後悔しないため、大学院修士1年次の間に必ずやっておいて欲しい4つのこと

私は札幌に住む現役理系大学院生である。

2022年4月より大学院修士2年次となり、また一つ大人の階段を昇った形である。

この記事では、大学院修士1年次(M1)の間にやっておきたい4つのこについて解説していく。

本記事の内容に関しては私が”完全に”できたとは言い難く、日々の過ごし方について若干後悔している点もあるため、後輩に私と同様の後悔をして欲しくないため、この記事を作成しようと思い立った。

ターゲットは

  • いままさに修士1年次の人
  • 研究室生活を始めたばかりの学部4年次の人

こうした方々を想定している。

上記に限らず、研究室生活の質をより良くしたい全ての方にピッタリな内容なので、ぜひ最後までご覧頂きたいと思っている。

 

それではさっそく始めよう。

研究が好きなのか、作業が好きなのか、よ~く見極めておくこと

まず必ずやって欲しいのは、自分は研究が好きなのか、それとも作業が好きなのか、この点についてよ~く見極めておくこと(以下、”命題A”とする)である。

言い換えると、”頭”を使うのが好きか、”手”を動かすのが好きか、一度立ち止まって確認しておいて欲しいということである。

博士進学検討者はもちろん、修士卒業後に就職を希望している人も、命題Aについて必ず一度考えておくべきである。

というのも、コレをうっかり見誤れば、如何なる進路に進んでも苦しくなってしまうからである。

たとえば”本当は研究が嫌いだけど好きだと誤認している博士進学者”がいた場合、その人はきっと、作業に行きつくまでの研究課題を発見する段階で挫折してしまうに違いない。

研究は研究課題の設定が一番の難関であるため、頭を使うのが苦手ならば作業に入ることすら叶わないのである。

一方で、”本当は研究が好きだが(自分は研究が向いていない)と誤認している就職者”がいた場合、創造性を要求されない職に就き、つまらない毎日を過ごす羽目になるだろう。

もしかしたら企業の研究職に就いた方が幸せだったかもしれないのに、大学院在学中に自分の長所を読み違えた結果、人生が退屈な悲劇へと変わるというからくりである。

 

私の場合、研究室に入りたての学部4年次には(自分に研究など向いていない…)と考えていた。

  1. 何となく頭を使うことに苦手意識があったから
  2. 0→1よりも1→10の方が得意だという自負があったから

以上2つの理由から、”絶対に修士で就職してやろう”と固く決意していたほどである。

しかし、研究を進めるにあたり強制的に頭を使い、少しずつ研究の要領を掴んできたようだ。

頭の使い方のパターンをいくつか習得したおかげで深く思考できるようになったし、実験に関しても(どうやったらもっと効率よく実験セルを作れるかな…?)と考えた結果、工程が大幅に改善された。

このように、研究が向いていないと思っていても、研究を好きになれる可能性がある

私はM1に命題Aについて四六時中考え続け、とりあえず研究に没頭してみた結果”研究が大好きだ”と分かったため、みなさんも時間の許す限り考えてみて、各々スッキリと決断して頂きたいと思っている。

 

隣の芝を羨まず、自分の芝をまず育てること

次にやってほしいのは、自分の実力を伸ばす事である。

誰かの足を引っ張ったり羨んだりするのではなく、まずは自分の立つ土台をしっかりと固めて貰いたいのである

M1になると、同級生の中でも少しずつ差が付き始めてくる。

研究の進捗度合いはもちろんのこと、学会賞や論文投稿といった実績面でも徐々にリードが広がってくる。

自分がリードしている側なら良いのである。

これまでの努力を継続し、着実に成長していけば大丈夫である。

その一方、リードされている側には焦りが生じる。

  • なんでアイツだけチヤホヤされるんだ…!
  • どうして自分は成果が出ないんだ…!

などと、研究へ真剣に挑んでいればいるほど心がモヤモヤしてくるはずである。

 

苦境に立たされると人はみな、隣の芝が青く見え出す。

他人が羨ましくてたまらなくなり、自分の持つ資源を粗末に扱ってしまう。

自分の芝を育てられない人間は懲罰として神様から見放されてしまうし、そうなるとますますツキが回ってこなくなる。

もし結果を残したいなら、目移りしたいのをグッとこらえ、自分の芝を育てることが重要である。

なお、私自身はリードしている側の人間である。

ただ、最初からそうだったわけではなく、起きている時間を全て研究に捧げることで、圧倒的リードを築いた形である。

しかも、本来研究室でやりたかった実験テーマを同級生に譲り、学部4年次の1年間は研究室へ行くのも苦痛だったほどである。

一時は研究室を辞めることも考えていたものの、(ココで諦めてたまるか!)と奮起し、前述の通り超長時間研究に打ち込んだ所、Nature級の成果を生み出すに至った。

2 件のコメント

    • natsukiさん、コメントありがとうございます。

      もしお相手がいらっしゃるようなら、恋愛は是非是非して頂きたいです。
      ゼミや実験では得難い学びが恋人から沢山得られますし、恋ほど人間の精神を成熟させてくれるものは他にないのではないかと考えています。
      「どうやったら彼女ができますか?」なんて聞かないでくださいね。私だって知りたいのですから笑

      natsukiさんのご健闘をお祈りします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|FP&日商簿記3級|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文3報(電気化学)|月間収益3,000円/2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。