英語の学年順位が270人中260位から1位になった、嘘みたいな本当の話

私は札幌に住む現役理系大学院生である。

中一最後の英語テストで学年270人中260位という衝撃的な成績をとり、高1最初のテストで学年1位を獲得した。

この記事では、私が英語の成績を爆上げした過程について振り返っていく。

  • 成績が悪いのを何とかしたい人
  • 成績を上げるヒントが欲しい人

こうした方々にピッタリな内容だと思うので、興味のある方はぜひ最後までご覧頂きたいと思っている。

 

それではさっそく始めよう。

中1:そもそも勉強に興味が持てなかった

中学受験を経て中学生になったものの、勉強したくて中学に入った訳ではなかったのである。

通っていた中学を選んだ理由は自由な校風がウリだったからであり、何事にも縛られずのびのびと過ごしたかったから中学受験に挑んだのである。

こうした動機で入った学校で、真面目に勉強できるはずがない。

中学合格のご褒美に買ってもらったPSPが私の友達代わりとなってくれ、起きている間はほとんどゲームをしている有様だった。

ゲーム中毒が悪化して、学校でもゲームをやった経験がある。

昼休憩になると個室トイレへダッシュして、チャイムが鳴る寸前まで狩りに出かけたものである。

 

一度統計を取ってみたのだが、中一時代における勉強時間は一日平均14分だった。

申し訳程度に教科書をパラパラめくり、授業の復習を済ませて14分である。

成績の低さは言わずもがな、中一最初のテストから総合成績は180位/270人だった。

そもそも勉強に興味が持てなかったので成績が悪いのを悔しいとも思わなかったし、授業進が進むにつれて成績が190位→210位と低下していっても何も感じなかったほどである。

中一最後のテストでは、総合順位220位と衝撃的な成績だった。

特に英語は260位(下から11番目…!)であり、ここまでくると流石に親も看過できなかったらしく、成績表が家に送られてきた日の晩、父親から呼び出されて説教された。

 

中1から中2になる春休み:父親とマンツーマンで英語レッスン

ウチの学校には、成績下位の人間だけを集めた勉強合宿、通称セミナー合宿が長期休暇に設けられていた。

私はなぜかそこに呼ばれず、(このままじゃコイツの将来がまずい事になる…)と危惧した親が、家でセミナー合宿のようなものをしてくれた。

私は全教科が苦手科目だったのだが、その中でも特に英語が不得意だった。

そこで、両親との会議により、まずは英語の苦手克服に着手した。

 

勉強を始めるにあたり、父は「コレなんて読むか分かるか?」と言って、一つの単語をノートに書いてくれた。

eye

コレを見た途端、(アンタは自分をバカにしてるのか?)と、非常に腹立たしく感じてしまった。

こんなの誰だって読めるだろうし、もう少し難しい事を教えてもらいたかった。

とはいえeyeの読みを答えなければ先に進めなかったので、

かめ
知っとるわ笑、いうい、やろ?

と返答した。

私が「いうい」と発した途端、両親は揃って大爆笑した。

私は全く訳が分からず、

かめ
アレ?ちゃうかった?そしたら…いぅい、か?

と付け足した。

すると、親は腹を抱えて笑い出した。

父は涙を流しながら「アホか、”アイ”やろ笑!」と私を叱り、自分が如何にアホだったか、一人真面目な顔で反省させられたのである。

これでも一応、小学1年生から小学4年生まで英語を習っていた経験がある。幼児教育が如何に役立たないか、本当によく分かるエピソードである。

 

完全にプライドをへし折られた私は、しぶしぶ父の指導に従った。

 

まずは中学の教科書を父の前で音読し、発音記号の読み方から矯正された。

次に英文和訳する事を求められ(コレは案外楽にクリアした)、その次は父が買ってきてくれた中学英文法の参考書で正しい英語を頭に叩き込んだ。

この3段階を経て中一の期末試験を解き直してみると、解けない問題が何一つなかった。

(今までどうしてこんな簡単な問題を間違えていたのだろう…?)と思うと共に、(ちゃんと勉強すればできるようになるじゃん^^!)と自信をつけた春休みであった。

 

中2:とりあえずテキストの英文を全部覚えた→学年順位20位前後

苦手を克服してから中2に入ると、授業が少し楽しくなった。

相変わらず頭の中はゲーム一色ではあったものの、少なくとも勉強嫌いではなくなっていたから家でも少し勉強するようになった。

一日の勉強時間は14分→60分/dayと格段に伸びたし、授業で私の発音を褒められた結果、嬉しくなって音読練習に熱が入った。

毎日喉が枯れるまでCDの音声に従って音読したおかげで、いつの間にかテキストの英文を全部暗唱できるようになっていた。

学校の定期テストはテキストをベースに作成されるため、テキストを丸暗記していればほぼ全ての問題の答えが分かる。

他の学生は授業で習った英文法に基づいて解を導き出していたようなのだが、私はテキストの該当箇所を思い出す事によって点数を稼ぎ出していた。

中2最初の定期テストでは、英語で260位→110位と大幅ジャンプアップに成功した。

その次のテストでは50位、その次は30位、そして中2最後のテストではなんと20番台にまでのし上がった。

何かひと科目でも成績が上がると、それに釣られて他の科目まで成績が上がる。私の場合、英語と同じく苦手だった数学は、200位(中1)→30位(中2)と爆伸びした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|FP&日商簿記3級|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文3報(電気化学)|月間収益3,000円/2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。