【Q&A】卒業できそう?修了後の進路は?大学院博士課程進学に関するアレコレ三部作 (下)

【Q&A】博士課程での目標は?お金の目処は?大学院博士課程進学に関するアレコレ三部作 (中)

2022-07-27

ちゃんと3年で卒業できそう?

Aさん
ねぇねぇかめちゃん。さっきから博士課程を3年で終了する前提で話を進めてるけど、ホンマに3年で卒業できるの?卒業できる見込みは立ってるの?
かめ (自分)
それについては安心せい、大丈夫だと確信しとるで(*≧∀≦*)
Aさん
どっからその自信は湧いてくるの?てか、アンタの専攻って何本論文書かなアカンの?
かめ (自分)
ウチの専攻では博士在学中に3本(うち1st 2本)書かな卒業できひんみたいなんや。そんで、オレはついこの間、卒業要件を満たすのに必要な1本目の論文を書き始めた所やから、卒業要件ぐらい余裕で満たせると思っとるんや。M2の7月中旬から書き始めたら、オレの論文執筆スピードなら10月に入るか入らんかぐらいに書き終わるはず。3年半で論文を3本書けばえぇんやで?余裕や、そんなもん
Aさん
でもさ~、かめちゃん。論文って出せば絶対アクセプトされるってわけでもないやんか。アンタ、研究気違いやから、そりゃ沢山実験データもとれるんやろうけど、論文はアクセプトされなきゃ意味ないやんか。ホントに3年間で3本もアクセプトされるん?
かめ (自分)
正直な所、その点はオレも懸念しとる。出せばほぼ誰でも通るような雑誌でいいなら修了するのも簡単なんや。せやけど、どうせ苦労して論文書くなら、オレの論文をたくさん引用してもらいたいって思ってまうのが研究者の性やし、引用件数を上げるためにはIF (インパクトファクター)が10点以上のハイレベルの雑誌に出さなアカンねん
かめ (自分)
すると、リジェクトされる確率ってのも高くなってまう。その上、雑誌を次から次へとたらい回しされてる間に他の研究グループに先を越される可能性がある。こないだIF42の雑誌に論文を投稿した時なんか酷かったで。査読者とのラリーに4か月も費やした挙句、無慈悲なリジェクトをくらってもうたんや。その後IF38の別の雑誌に出したら1週間で瞬殺されてもうて笑、いまはIF20前後のレターに論文を投稿しとる状況なんや。もしそこでもリジェクトをくらったらさらに時間をロスしてまうし、いつ他の人にマネされるか分からんから結構ストレスたまってんねん
Aさん
あれっ?アンタの研究ってめっちゃ高い特殊な装置を使うとるんちゃうかった?それやったらそう簡単にマネできひんやろ?バリバリ高い参入障壁に阻まれるなら、アンタの研究がパクられる事なんかほぼないやろ(*≧∀≦*)?あ~、安心あんし…
かめ (自分)
甘いで。ウチの研究室にとっては高価でも、オレが今度留学しようとしとるオックスフォードとかケンブリッジみたいな超一流大からしたらそんなもん取るに足らん”はした金”やねん。まぁ、ヨーロッパ人はジャパニーズやチャイニーズほど手先が器用ちゃうから、オレの超絶テクニックをそう簡単にマネできるとは思えへん。せやけど、最近はチャイニーズが仰山海外留学しとるみたいやし、もしそこの研究室に留学生がおったら、カネの力であっという間に先を越されてまうやろなぁ…
かめ (自分)
それに、いま論文として投稿しとる研究成果は、既に国内/国際学会で発表してしもたものなんや。研究のタネも仕掛けも全部大っぴらになっとるし、オレの研究者としてのネームバリューなんか皆無やから、どっか他の一流大のグループがオレの先を越し、どや顔でオレとそっくりの研究成果を発表されてもオレらはなんも言えんっちゅうわけや
Aさん
研究の世界ってホンマ厳しいんやなぁ
かめ (自分)
せやで。オレの所属しとる電池開発の世界はマジでレッドオーシャンやと思うてる
かめ (自分)
研究題材を考えたり実験したりするのはめちゃくちゃ好きなんやけれども、その後に待っとる論文を書いてアクセプトされるまでの過程がオレはどうしても好きになれん。何度もリジェクトをくらううちに心がちょっとずつ病んでくるし、”いつ他の研究者に先を越されるか分からん”っちゅう見えない敵との戦いにはホンマに消耗させられてまう
Aさん
大丈夫やで、アンタ。ウチがついとるやんか。辛い時は頭を”よしよし”したるがな
かめ (自分)
よしよししてもろても論文はアクセプトされへんのよ…泣笑。まぁ、起こってもないことを心配しすぎてもしゃーないんで、お伊勢参りしたり道端で困っている人を助けたりして徳を積み上げてくしかなさそうやな
Aさん
せやなぁ…そしたら、今週末デート行こか。ウチ、アンタに買うて欲しい服があんねん
かめ (自分)
ソレとコレとは話は別やで笑。今月お財布ピンチやから、もしアンタに服買うたらオレはアンタの”腰巾着”になってまうで
Aさん
またうまいこと言うたなぁ笑。でもデートには行こな^^
かめ (自分)
せやな。今週末は研究室に行かんよう注意するわ

