91 ビュー

【極限環境】研究でドライルーム(Dry Room)内にて作業する人あるある5選

私は札幌に住む現役理系大学院生である。

つくばの国立研究所にて次世代リチウム蓄電池の研究を行っている。

この記事では、私が研究時間の大半を過ごすドライルーム(Dry Room, 乾燥室)に関する5つのあるあるをご紹介する。

  • 現在、電池関係の研究をしている方
  • 就職等で今後ドライルーム/クリーンルームにて活動する予定のある学生さん

こうした方々にピッタリな内容なので、ぜひ最後までご覧いただきたいと思っている。

なお、いきなり「ドライルーム」と言われても

かわいいお姉さん
何それ、おいしいの?

とサッパリだと思うのである。

そこで、この記事では、”ドライルームとは何か?”を説明するところから始めていこうと考えている。

 

それではさっそく始めよう。

ドライルームとは、めちゃくちゃ乾燥した部屋のこと

ドライルームとは非常に乾燥した作業スペースのことである。

H₂O (gas)が凝結してH₂O (liq)になる温度を露点といい、ドライルームでは露点が-50 ℃以下と非常に低い状態が保たれている。

なぜこのような施設が必要かというと、蓄電池材料の電極(リチウムやナトリウム)を変質させずに取り扱うためである。

リチウムは水分と反応して酸化リチウムLi₂Oや水酸化リチウムLiOHに変質してしまいやすく、大気中での取り扱いが不可能なので、ドライルーム内で実験することにより電極へのダメージを最小限に抑えつつ研究を進められるというわけである。

なお、ドライルームと似たような設備としてグローブボックスなるものが存在する。

私もグローブボックスを扱うのだが、両者の違いは

  1. 手足を動かせる自由度(ドライルームの方が圧倒的に良い)
  2. 露点(グローブボックス-90 ℃ vs. ドライルーム-50 ℃)
  3. 服装(グローブボックス:私服 vs. ドライルーム:つなぎ)

この3点だと考えている。

個人的には手足の自由がある方がイライラしなくて済むため、ドライルームを主な実験フィールドとして位置付けている。

とはいえ、水分の少ない環境は圧倒的にグローブボックス内のため、溶液調合だけはグローブボックスで実行し、実験セルの組み立てや実験についてはドライルーム内で進めさせてもらっている。

 

ドライルームについて解説した所で、次はお待ちかねのドライルームあるあるを5つご紹介する。

2 件のコメント

  • はじめまして。
    楽しく拝見させていただきました。
    ドライルームを作っているメーカーのものなのですが、エンドユーザーの貴重な声を聞くことができ、今後のルーム設計の参考にさせていただきたいと思います。

    • 渡邊さん、コメントありがとうございます。

      お役に立てて光栄です(*≧∀≦*)
      これからもドライルーム内で沢山作業していくので、また何か思いついたことがあれば、記事にまとめて公開したいと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA