【博士進学希望者対象】クリスマスイブに内定した北大独自のフェローシップについてのQ&A

私は札幌に住む現役理系大学院生である。

このたび、博士課程進学を希望する学生を対象とした北大独自のフェローシップに内定した。

この記事では、自分が内定したフェローシップへの理解を深めるため、自己完結型のQ&Aを繰り広げた。

他の大学のフェローシップも似通った制度だと思うので、北大院生だけではなく他大院の学生にも参考になる内容だと思っている。

 

それでは早速始めよう。

正式名称は?

私が内定したフェローシップの正式名称は、北海道大学アンビシャス博士人材フェローシップ(情報・AI)である。

北大の中央図書館には下半身を切断されたクラーク博士が鎮座しており、そのクラーク博士が札幌を離れる際に吐いた名台詞が本フェローシップの名称にもなっている。

また、末尾に”情報・AI”とついているため情報系だけの支援なのかと思われがちだが、私みたいな材料系の学生も支援対象となっていた。

申請書にも

  • 研究成果の実用化・社会実装に向けた構想・アイディア
  • 自身の専門分野と情報・AI との融合による社会貢献に向けた研究計画

といった項目があるから、情報分野との関連性をこじつけアピールできればどの分野の大学院生にも採択可能性があるという事である。

以下では、本フェローシップを”アンビシャス”と省略する。

 

アンビシャスへの応募を決めたのは締め切り3日前のこと、それまではアンビシャスの存在を知りながらもスルーしてしまっていた。

というのも、私は当初(自分は情報系じゃないから応募できないよな…)と考えており、応募する/しないの前に”自分とは関係がない”と考えていたのである。

しかし、私の愛する指導教員から

教員
かめちゃん、あれ(アンビシャス)には応募しないの?かめちゃんの研究分野は情報とか関係ないけど、そんなの良い感じに書いちゃえばいいんだよ~笑

と言われ、そこでようやく自分にも応募資格があると気付いたのである。

そこから先は大学受験直前期ばりの集中力を発揮し、かなり駄文ながら申請書の項目を書き上げる事ができたのであった。

我が指導教員が「アンビシャスに申請したら?」と言ってくれたのは、アンビシャスが本予算ではなく補正予算に組み込まれていたからである。補正予算のため来年になったら支援策の募集がかからない可能性があり、募集がかかっているうちに生きる術を確保しておいた方が何かと得策だという訳である。

 

私のような例もあるから、理系大学院に通っていらっしゃる方は応募する前から諦めないで欲しい。

将来、あらゆる分野とIT技術がリンクすると言われているので、裏を返せばどのような分野の研究者さんでも今回のような支援策に応募できるであろう。

 

支援内容はどんな感じ?

アンビシャスの支援内容は以下の通りである。

  • 月15万円の研究奨励金(雑所得)
  • 年40万円の研究費
  • 博士在学中の有償インターンシップ
  • 博士取得後のキャリアパス支援

私がまだ把握しきれていない内容もあるかもしれないが、メインは以上のような支援策である。

これを見て(えっ?ショボくない?)と考えるか(やった!お金がもらえる!!)と取るかは人それぞれだと思う。

私の場合は後者であり、学振を取れなかったらJASSOの第一種奨学金とTA&RAで生きて行こうと考えていただけに、(国からお金を出して頂けるのはめちゃくちゃありがたいわ…)と、霞が関に向かって感謝・敬礼した次第である。

ちょっと欲を言わせてもらえるならば、もう少しお金が欲しい所だ。博士学生は”学生”ではなく高度知的労働者だから15万円なら時給換算で最低賃金を余裕で下回っているし、もし学生扱いするなら月々の研究奨励金を非課税にしてもらいたい。

 

また、個人的には博士在学中の有償インターンシップ制度がかなり嬉しい内容である。

というのも、私は博士取得後に一般企業へ就職しようと考えており、

  • 学生と企業をマッチングしてくれればインターン参加までの手間を省けるから
  • 「インターンは選考とは関係ない」と言いつつも絶対に早期選考と関係あるため早目に就職先を決められそうな気がするから

以上2つの理由により、博士取得後の就職への心配が減るのは非常に助かる話なのである。

殿様商売である学振DCとは対照的に、アンビシャスを始めとするフェローシップは国の”博士学生を増やしたい”という意図を明確に感じられる。

財源が税金という事なので、(博士取得後は企業に入って国へ貢献できるよう頑張ろう…!)と身が引き締まる思いであった。

 

申請当時の研究実績はどのぐらい?