 

博士修了後は何をするの?

Aさん
ところでアンタさ、めでたく博士号を取ったら何をやるつもりなん?
かめ (自分)
う~ん、とりあえず1年ぐらい放浪しようかと思うとる
Aさん
…真面目に答えてくれるか? (ガチギレ)
かめ (自分)
おぉ…すまんすまん(怖い怖い)。博士修了後はな、民間企業の研究所で企業研究者になるか | 国の研究開発法人 (国研と略す)で研究者になるか、このどちらかの道を考えとるで
Aさん
あ、そうなん。てっきり大学に残るんかと思うとったよ。毎日大学へ行くぐらいやから、アンタ、大学の雰囲気好きなんやろ?アカデミアに進む気持ちはないんか?
かめ (自分)
大学はめちゃくちゃ好きなんやが、大学の教員になりたいとはあまり思えへんな。ていうのも、普段から見てて思うけど、大学の先生って、土日も出勤せな仕事終わらんぐらいめちゃめちゃ忙しそうやねん。いくら研究が大好きでも、アレだけ忙しい生活を一生続けたら絶対体壊してまうわ。それにオレは生まれつきストレスをため込みやすい体質やし、仕事に忙殺されてリラックスする暇がほとんどない大学教員職はあんま向いとらんって思うねんな
Aさん
なるほどな。でもセンセイって給料はえぇんちゃうん?センセイっていっつもえぇ時計着けとるやん^^
かめ (自分)
教授にでもなれれば1,000万円以上は貰えるらしいな。でも、教授になれる人なんてほんのごく僅かやで。教授になれへん人と比べたら、むしろ民間企業の方がはるかに貰えるらしいんや。大学院博士了の人間が大手企業に入社したら、順調に役職を駆け上がっていけば40~50代で1,000万円プレイヤーになれるみたいやで
かめ (自分)
まぁ、カネだけが全てとは思わんよ。やり甲斐も超大事やと思うし、オレは人に何かを教えるのが好きやから教員職にも結構魅力を感じとる。せやけど、(労働した分の対価はカネとしてちゃんと受け取りたい)とも結構強く願うてんねん。教員職に就けばそれはおそらく叶わんやろし、そう分かっとる所にわざわざ足を突っ込もうとはどうしても思われへんのや
Aさん
まぁ、そうよなぁ…それに、大学の教員職ってすんごい狭き門らしいやん。一つの公募に10人、多い時は100人以上が応募してきて、その中で競争を勝ち抜いて初めて職をゲットできる。最近は教員職も3年とか5年の任期制になりつつあるみたいやから、(腰を据えて研究をやりたいならどっか他の場所でやった方が良さそう)って素人のウチでも思うもん…
Aさん
そしたらアンタは企業、ないし国の研究所で研究者になるつもりなんやな?現状ではどっちの可能性の方が高いねん?
かめ (自分)
現状では企業:国研 =6 : 4かなと思うとる。いま基礎研究をやっとる訳やけれども、自分の力で市場に商品を送り込みたいとも少なからず思うてん。そうすると基礎研究っていうよりかは応用研究や開発をやる必要があるし、企業ならお金儲けせなアカンから半強制的にそれらの研究に携われるはずなんや。まぁ、企業に入っても「基礎研究やれ」言われたら基礎研究やらなしゃーないけどな笑
かめ
企業には日系と外資があるけども、そこは別にどっちでもいいわ。イギリス留学して(外国の文化の方が働きやすい)思うたら外資に行くんやろうし、(やっぱ日本の風土の方が落ち着くわ~)思うたら日系企業に行くやろなぁ
かめ (自分)
一方で、もし国研に入ろう思うたら、何年かポスドク生活して業績を重ねる必要がある。一度入ってしまえば定年制やから安心して研究を進められるんやが、国研に入るまでのポスドク生活がとんでもなく不安定やねん。給料は目玉飛び出るぐらい安なってまうし、もちろん福利厚生もないから、体調崩したら一巻の終わりなんや。正直、ポスドクになるのはホンマ嫌やねん…
Aさん
ポスドクになるって、アンタの今みたいな限界生活をあと何年も続けるってことやろ?それはちょっと恐ろしいな…
かめ (自分)
それに、国研の採用枠の関係で、いくらオレが「入れてくれ」言うても就職できへん可能性がある。すると延々とポスドク生活を続けることになり、気が付けば35、ひょっとすると40歳まで定職に就けへん可能性がある
Aさん
それでもアンタ、さっき「企業:国研= 6:4」や言うとったやん。どうして国研に入りたいん?
かめ (自分)
一番デカいんは、自分のやりたい研究ができるっちゅう事やな。企業やとどうしても研究対象が会社の方針に縛られてしまうんやが、国研の場合、自分がやりたい研究テーマと国研の募集テーマがだいたい被っとったら大体何でもやってえぇらしいんよ。オレは今、つくばの某・国研に長期出張して研究を進めていっとって、そこでは社会実装を見越した企業との共同プロジェクトとか、数十年後を見越した基礎研究とか、ホンマにいろんな事業が走っとるんや。廊下やカフェでは国籍の違う研究者同士でなんかゴニョゴニョ話しとるし、毎日が刺激的でおもろいんや
Aさん
アンタ、つくばから帰って来るといっつも目ぇキラキラさせとるもんなぁ
かめ (自分)
そうか?つくば、めっちゃ楽しいねん。実の所、博士修了後、ポスドクにならずに済むんなら、ぜひ国研に就職させてもらいたい思うとる。国研に行っても科研費申請書とか論文とか沢山書類を書かなアカンやろうけど、学生の今と違ってそれが仕事なんやったらストレスも我慢できる気がするんや。国研に就職できるように一生懸命研究業績を積み重ねるから、その様子を温かく見守ってくれーや
かめ (自分)
ちなみにオレ、研究費の申請書書くのはなんか知らんけど好きやねん。学振DC1の申請書書く時も自分の研究が創る未来を想像するとワクワクが止まらなくなっておもろかったから、論文書くの辛くても申請書作成が楽しかったら何とかなる気がするんよな
Aさん
アンタの感覚はよう分からんけど、アンタがやりたいことやったらええと思うよ。ウチも家でアンタがニコニコしてくれてた方が楽しいしな^^

 

大学院修了後、博士号をどう活かしていきたい?

Aさん
じゃあ最後に聞くけど、アンタが必死こいて博士号とったら、それをどう使っていこう思うてる?
かめ (自分)
せっかく博士にまでなったなら、オレをそこまで育ててくれた日本に恩返しする形で何かやりたいと思うとる。国の意思決定層に入りこみ、国にとって少しでも利益になる政策を議論して決めていくことにトライしてみたい。あとは、博士号を持ってたら海外の研究者と対等に議論できるらしいから、国際会議に乗り込み、海外の研究者にジャパニーズ・スピリットを見せつけたやろうと考えとる。白人に武士道を叩き込むのがオレに課せられた使命なんやっ!
Aさん
アンタってほんとバカよねぇ~笑
かめ (自分)
おぉ、精神年齢は一生中学生や。人生を楽しむ何よりの秘訣は、中学生時代のアクティブさを失わないことやと考えとるよ
かめ (自分)
ただ、もし歳を重ね、体力的に自分で実験を進めるのが厳しゅうなったら、自分みたいな研究狂を育てるため後進育成をするつもりや。まだ何をやろうか具体的に全く決めていないんやけど、博士号を取っても自分のためだけに使うのは勿体ない話やから、自分が受けたバトンを未来へ繋げる研究者を目指し、これからの長い研究者ライフを楽しもう思うとるで
Aさん
アンタ、仙人みたいなやっちゃなぁ。酒は飲まんわ贅沢もせん、寄り道はせんし本ばっかり読む…ホンマ、安上がりな彼氏やわぁ
かめ (自分)
せやろ?ほな、大事にしぃや~。大事にしてくれへんと、どっか行ってまうかもしれへんで~^^
Aさん
どっかってどこ~?アンタの周り、女子一人もおらんくせに笑
かめ (自分)
くっ…何も言い返せられへんわ。やっと中高一貫男子校卒業した思うたら、また男子校みたいな学科に入ってしもてん。なんや、40人中女子1人って…アンタとの出会いには感謝せにゃあきまへんわ

 

最後に

博士進学に関するアレコレ三部作はこれにて無事閉幕となる。

一人前の研究者として世界で戦っていけるよう、博士課程の3年間で着実に力を蓄えていこうと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA