【社会貢献・おもてなし】もっと知れ渡ってほしい!献血する5つのメリットについて

私は札幌に住む現役理系大学院生である。

一昨日、24歳になった誕生日の午後、累計26回目の献血(血小板)に行ってきた。

この記事では、献血することによって献血者が享受できる5つのメリットについて解説していく。

献血に興味のある方にピッタリな内容だと思うので、ぜひ最後までご覧いただきたいと思っている。

 

それではさっそく始めよう。

献血する5つのメリット

私が思うに、献血には5つのメリットが存在する。

  1. ただ献血椅子に座っているだけで社会貢献ができる
  2. 献血中、看護師さんから代わる代わるもてなしてもらえる
  3. 「献血してます」と言うと周囲から尊敬のまなざしを向けられる
  4. 無料で血液検査結果が開示される
  5. 10回献血するとおちょこがもらえる

以下で一つずつ詳述していく。

 

ただ座っているだけで社会貢献ができる

献血する最初にして最大のメリットは、献血自体が社会貢献である点である。

我々が提供した血液ないし血小板はソレを必要としている人の元へと届けられるため、その患者さんの命を間接的に救う手助け(つまり医療行為)をしている事になる。

しかも、献血はただイスに座っているだけで行える。

ゴミ拾いを始めとするボランティア活動が体力を要するのに対し、献血にはほとんど体力を要しない&消耗しないといったメリットがある。

献血で回収される血液は自身の健康に支障のない範囲内であるため、体にかかるダメージは皆さんが思っているより格段に軽い。確かに、献血に慣れないうちは献血後多少フラフラしてしまいがちなのだが、20~30分ゆっくり休憩すればすぐ回復する程度のものなので、そこの所はあまり気にしなくてもOKだと思う。

 

最近の日本社会には

  • 頑張ったら負け
  • どうせ報われないのだからやるだけ損だ

こうした風潮が蔓延している。

いくら一生懸命働いても税金でゴッソリ持っていかれるし、上の世代が引退してくれないから組織内での出世も望めなくなっている。

そんな世知辛い世の中において、献血はやれば必ず報われる,数少ないアクティビティーである。

自分の提供した血液のおかげで誰かの命を救えるかもしれず、私は献血にある種の使命感を持って取り組んでいる。

ネットでちょっと詳しく調べてみると、「輸血は自殺ほう助だ!」とか「輸血などしなくとも経口補水液を投与すれば大丈夫だ!」といった意見が散見される。これらがもし本当であれば私も直ちに献血をやめたいと考えているが、まだ本当であるという確証を得ていないので、真実を明らかにするまでは献血が社会貢献になると信じて行き続けようと思っている。

 

看護師さんから至れり尽くせりしてもらえる

献血する2つ目のメリットは、献血イスに座っている間、献血ルームの看護師さんから色々と世話を焼いてもらえる点である。

というのも、献血中は腕に針が刺さっていて献血者が自由に身動きを取れないため、そんな献血者に代わって看護師さんが様々なオ・モ・テ・ナ・シをしてくれるのである。

  • 「寒くないですか?」と毛布を掛けてくれたり
  • 「喉が渇いていないですか?」とこちらがリクエストした飲み物を持って来てくれたり
  • こちらが暇そうにしていたら他愛もない雑談をしてくれたり
  • 「あと○○分で終わりますからね~」と終了時刻まで教えてくれたり

本当に何でもしてくれる。

私は一人暮らしをしており、彼女もおらず毎日一人で生きているため、こうしたおもてなしをしてもらえると(なんて幸せな時間なんだ…)と、みるみるうちに心が癒されていくのである。

あまり人から話しかけられたくないひとからすると、こうしたお節介は余計だとお思いになるかもしれない。実は私にも時々人と話したくない気分になる時があって、そんな時は”話しかけるなオーラ”を全開にして、話しかけられる回数を極力抑えるように振舞っている。

 

2年前、私は献血にドはまりして、一年間で成分献血回数の上限となる12回も献血ルームへ通い詰めた経験がある。

あまりに献血会場へ行きすぎて、看護師さんから(また来てくれたんですね^^)と顔を覚えられるまでになったほどだ。

もし人と何らかの繫がりが欲しい場合、献血ルームへ通い詰めるというのも一つの選択肢である。

献血会場でひょっとすると良い出会いがあるかもしれないし、婚活パーティーと違って無料で行けるのでコチラが損する事は一切ないのである。

ちなみに、私の行きつけの献血ルームにいる看護師さんはBBA年配のお姉さんばかりである。なので比較的落ち着いた雰囲気であり、私も落ち着いて思考に耽る事ができる。

 

周りから尊敬のまなざしを向けられる

献血する3つ目のメリットは、「自分、献血してます」と周囲に公言する事で尊敬のまなざしを向けてもらえる点である。

日本では献血に行く人間が圧倒的少数派であるから、「献血に行ってくるね」と表明するだけで(あぁ、この人は心がきれいな素晴らしい人だ)と思って貰えるのである。

”他者から認めてもらいたい!”と願う承認欲求はマズローの欲求五段階説の四段階目を占めるものであり、承認欲求が満たされれば自己実現欲求を満たす原動力になってくれる。

