CATEGORY 書籍・本屋

【書評】思考力とは?リーダーシップとは?伊賀泰代さんの「採用基準」を読んで絶望と危機感を覚えました

地頭より論理的思考力より大切なものなんてあるの?そう思い、私はこの本を購入しました。結論から言うと、ありました。むしろ、コレがなければ地頭も論理的思考力も真価を発揮してくれないほど重要な要素でした。この記事では、伊賀泰代さんの『採用基準』を読んだ感想、および読みながら考えた事を色々と書き連ねていきました。

2021年に読んだ117冊の本と読んで良かったランキングベスト3

2021年は117冊の本を読みました。ただ手帳に記録しておくだけでは勿体なく感じ、読んだ本についてブログに書き残しておこうと思い立ちました。この記事では、2021年に読んだ本のタイトルを全て記し、読んで良かった本の月間MVPと年間MVPを発表していこうと思います。また、来年は冊数ではなく作品の理解度に拘るつもりです。

【世界文学の最高傑作】トルストイの戦争と平和を24日かけて読んだ感想

大学院の夏季休暇を利用し、トルストイの戦争と平和を読み進めました。ゴールまでに24日かかりましたが、どうにか読了する事が出来ました。この記事では、戦闘と平和を読み終えた感想を記していきます。トルストイや戦争と平和に興味のある方、何かスケールの大きな本を読みたい方にピッタリな記事なので、是非ご覧頂きたいと思っています。

【驚天動地】大学生の間に読んで衝撃を受けた2つの小説について話したい

大学生時代、私は月に8冊(週に2冊)ペースで本を読んできました。小説や哲学、歴史物にハウツー系など、ジャンル問わず様々な種類の本を乱読してきました。この記事では、沢山読んできた小説の中でも特に自分が気に入っている2冊の本を紹介します。この2冊がなければ今の自分はないだろうとさえ思うので、ぜひご覧いただければなと思います。

【閉じ込められてしまいたい】私が本屋を狂おしいほど愛している3つの理由

本屋好きな人、いませんか?私は本屋が大好きです。本屋は私のあらゆる欲求を解消してくれるし、先人たちの英知を前にすると謙虚でいることの大切さを思い出させてくれます。この記事では、私が本屋を狂おしいほど愛する3つの理由を書きました。これを読んだあなたは絶対本屋に行きたくなるはずです。