私のM1 11月末における研究実績は以下の通りである。

  • 論文2報:筆頭 1報, 3rd 1報
  • 学会5回:国内 4回 (うち全国2回), 国際 1回

 

アンビシャス申請にあたり、研究実績をどれだけ見られていたのかは正直イマイチ分からない。

ただ、研究実績欄はスカスカよりも何か書けた方が良いだろうから、来年フェローシップに申し込む方は少しでも実績を伸ばせるよう、今から積極的に行動して頂きたい。

 

応募倍率は?

驚くなかれ、我が専攻ではジャスト1倍(3人中3人採択)だったそうだ。

私としてはもっと熾烈な争いになると覚悟していただけに、年内にあっさり採択が決まって拍子抜けしている所である。

また、私の代の一学年上はドクター進学者がゼロだったらしい。

したがって倍率も0倍であり、なんと枠が余った形である。

その余った枠を私の代の3名に配分して下されば本当にありがたい。もし月々の所得が倍の30万円になり、研究費も年間80万になれば、修士で就職する人達よりも高所得になっちゃうのである^^(注:現実逃避のためボーナスは加味せず計算した笑)

 

東大や京大などの研究ガチ勢大学ならば、こうしたフェローシップの募集に希望者が殺到すると考えられる。

しかし、北大は両大学と比較して博士に行く人間の割合が低く、その割に支援予定人数が多いので、支援策を受けたい学生がほぼ確実にサポートを受けられる大変素晴らしい環境となっている。

私は大学受験の際に京大に落ち、京大に対するコンプレックスを抱いていた時期もあった。

しかし今は(学内で激烈な競争のある京大に行かなくて済んで良かったなぁ)と思っており、特に競争もなくアンビシャスに内定が決まって心底安堵した次第である。

不思議な事に、私が研究でかかわる人間はほとんど京大出身である。指導教員しかり、つくばの受け入れ研究員しかり、北大生なのに京大スタイル(徹底放置笑)の指導を受けられている。

【自己分析】私はなにゆえ京大農学部に不合格となったのか

2021-05-25

学振とどちらが厚遇なの?

学振とアンビシャスを比較した場合、厚遇なのは間違いなく学振の方である。

  • 学振:研究奨励金月間20万円(給与所得)+研究費年間100万円以上→年額340万円以上
  • アンビシャス:研究奨励金月間15万円(雑所得)+研究費年間40万円→年額220万円

このように、一年では120万円以上、3年間では360万円以上の差が両者の間についてしまう。

加えて、アンビシャスで得られるのは雑所得であるため確定申告をせねばならず、ただでさえ忙しい大学院生活に一つ余計な手間が加わってしまう。

もし授業料や家賃を経費で落とせたり青色申告を利用したりするならアンビシャスの方が納税額が低くなるかもしれないが、手元に残る金額という観点から鑑みれば学振の圧勝だと考えられる。

 

アンビシャスの場合、博士入学後のRA雇用が確約されている。

そのため、もし授業料免除申請に通らなくても、実質支払う授業料はゼロである

風の噂によれば、学振に採択されると授業料免除やRAの申請ができなくなってしまう大学があるらしい。

国公立大学の年間授業料は約53万円だから、授業料を支払いながら学振で生きていく人は240-53=187万円の中で生活のやりくりをする必要があり、自由に使える金額は大学フェローシップとあまり変わらなくなってしまうため、学振が必ずしも厚遇とは言えない場合があるみたいである。

コレは全大学に当てはまる話ではない。ご自身の大学の事情はご自身で事務に問い合わせてみて頂きたい。

 

私はM1の夏にFP3級を受験し、合格したのだが、そこで得られたマネーリテラシーがこんなにすぐ役立つとは全く考えてもいなかった。

逆に、もしFP取得に向けて勉強していなければ今ごろ「やったー!15万円貰える!!」と無邪気に喜んでいて、将来面倒になる事など思いもよらなかっただろうから、あの時一念発起して資格勉強しておいて本当に良かったと思っている。

ファイナンシャルプランナー3級(FP協会)を受検してきた感想と耳寄り情報

2021-09-12

 

他の奨学金との併用は可能?

アンビシャスの場合、可能である。

この記事でたびたび話題にあげている学振ではJASSO第一種奨学金との併給は不可な一方、アンビシャスを含む大学フェローシップでは”可能”と明言されている。

そのため、学振では無理だった奨学金との併給が実現し、もし奨学金返済が全額免除となった場合は月々の収入が27万円となる

コレで博士学生の暮らしぶりも随分と改善するだろうし、私ももし学振に落ちたら奨学金との合わせ技で今より楽に生きて行くつもりである。

博士課程では返済免除となる割合が修士課程よりも多くなる。半額・全額合わせて45%の人間が免除となるため、修士でチャンスを逃した方でも十分免除のチャンスがあるといえる。

