【電撃戦】就活体験記三部作 修士編(下)

先日、就活体験記三部作の中編を投稿した。

【電撃戦】就活体験記三部作 修士編(中)

2022-04-09

今回は最終回として、最終面接をめぐるアレコレについて色々と記していこうと思う。

以下では、面接を受けに行った企業をB社と記す。

面接対策

履歴書(CV)とエントリーシート(ES)を作成する前に、こんな面接の流れなら内定をもらえるであろうという理想のシナリオ作りに注力した。

面接は基本的に面接官の質問に答える形式で進むのだが、質問はCVやESの内容を題材になされるため、書類をこだわって作れば面接官を所望の質問をさせるように誘導させられ、面接をシナリオ通りに進めることが可能なのである。

私としては、特に趣味の部分に強みがあった。

  • 大学入学と同時に自発的にランニングを始め
  • 練習法や食事法という答えのない問いに真正面から取り組み
  • 練習時間をねん出すべく、徹底した自己管理能力でもって早起きを習慣化し
  • “走力アップ”という目に見える成果が出るまで継続的に努力を重ね
  • 当初の目標であったマラソン3時間切りを実際に達成
  • 向上心でもってさらに目標を引き上げ、2年後に2時間47分まで自己ベストを引き上げ
  • 現在は健康増進のため引き続きランニングしている

このように、私は趣味だけでこれほどのアピールポイントがあったのである。

趣味についてたくさん質問してほしかったので、”あえて”詳しい情報を記載しなかった。

そして、志望動機やガクチカに関しては頑張って詳しく記載して、あまり質問をされないように誘導した。

なお、私は面接というものについて、”自分が如何にB社にとって必要な人材か”を教えてあげるための時間と認識していた。

相手に採用/不採用の決定権を委ねるのではなく、(アイツを雇わなきゃ後悔するわ)と面接官を洗脳するのが主目的だったため、カチコチに緊張している場合ではなく、肩の力を抜いて相手に悟すつもりで面接に臨んでいた。

【勝率100%】就活で提出した履歴書を大公開!書き方について解説します(前編)

2022-03-23

【就活】採用面接を通過・攻略するために必要な3つの考え方について

2022-04-03

 

3/12(面接前々日, 土曜日):初めての工場見学

面接の2日前、B社の工場へと足を運んだ。

今までずっとオンラインでの就活だったため、実際に人が働いている場所で雰囲気を味わえて本当に有意義な時間を過ごすことができた。

B社が幅広い業界を下支えできる秘訣をたっぷりと教えてもらい、より高い視座で物事を鳥瞰する重要性をひしひしと感じさせられた。

また、B社は思っていたより規模感が大きく、税金対策のため中小企業のフリをしているだけだと発覚した。(註:コレは非合法ではない)

B社の社員さんの話を聞いていると、自分が大学院で培ってきた知識が職場でダイレクトに活かせそうな感覚があった。

私はいつ役に立つか分からない基礎研究に勤しんでいる訳だが、(そこで得られた知見がこうやって役立つのか!)と、何度もハッとさせられた次第である。

工場見学をさせて頂いた夜は、年齢の近い先輩社員さんと高級料理店でお食事をした。

  • 先輩方の就活の軸について
  • B社の働き心地はどうか?
  • ちゃんと給料はもらっているのか?

など、ぶっちゃけた話をたくさん聞かせてもらった。

(人のカネで食べる飯は格別だなぁ…!!)と思うと同時に、B社の社員さんの温かみを改めて感じた。

大学を離れたら研究力以外にもこうした場でコミュニケーションを取れる事も重要となるだろうし、ただ研究室で研究しているだけでは分からないたくさんの弱点を見つけられた食事会だった。

 

3/13(面接前日, 日曜日):元伊勢参拝

B社は本当に太っ腹である。

というのも、接待費で私の腹を満たしてくれただけでなく、旅費交通費を全額支給してくれ、さらには面接前日にまる一日フリータイムを与えてくれたのである。

折角頂いた時間だから、ここでしかできない事をやろうと思った。

そこで、宿舎からギリギリ往復できる観光名所をスマホで調べ、京都の福知山市にある元伊勢3社(伊勢神宮の神様がもともと鎮座していた場所)へ行く事にした。

 

久々の鉄道旅行という事で、気合を入れて5時に起きた。

始発列車から次々と乗り継ぎ、京都丹波鉄道の”大江高校前”で下車した。

田舎のきれいな空気をゆっくりと吸い、脳内の雑念を勢い良く張った顔面が見る見るうちにほころんでいった。

どうやら京都では花粉が飛び始めているらしく、スギ&ヒノキアレルギーを持つ私の鼻はどんどんむず痒くなっていってしまった。

しかし、元伊勢外宮までたどり着き、荘厳な雰囲気に圧倒されているうちに症状は沈静化していった。

100段ほどの石段を上った先には、以下のような鳥居が立てられていた。

本殿にもお参りし、花粉症を落ち着かせてくれたことに感謝の念をお伝えした。

 

