることができなかった。

なので、今回のウルトラでは反省を生かして少し高めのホテルに泊まることにし、グランドホテル白山に宿泊した。

 

窓からはいい風景を眺めることができた。

部屋の中もすごくいい!!(分かりにくいかな…?)

とりあえずめちゃくちゃリラックスすることができた。

やっぱ高いホテルは違うなぁ…と感じた。

 

18時頃に夕食タイム。

夕食はブッフェ形式だった。

便秘を避けるべく食物繊維を多めに、あとは糖質をたくさん蓄えるために白米をめちゃくちゃ食べておいた。

 

部屋に帰り、レースの用意を迅速に行った。

ゼッケンをウェアに付けたり、ドロップバッグに預けたいものを詰め込んだり…ちょっと慌ただしかった。

よし、準備はばっちりだ!と思ってカバンの中をごそごそしていたら、参加賞のコースターが出てきた。

地元の小学生(幼稚園生かな?)による手書き応援メッセージ。

こんな素敵なプレゼントもらったら頑張るしかないじゃろ~!!心に火がついた。

とはいえもう寝なくてはならない時間なので睡眠した。

 

ウルトラマラソン当日

レース前

テンションが上がっていたせいか、12時半ぐらいに起きるつもりだったのにその30分前に目が覚めた。

睡眠時間は4時間半ほど。

めっちゃ眠いという程ではないが、若干眠気を感じた。

体を目覚めさせるため少し体操をし、荷物の確認を行った。

 

1時になったので朝食会場へ。

こんな早い時間から朝食を用意して下さり感謝感謝ですわ。

選手たちは眠そうな顔しているのに、スタッフさんたちは一切そんな素振りを見せず笑顔で接してくれた。

スタッフさんたちを見て(働くってこういう事なんだ)と感じた。

人を笑顔にするためにはここまでせねばならないのか…

私が社会人になった時の教訓とさせてもらおうと思った。

 

2時頃チェックアウトし、ホテル前に停まっていたバスに乗り込む。

1時間20分ぐらいでスタート地点の寺尾防災グラウンドに到着し、バスを降りる。

 

スタートにはこんなバルーンが⇓

赤のバルーンに白の文字、超カッコイイ。めっちゃテンション上がるやん!!

 

グラウンドにはたくさんの屈強なウルトラランナー

大会参加者は1100人ほどらしいが、1000人以上が一斉に100km先のゴール目指して走るってよく考えたらすごいことだなぁと思った。

 

4時にエナジードリンクのモンスターを飲んで血流促進。

4時半に整列し、スタート直前に完走祈願と「完走するぞー!(おー!!)」の大合唱を行った。

これで一気に気合いが入り、集中モードになった。

 

そして、10秒前からのカウントダウンののち、レースが始まった。

レース

スタート~4km 下り基調

スタートして左折するといきなり強烈な下り坂。

ここで大勢のランナーに抜かされたが、最初で飛ばすと痛い目に遭うことは目に見えているのでゆっくり走った。

それでも予定の5’20″/kmを切るタイムで走っていたので、この4km以降はかなり抑えて走った。

 

5km~18km ホワイトロードを駆け上がる

下り基調のスタートでリズムを作り、さあ、こっからだ!と気合いを入れて激坂に挑んた。

激坂で足がパンパンになることを覚悟していた。

だが、勾配的には10%以上の急坂が部分的にあったものの、大半は5%ぐらい走れる坂といった感じだった。

練習で勾配20%以上の激坂を上ってきた成果がここでいかんなく発揮されることとなった。

2か所のエイドで適宜休憩しながら進んでいたら、あっという間に坂を上り切ってしまい拍子抜け。

かめ
えっ、こんなもんなん?

20km手前まで坂が続くと思っていたのに…

ラッキー!!

なんともあっけなくコース最高地点に到達してしまった。

 

19km~40km エグい下り坂

坂を上り終えてトンネルをくぐり、いざ下り坂!

ある程度スピードを抑えて走らなきゃ着地衝撃が大変な事になるのでゆ~っくり走ったつもりだった。

だが、いくら速さを抑えようとしても全然ゆっくりにならず、どんどん腰にダメージが蓄積していってしまった。

 

下りなのにしんどい。早く下り終わってほしい。

むしろ上りの方がありがたい。

下り坂でこんなこと思ったのは初めての経験である。

私は上りの方が苦手だと思っていたが、実は下りの方が苦手なのだという事に初めて気が付かされた。

足がどんどん痛くなってくるが、下りなので惰性で何とか走れてしまう。

とにかく早く下り終わってしまいたかったので、痛みに意識を向けないよう無心で走っていった。

 

41km~61km 終わりの始まり

傾斜はさっきより緩くなったが、下り坂はダラダラ続いた。

フルマラソン通過は3時間46分ぐらい。

ペース的には予定通り。体力もまだまだある。

ただ、ダメージの蓄積は予定よりはるかに大きい。これだけは計算外だ…

 

43km過ぎで下り坂での着地衝撃を吸収してくれていた左お尻の筋肉が悲鳴をあげ始めた。

50km過ぎには着地衝撃を受け続けた内臓に疲労を感じ出し、補給物の摂取が難しくなってしまった。

固形物はおろかエイドの飲み物を飲んで気持ち悪くなってしまうほどの重症であった。

ヤバい、完走できないかも…

 

マラソン大会には年に4回ほど参加しているが、完走できなかったことなど一度もない。

走っている途中に完走出来ないかも…なんて思ったこともない。

完走がおぼつかなくなってきたことで頭がちょっとしたパニック状態になり、30℃を越える暑さも相まって心拍数がガツンと上がってしまった。

足を引きずりながら何とか59.8kmのレストステーションに到着。

そばソフトを食べドロップバッグを受け取りちょっと休憩。

経口飲料水で水分補給して脱水状態からは回復。でも足は超痛いし気持ち悪さは相変わらず…

やめるか、走るか。

 

ここまでくれば50kmの完走扱いとなるのでここで一定の区切りをつけることもできた。

しかし、まだ何とか走れる状況なのにリタイアしたら今後後悔してしまうと思い、私はレース続行を決断した。

というか、エイドのおばちゃんたちの声援がすごすぎて辞めるにやめられなかったのである。

62~66.3km おしまい

先ほどのエイドを抜けて2km程の所で左足全体に耐えられないような激痛が走った。

そのため痛みが治まるまで歩くことにした。

痛みよ…治れ!

レースを続けたい意欲だけはあったので、痛みが治まることだけを祈り先へと進んだ。

 

ところが痛みは治まるどころか増す一方だった。

おそらくスタート前に飲んだモンスターのカフェイン効果が薄れてきたのであろう。

走るどころか歩くのも大変になり、よたよたになって一歩一歩ゆっくり進んでいった。

 

容赦なく照り付ける太陽の下、単調な田んぼ道を進む。

すでにボロボロの私にはこれ以上頑張るのは無理だった。

65.1kmのエイドでリタイアすることも考えた。

だが、この先待っている急坂を自分の足で歩いて来年のレースに活かそうと思ったので、66.3km地点のパーク獅子吼まで歩いて行ってレースリタイアを決断した。

とても悔しい幕切れとなってしまった…

 

走行タイムと高低差

500m地点から1400mまで上り、そこから一気に駆け下りる。

まさに圧倒的なコースだった。

 

帰り

関門からゴール地点まで車で送ってもらい、預けておいた荷物を受け取り着替えて松任駅行きバスに乗る。

そして14:38発の福井方面へ行く電車に乗り小松で下車。

小松で特急券を買い、サンダーバードで京都駅まで行く

筋肉は痛いが大して疲れていなかったので別に座れなくてもいいやと思い自由席を購入したが、運よく座ることができた。

 

琵琶湖沿岸の素晴らしい景色⇓

空の青さと遠くの山のちょっとしたハーモニーがいい感じ。

 

京都駅で新幹線に乗り換え、100分ほどで広島駅に到着。

そこからしばらく歩いて実家へ帰り、壮大な夏の旅を終えた。

 

悔しすぎる。

来年も必ず出場し、ゴールテープを切ってやる。

そう決意した。

 

P.S.

2020年大会はコロナウイルスのせいで中止になってしまった。

そのため、大学生の間にリベンジを果たすことはできなくなってしまった。

だが、あまりにも悔しいので、私は2021年大会(大学院修士1年生)に出る決心をした。

必ず出場し、念願のゴールを果たしてやる!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文2報(電気化学)|月間2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。