【JASSO】大学院修士課程第一種奨学金(在学採用)の使い道

2021-06-25

 

今後の無慈悲なルール改訂により、ひょっとしたらアンビシャスとJASSOとの併給が不可となるかもしれない。

しかし、私としては、せっかく学振と別の制度を設けたのだから、学振とフェローシップが相互に良い影響を及ぼし合い、最終的には学振とJASSOの併給がOKになる方向へ進んで欲しいと考えている。

というのも、現在の博士学生に対する支援策は学振を上限(天井)として設計されているため、学振の一人頭の支援金額が向上しなければ他の支援策の支給金額も向上していかないと思うのである

他の奨学金との併給がダメでも、学振にはせめてバイトOKにしてもらいたい…数十年前と今とでは物価が全然違うのだから、時代に合わせて柔軟にルールを変えていく必要があるだろう。

 

フェローシップだけで生きて行けそう?

アンビシャスはJASSO第一種奨学金との併給が可能であるが、もし奨学金を受け取らなくてもアンビシャスだけで生きていける見込みである

というのも、簡単な胸算用をしてみると⇓

  • 家賃+通信&光熱費:月6.5万円
  • 食費:月最大3万円
  • 書籍代:月1万円
  • その他雑費:月1~2万円

このように、私の出費は支援額15万円の範囲内に余裕で収まっており、税金や保険料を差し引いてもギリギリやっていける金額なのである。

また、私の指導教員は太っ腹なのでつくば出張1週間につき1万円 (給与所得) を支給してくれ、博士課程に入ったら人件費としてさらに支給額を上乗せしてくれるそうだから、学振をとらなくてもアンビシャスだけで十分やっていけそうな感じである。

ひょっとすると月3万円以上の貯金ができる可能性もあり、その場合はM1の8月から始めたつみたてNISAを継続していく。

【資産形成】最近流行りのFIREについて思うこと

2021-10-12

 

学振には応募するの?

学振に採用されずとも生きていけることが分かり、学振採択に向けて鼻息荒く頑張る必要は完全になくなった。

しかし、私は学振に向けて申請書を書き、M2のゴールデンウィーク明けに提出するつもりである。

確かに学振に採択される必要はないのだが、学振に受かるため申請書を書く過程で今後の研究ビジョンを熟考できるだろう。

そして、もし学振に採択されれば私の研究実績欄に学振に受かった旨を記入できるし、JASSOの奨学金返済免除(修士)でも学振採択ポイントが加算されるので、応募しない手はないだろうと考えている。

 

私の同期で博士進学する連中3名のうち1人は、学振DC1に受かりそうなほど優秀な奴である。

彼は修士の奨学金レースにも参加しているため、彼だけ学振採択ポイントが入って私に入らない(学振不提出or落選)となると彼に200万円を持って行かれてしまう。

私は大学院に入って以来、200万円をゲットするためだけにモチベーション高く生活してきた。

もしここで彼に200万を持って行かれたら絶望でしばらく立ち直れないと思うので、奨学金レースに勝つため学振に挑まなくてはならないのである。

もし学振に採択されたら、学振のしがらみを嫌って辞退する可能性がある。別に私はアカデミアに残る気はないし、私以上に”学振”という経歴を必要とする学生へ枠を譲る方べきだとすら考えている。

【博士課程】学振DC1採択のためにやる事5選。特別研究員にオレはなる!!

2021-12-27

 

最後に

私がクリスマスイブに内定をもらった北大独自のフェローシップに関する自己完結型Q&Aは以上である。

この記事が北大生や他大学の院生の役に立つことを願い、文章を締めくくる事にする。

私が博士課程に進学する3つの理由

2021-11-02

4 件のコメント

  • クリスマスの彼女だけは、申請書を書いてお金を得ても、得られなさそうですね…

  • 情報科学院の枠で当フェローシップに採択されたものです!
    自分もDC1を狙っており,偶然このブログを見つけ同学年でここまでしっかりDの金銭状況を見据えてる人がいたのかとめちゃくちゃびっくりしました!
    是非機会があったら研究内容を含め色々お話を聞きたいです!

    • kさん、コメントありがとうございます。同世代の方からコメントして貰えてすごく嬉しいです^^

      DC1採択に向けて頑張りましょう!!
      フェローシップだけでも生活していくことは十分可能ですが、せっかくならもっとお金を頂いて暮らしぶりを向上させた方が良いと思うので、将来のためにいま踏ん張るしかないですね。

      私には情報系の知り合いがいないため、今度ぜひ情報系のお話を聞かせて頂きたいです。
      後日、このメールアドレスから連絡差し上げます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|FP3級|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文3報(電気化学)|月間収益3,000円/2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。