CATEGORY 研究生活

【博士進学希望者対象】クリスマスイブに内定した北大独自のフェローシップについてのQ&A

M1のクリスマス、博士進学希望者対象の北大独自のフェローシップに内定しました。博士進学を決意後、お金の問題を解決できずにいたため、本フェローシップ内定には心底安堵致しました。この記事では、私が内定した大学フェローシップに関して自己完結型のQ&Aを繰り広げました。北大は勿論、他大の学生さんにも役立つ内容だと思います。

【博士課程】学振DC1採択のためにやる事5選。特別研究員にオレはなる!!

博士課程進学者の多くは学振採択を目指しているのではないでしょうか?私もそのような人間の内の一人で、M1の12月からDC1採択に向けて動き始めるつもりです。この記事では、学振採択に向けて私がやろうと考えている5つの事柄について書いていきました。学振採択を目指す仲間、将来学振を取ろうと思っている後輩にピッタリな記事です。

【学部生向け】研究室生活で必ず役立つ5つの力

研究室生活を1年半送り、研究室でどんな能力が必要か少しずつ分かってきました。そこで、自分の体験を踏まえ、学部生向けに色々な事を伝えたいと思うようになりました。この記事では、研究室生活で必ず役立つ5つの力について解説していきます。これから研究室生活を始める人、もしくは研究室一年目の学生さんにピッタリな内容となっています。

【学会発表】電池ガチ勢だけの学会で口頭発表した感想

つい2時間ほど前、電池ガチ勢が集まる学会でオンライン口頭発表を行ってきました。自分の努力が報われる学会でもあり、理解の至らなかった箇所が明確となった学会でもありました。この記事では、この度の学会で発表を行った感想を記していきます。今後学会を控えている大学院生に参考となる内容だと思うので、ぜひご覧頂きたいと思っています。

長期出張のため札幌とつくばを行き来する時に感じる気持ちのあれこれ

私は主につくばで研究をやっています。つくばには数週間滞在し、一日10時間、土日関係なく作業を延々と続けていきます。この記事では、札幌在住の私が長期出張のためにつくばを行き来する際に感じる感情について色々と書いていきました。今後長期出張をする人、つくばへ行く予定のある人に何かしら参考となる内容でございます。

【マジで何もない笑】長期出張でつくばに2ヶ月住んで感じた5つのこと

先週まで計2か月間、つくばに長期出張して研究生活を送っていました。その中で、札幌と明らかに違う点をいくつか発見いたしました。この記事では、つくばに2か月住んでみて感じた5つの事柄について書き記しました。つくばへ出張する予定のある方、大学以外の場所で実験する事になった学生にピッタリな内容だと思います。

【半年間経過】B4からM1になって感じた5つの変化

大学院生になって半年が経ち、研究漬けの生活にも慣れてきた今日この頃。ふと今まで過ごしてきた学部時代と今の生活との違いが気になって、色々と思いを巡らせてみました。この記事では、学部4年次(B4)から修士1年次(M1)になって感じた5つの変化について解説します。大学院生活のイメージを膨らませたい学部生にピッタリな記事です。

【考察】大学・大学院の研究室ゼミで炎上してしまう3つの理由

今年度に入り、研究室内のゼミで2回、炎上騒ぎが発生しました。昨年度も数回ゼミが燃えており、まだ燃えた事のない私は(どうして燃えるのだろう)と思わずにいられませんでした。この記事では、研究室のゼミが炎上する理由を3つ考察しました。自分が今後炎上しないよう注意するとともに、炎上しがちな学生を助けるべく記事を執筆しました。