【Q&A】研究は好き?どうして博士課程へ行くの?大学院博士課程進学に関するアレコレ三部作 (上)

登場人物設定

かめ:自分。博士課程への進学を決めた化学系大学院修士2年生。研究狂。
Aさん:頭の中で描いた仮想彼女。3歳年上。化学系修士卒。化学系メーカー勤務3年目。勝ち気な性格。

 

研究は好き?

Aさん
ねぇねぇ、かめちゃん。アンタ、博士課程へ進学するらしいやん。急にどしたん?この間まで就活しとったのに
かめ (自分)
その事なんやけどな、やっぱ自分、研究が好きなんよ。ブログを書くのも同じなんやけど、自分の手で何かを創造する喜びは何物にも代えがたい。博士課程へ行けばそれをあと3年、しかもほとんど全ての時間を研究に費やせるんやろ?こんな素晴らしいことあるかいな
Aさん
まぁ、アンタが研究しとって楽しそうなんはよう伝わってくるよ。いっつも寝る前はなんかよう分からん紙を独り言つぶやいてニヤニヤしながら読んどるし…笑
かめ (自分)
それ論文や!エロ本ちゃうで笑
Aさん
土日はデートの約束すっぽかしてどっか行ってしまうし…
かめ (自分)
すまん。つい大学の研究室に行ってしもうて…
Aさん
二人で一緒に寝とる時も時々「電池」とか「リチウム」とか言っとるし…
かめ (自分)
時々研究の夢を見ることがあるんよな。寝言うるさくてホンマすまん
Aさん
だいたい誰や、”リチウム”って!もしかしてアンタ、浮気しとるんちゃうか?!一回スマホ見せてみ!リチウムちゃんとの2ショット写真、撮ってんのと違うか?

ー彼女に大変美しい電析リチウムの光学顕微鏡写真 (×1,000)を見せるー

かめ (自分)
ほら、浮気なんかしとらんやろ?確かに2ショット写真を撮ったこともあるけど、リチウム言うたら人間やなくて金属やからOKやろ?
Aさん
…アンタ、どんだけ研究好きやねん。誰が金属と2ショット撮るんよ笑
かめ (自分)
オレよ
Aさん
しかもアンタ、アタシとの写真よりリチウムちゃんとの写真の方が多いじゃないの!アタシの写真が20枚ぐらいしかないのに、リチウムちゃんとは1000枚以上も撮ってるじゃないの!コレどういうこと?やっぱアンタ、浮気してるじゃないっ!
かめ (自分)
金属と写真撮るぐらいえぇやないか。そもそもアンタ、オレがカメラ向けたら「恥ずかしいぃ」言うて逃げるやんか笑
Aさん
うるさい。アカン、ウチ怒った。スマホ貸して
かめ (自分)
おぉ、えぇけど…って何するんや笑!折るな折るな折るな折るな折

バキッ

Aさん
ねぇねぇ。アタシとリチウム、どっちが大事?
かめ (自分)
折ってから聞くな…スマホの方が大事や…泣
Aさん
あっごめん…ついカッとなって折ってしもた…
かめ (自分)
ホンマも~、可愛い奴やなぁ。これからはもうちょっとアンタとの時間を大事にするわ

 

どうして博士課程へ進学するの?