外宮から内宮までは3kmほどあった。

移動手段としては、

  1. 歩く
  2. 20分かけて着た駅に戻り、列車が来るまで40分待つ

この2つの選択肢が考えられた。

私はドケチなランナーのため、0.5秒で①を選んだ。

というより、②を選んでしまったら当日中に宿舎へ帰れないため、歩いて元伊勢内宮を目指すしかなかったのである。

少し早歩きで3km進み、30分程度で内宮前に着いた。

急登に息を切らしながら必死に上を目指していき、登り切った時には汗で背中がビチャビチャだった。

境内に足を踏み入れた時、最初に黒木の鳥居が目についた。

今までこんなに黒々とした鳥居は見たことがなく、その古風な感じに伊勢内宮よりも長い歴史を感じさせらたのであった。

また、本殿にピシッと正対した時、過去にどの神社を訪れた時よりも心が落ち着いているのに気が付いた。

特に、今回の参詣は最終面接前日ということで普段より緊張していたはずなのだが、どうやら伊勢系の神様と私の相性が良いらしく、私に緊張をはるかに上回る落ち着きを与えてくれたのであった。

 

(さぁて、帰ろうかな)と引き返すと、近くに元天の岩戸神社なるものがあると知った。

次に福知山へ行けるのがいつになるか分からないので、「折角なら見ておこうか」と行くことにした。

勾配20%以上の斜面を下っているうちに、少しずつ”ザ~~”と水の落ちる音が聞こえてきた。

その音をたどって進んでいくと、目の前に急に滝つぼが出現した。

肝心の元天の岩戸神社は、なんと崖の上に存在していた。

(一体どうやってあそこに建てたのだろう…?)と不思議に思い、神様の存在を身近に感じた大変貴重な参拝となった。

 

神社から京都丹波鉄道の大江山口内宮駅まで歩いていき、電車が来るまで40分ほど本を読んで待った。

ノロノロと現れた列車に乗り、疲れでウトウトしながら宿舎まで帰った。

10分だけ仮眠を取ったのち、翌日の面接の練習をした。

よくある質問に対する答えを用意したり、それを実際に発声してみたりして、思考回路が円滑に機能するか、入念な確認作業を行った。

【勝率100%】企業の採用面接前にやっておいた5つの事前準備(前編)

2022-03-27

 

3/14(面接当日):B社近所の神社へ参拝→面接

ホテルの朝食サービスを活用し、朝10時ごろ食事を摂った。

ブッフェ形式のため好きなものを食べ放題で、最近摂り足りていなかったワカメを重点的に攻めた。

面接は午後からのスタートだった。

B社がレイトチェックアウト可能にしてくれていたおかげで、面接の2時間前までゆっくりとくつろぐことができた。

B社がくれたタクシー券を使用し、B社へ体力消費ゼロでたどり着いた。

しかし、出発があまりに早かったため面接開始まで1時間以上時間があり、困った私はB社付近の神社へ参拝し、最終面接前最後の必勝祈願をした。

 

面接開始15分前、B社の敷地へと侵入した。

すぐに捕まり応接室へと案内され、貴重品だけ持って面接室へと案内された。

人生で初めての採用面接は、私のシナリオ通りに滞りなく進行した。

私は人前で話すときは少し緊張してしまうのだが、今回はさほど緊張せず、ありのままの自分をしっかりと見せる事ができ、それが面接官の私に対する好印象につながったのではないかと考えている。

【就活】最終面接ハイライト・前編

2022-03-14

 

3/17(面接3日後):内々定

面接から3日後、急にB社から電話が来た。

(なにか悪い事しちゃったかな…?)とおそるおそる電話に出ると、B社の部長による内々定のお電話であった。

人生で初めての内々定、その喜びは格別であった。

大学の研究室で電話を受けたのだが、嬉しさのあまり思わずその場で小躍りしたほどである。

夕方、下宿にB社から内々定書が送られてきた。

本当なら内定承諾書にハンコを押して返送せねばならないのだが、B社の部長から「院試が終わるまでゆっくり考えたら?」と電話で言って貰っていたため、内々定書を神棚に飾り、部屋を勝利の香りで満たすことにしたのであった。

 

最後に

私の就活体験記三部作は以上である。

この記事が後輩の役に立つことを願い、三部作を締めくくろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|FP&日商簿記3級|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文3報(電気化学)|月間収益3,000円/2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。