結果的に人生の質が格段に上がるため、献血によって日々の生活にもハリが出てくるのである。

 

嫌われる勇気という本の中で”承認欲求から解放される重要性が指摘されていたが、私にはどう頑張ってもソレ(承認欲求)を捨て去る事ができなかった。

むしろ、認められたい願望をかなえるべく自身のスキルアップに励んだ方が心が軽くなってきたので、一概に承認欲求を否定するのは違うんじゃないかなぁ…と考えている。

私は今まで24年生きてきて、頭では分かっていても体や心がついてきてくれないような概念と数多く遭遇してきた。

そんな時は心の衝動に素直に従った方が楽になれたし、無理して心を抑圧せずに解放してあげてもいいんじゃないかと思ったものだ。

嫌われる勇気はもう20回以上読んでいる。読むたびに(確かに承認欲求に囚われすぎるのもよくないよな…)と思わされるのだが、本を閉じた瞬間、(でもやっぱ他人に認められたい気持ちは抑えられないよ…!!)と心が激しく訴えかけてくる。

 

血液検査結果が開示される(しかも無料!)

献血に行く4つ目のメリットは、献血してから数日後に血液検査結果が開示される点である。

一般の医療機関で健康診断のため血液検査してもらう場合、検査項目にもよるが数千円ほどとられてしまう。

一方で、献血における血液検査では、なんと費用無料で済んでしまう。

献血に行くと、献血する前にその人の血液に異常がないかを検査すべく数mL~数十mLほど血液を抜かれるのだが、その検査結果が後日、ハガキorサイトから無料で確認できるのである。

 

献血後に確認できる血液検査結果は以下のような感じである⇩

このように、無料で検査してもらえるにも関わらず、赤血球/白血球数やコレステロールなど、主要項目はきちんと網羅されている。

わざわざ血液検査のためお金を支払うぐらいなら、献血に行ったついでに血液の具合も見てもらった方が遥かにお財布に優しいと思う。

まぁ、日本赤十字社が”血液検査目的での献血はお断りしています”というスタンスだから私もソレ(血液検査目当ての献血)を積極的にはオススメできないのだが、もし献血で血液検査結果を開示してくれなくなったら献血者が大幅に減少してしまうだろうから、赤十字としてもソレを黙認しているというのが現状だろう。

私の場合、血液検査よりも脈拍にいつも注目している。私はランナーなので平均よりも心拍数がかなり低く、50bpmを切れば心の中で(よっしゃー!)と謎の雄叫びを上げるのである。

 

10回献血するとお猪口がもらえる(正直全然使わないけどね笑)

献血に行く5つ目のメリットは、たくさん献血に行くと景品をもらえる点である。

毎回の献血後に貰える粗品の他にも、10回目, 30回目の献血後にはおちょこがもらえる。

私はお酒を飲まないので、最初おちょこを見た時(コレはいったい何に使うんだ?)と使用用途が全く分からなかった。

おちょこをもらったからといって日本酒をガブガブ飲むようになったわけではないし、正直、おちょこの置き場に困っている次第である笑。

ちなみに、献血30回目にも景品がもらえるらしい。何を貰えるのかと思って調べてみたら、なんとまたおちょこを頂けるとの事だ…笑。

 

私としては、おちょこじゃなくて、しじみやレバー、鯖缶など、造血を促す食べ物を貰った方がよっぽどありがたい。

少しでもお酒を飲むと翌日胃の調子がすこぶる悪くなり、次回の献血にも支障をきたしてしまうのである。

 

最後に

献血に行くメリットは以上5つである。

まとめると、

  1. ただ献血椅子に座っているだけで社会貢献ができる。献血は必ず役に立つ!
  2. 看護師さんからの温かいおもてなしを受けられる。思いやりが身に染みるんです…
  3. 「献血してます」と言うと周囲から尊敬のまなざしを向けられる。承認欲求が満たされ、QOLが爆上がりする。
  4. 無料で血液検査結果が開示される。わざわざ医療機関に行って支払う必要なし!
  5. 10回献血するとおちょこがもらえる。正直いらないけどさ…笑

このような形になる。

私は毎年、誕生日(12/9)→中14日→クリスマスイブ(12/24)の献血をルーティーンにしている。

たとえ彼女がいなくとも社会貢献によって社会との繫がりを感じられているので、「別に彼女いなくても平気だし…!!」と少々強がってみせるのである。

かめ
いつかクリスマスに一緒に献血へ行ってくれる彼女ができればいいな…まぁ、叶わぬ望みなのだろうけど、、、

 

以上です。

【この世にサンタは存在しない】私が小学六年生の時にサンタの正体を見破った一部始終について

2021-12-07

【メリークルシミマス…!】彼女のいない私が毎年12月24日に考える5つのこと

2021-12-05

ABOUTこの記事をかいた人

馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|FP3級|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文3報(電気化学)|月間収益3,000円/2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。