Aさん
スマホ折ってごめんな。今後ボーナス出たら弁償してあげる
かめ (自分)
それまで3か月、どうやって生きていったらえぇんや…
Aさん
で、研究好きなんはどう分かったけど、アンタ、どうして博士課程へ進学するの?
かめ (自分)
おぉ、よう聞いてくれた。オレが博士進学しようと思うたんは3つ理由があるんや。
Aさん
その話し方、めっちゃコンサルっぽいな笑
かめ (自分)
うるさい笑。一つ目はオレの大好きなリチウムちゃん、特にリチウムイオン電池ちゃんについてもっとよく知りたいから
Aさん
アンタ、やっぱ浮気するつも…
かめ (自分)
ちゃうて笑。オレは昔から化学が大好きで、化学を使って作られとる製品の中でも”電池”に強い興味を持ったんや。ていうのも、電池は色々な部品のコンビネーションの元で動作するからそれらのバランスについて頭を悩ませる必要があるし、絶妙にバランスの取れた”電池”っちゅう『芸術作品』にとんでもなく惹かれていったわけなんや
Aさん
なるほどなぁ
かめ (自分)
電池に興味を持ったんが大学1年次の時で、そっからずっと電池について勉強・研究したいと願うとった。で、その念願が叶って今の研究室に配属され、実際に化学実験してみてますます楽しくなっていったんや
Aさん
分かるわぁ、その気持ち
かめ (自分)
せやろ?正直、アンタみたいに修士で大学院を出て化学メーカーに行くのでも良かったんや。でも、就活の時に「会社やと基本的には企業の利益になるような研究しかできん」って聞いて、(ちょっと待てよ)って思うたんや
かめ (自分)
オレがやりたいのはいつ実用化に繋がるか分からんような基礎研究やねん。50年後の未来のため種まきをして、未来人の幸福を願って死にたいんや。まぁ、すぐ社会の役に立つに越したことはないんじゃけど、”役に立つ”を追求した結果が今の日本のこのザマやろ?役に立つ研究はアンタみたいな優秀な企業の人がしっかりやってくれるから、オレはもうしばらく、大学で”役に立たない”を追求していこうと思うわ
Aさん
やっぱアンタ、変人やな。せやから好きになったんやけど
かめ (自分)
ありがとな(*≧∀≦*)。2つ目の理由は、長期留学で己の限界に挑戦し、弱い自分を徹底的に叩き潰したいからや。自分は今まで自分が有利に戦える場所でだけ戦ってきたけど、逃げ回ってきたせいでたくさんの後悔を味わってきた。もうそんな生き方はしたくないし、もうちょっと胸を張って生きていきたいから、ここらで一度、弱い自分と対峙 (退治)する必要がある思うたんや
Aさん
うまいこと言うたな笑
かめ (自分)
せやろ笑。何の縁か分からんが、オレの指導教員の指導教員がオックスフォードやケンブリッジ大学の先生と知り合いらしく、イギリスの研究室へ長期留学できるかもしれんねん。そのチャンスを活用し、博士在学中にイギリスへ行く。逃げ場のないイギリスで超エリートに揉まれ、言語面や研究面などあらゆる面で叩き潰され、自分をあえて限界の境地に追い込もうと思う
Aさん
それ、めっちゃしんどいんちゃう…?
かめ (自分)
まぁ、せやろな。イギリスへ行く目的はもう一つある。オレ、こう見えてめっちゃ負けず嫌いなんやけど、そのせいでいっつも(○○に負けて悔しい/○○が羨ましい)って他人に振り回されてばかりやねん。そうやって思うのは”もしかしたら自分も努力すればコイツに勝てる可能性がある”と身の程をわきまえず思ってしまうからなんやが、オックスフォードやケンブリッジには自分がどうやっても勝てんすごい奴が仰山おるはずやねん
かめ (自分)
するとオレはきっと、他者との比較ではなく”自分なりの幸せ”を求めて思考を巡らし始めると思う。そうでもせんと、1年間の留学中にメンタルをやられてしまうからな。限界の境地で(自分はどう在りたいのか・残りの人生で後世に何を継承したいのか?)と考え続け、身の丈に合った幸福観を確立したい。日本に帰国後はその価値観でもって行動し、少しでも人生が楽しくなればいいなと願っとるわ
Aさん
アンタもちゃらんぽらんに見えて、いろいろ悩みを抱えとったんやな…。そういえばウチの会社、イギリス支社があんねん。もしアンタがイギリス留学することになったら、あたし、イギリス転勤してアンタについて行くから
かめ (自分)
ホンマに?!そりゃめっちゃ嬉しいわ。今日でフラれるんちゃうか思うて覚悟しとったのに
Aさん
アンタ一人でイギリスに行かせられるか、アホ。で、留学にかかるお金は目処立ってるの?
かめ (自分)
大丈夫や。いま学振DC1に応募しとって、それに当たったら月20万+年間100万前後のお金が入る。もしそれに外れても、フェローシップやらRAの給料やらでそれと同額のお金を集められる。博士で申し込むJASSOのローンは最後の手段やねんけど、無利子の奴なら月12万円借りられるから、もしお金が不足しそうなら最悪ソレを使うつもりや
Aさん
もしお金が足らんかったら、その分はアタシが払うてあげる
かめ (自分)
ありがとう。一生ひもにならせて頂きます…
Aさん
それは嫌や笑 (まぁ、えぇけど)。で、最後の理由は?
かめ (自分)
最後の理由は、博士課程の3年間で自分なりの人生哲学を構築したいからや。今までの自分は”他人と違うこと”を何よりも大切にして生きてきたんじゃが、それにこだわりすぎた結果、他人の言動に右往左往する人生を過ごしてきてしまっていた
かめ (自分)
オレがフラフラ生きてきちゃったのは、自分の中に”これがえぇんじゃ!”っていう芯が何もなかったやと考えてる。内面から湧き出る想いを重視せず、外面を飾ることばかり考えて生きてしまっていた。ホンマに考えなくちゃならなかったのはそんなことじゃなくて、”自分がどう在りたいか”っていう内面的な話だったはずやねん。自由に使える時間を手に入れて、生き方をもう一度考えてみたい…だからオレは博士課程へ進学するんや
Aさん
博士号って海外ではPh. D. (哲学博士)って言われてるし、要はアンタ、人生哲学を構築したいわけやな?
かめ (自分)
せや。もちろん研究を一生懸命やる事は大前提や。その上で、実験の休憩時間やイギリス留学中に今言ったようなことをたっくさん考えてみたいと思う
かめ (自分)
今の自分は”何者かになりたい自分A”と”ありのままでいたい自分B”に両手を掴まれ引き裂かれそうになっている状況や。博士課程の3年間で自分A/Bの最大公約数を見つけ出し、どうにかバランスをとることで心に調和と平穏をもたらし、アンタが言ったような哲学博士になってやりたいと強く強く想ってるんや
Aさん
よう分かったわ。アンタのこと、応援してるで。困った時は遠慮せず頼るんやで
かめ (自分)
ホンマありがとう。博士論文の謝辞にはアンタの名前も書くからな…
Aさん
それは恥ずかしいからやめてくれ笑。博論ってWEB上で見られるらしいから、アンタのアホみたいな愛の叫びを全世界公開されたらたまらんわ
かめ (自分)
確かにせやな、やめとくわ

 

次回予告

博士進学のアレコレに関する三部作 (上)は以上である。

中編では

  1. 博士課程での目標
  2. 博士課程で伸ばしたい/身に付けたいスキル
  3. 授業料や留学費の目処は? (前述の話より細かい内容)

この3つについて書いていく。

【Q&A】博士課程での目標は?お金の目処は?大学院博士課程進学に関するアレコレ三部作 (中)

2022-07-27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA