101 ビュー

#20 いわて銀河100kmマラソン2023まであと91日!体が壊れました…

#19 いわて銀河100kmマラソン2023まであと94日!100分セミロングジョグ&大学1年生の時に入っていた『馬術部』に関するコラム(中編)

2023-03-09

こんにちは!馬術競技からマラソンに転向した北大工学系大学院生ランナーのかめ (M2)です。2023年6月11日午前4時スタートのいわて銀河100kmマラソンでサブ9 (9時間切り)を狙っており、日々の練習内容を記事にまとめながら振り返ることにしています。

今週の練習計画

  • 3/6 (月):オフ
  • 3/7 (火):80分ジョグ
  • 3/8 (水):60分ジョグ+橋ダッシュ
  • 3/9 (木):100分セミロングジョグ
  • 3/10 (金):オフ
  • 3/11 (土):60分ジョグ+橋ダッシュ オフ
  • 3/12 (日):135分ロングジョグ オフ

 

今日の練習

セミロングジョグをした木曜の夜、急に体が軋み出しました。右足の股関節左ひざ裏に違和感を覚え始めたのです。セミロングジョグ中には特に何もなかったのに、夜になって突如として症状が顕れました。何の前触れもなくこうなってしまったので少々怖かったです。症状は金・土・日と3日経ってもあまり変化がありません。患部へ気持ち悪さが残っているから(走りたいっ!)と前向きになれないのです。

原因は皆目見当がつきません。ランニング中に無意識のうちにバランスが崩れて関節を痛めちゃったのか、それとも食べた物の中に何か体へ害のあるものが含まれていたのか、、、もしくは全く別の原因がケガに繋がった可能性もあります。

走れないわけではないのです。しかし、少し走ると患部へ強烈な違和感を覚えてランニングへ集中できませんから、実質走れないようなものだと思います。ランニング人生で股関節や膝裏を痛めたのは初めての経験。どうやって対処すればいいか正直よく分かりません。とりあえず1週間程度オフにして様子見しようと考えました。ココで走って重症化してしまうと6月の大会でサブ9はおろか完走すら覚束なくなるでしょうし、今後ランニングできない体になってしまうかもしれませんから。

ふくらはぎや太ももなど筋肉を傷めて走れないなら治ったらすぐ走れるでしょう。しかし、関節についてはホンマに時間経過とともに良化するのかハッキリとしたことは分かりません。いま走っちゃいけないことだけは間違いない。もしかしたら治らないかもしれないけれども、治ることに賭けて休むしかない。

こうした時に頼りになるのはランニングに懸ける想いです。

  • 絶対に100kmで9時間を切りたい
  • それまでは絶対に走るのをやめない
  • 9時間を切るためなら何だってする

精神論で恐縮ですが、メンタルを強く保っておけばケガも治ってくる予感がします。『いわて銀河を怪我ゼロで迎える』という目標は早くも崩れ去ってしまいました。しかしサブ9すれば結果オーライ。もろ手を挙げて万々歳です。患部を傷めない程度に体幹トレーニングをし、練習を再開できる日を信じてじっと待とうと思います。

 

以上です。

かめ
ウルトラはそう簡単に目標を達成させてくれませんね。でもいいんです。壁が高ければ高いほど(絶対に目標を達成するぞ…!)と心が燃えてきますから

#21 いわて銀河100kmマラソン2023まであと87日!75分ジョグ&大学1年生の時に入っていた『馬術部』に関するコラム(後編)

2023-03-16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA