【博士課程】学振DC1採択のためにやる事5選。特別研究員にオレはなる!!

私は札幌に住む現役理系大学院生である。

博士課程進学の決意を固め、年明けからDC1採択のため動き始める予定である。

この記事では、学振DC1をゲットするため行おうと思っている5つの事を書いていく。

頭でイメージしているより文字に起こした方が方策が具体的になると思ったため、記事を書きながら学振採用への具体的戦略を練っていくつもりである。

 

それではさっそく始めよう。

北大独自のフェローシップに内定しました

学振云々の前に断っておかねばならない事がある。

実は先日、博士進学希望者を対象とした北大独自のフェローシップに内定したのである。

私の所属する専攻ではM1/M2それぞれ3名を対象に(月15万+年間研究費40万)×3年の支援策が設けられたのだが、M2の応募者が誰もおらず、私を含むM1も定員の3名しか応募しなかったので、ほぼ自動的にフェローシップへの採択が決定した。

私以外の応募者2名も内定したみたいなので、3人そろってハッピーになれて大変嬉しく思っている。

博士進学にあたり、最も懸念していたのがお金の問題であった。

それが解決しそうな現状を前に、(よかった…)と胸をなでおろしている。

金銭面に漠然とした不安を抱えていたので、博士課程入学から卒業までに必要なお金を計算してみた

2021-09-14

しかし、どうせお金を貰えるならばもっと多額のカネが欲しい。

学振DC1に採択されれば(月20万+年間研究費100万)×3年, 総額1,000万円相当の支援が期待できるため、大金をつかみ取るべく、今からDC1採択に向けてやるべき事を書き記していく。

 

学振DC1採択のためにやる事5選

さて、ここからがこの記事の本編である。

私がDC1採択のためやろうと考えているのは以下の5つの事柄である。

  1. 研究実績のさらなる上積み
  2. 学振or科研費に採用実績のある申請書の熟読
  3. 先行研究の調査&研究ビジョンの具体的な策定
  4. 1月半ばから申請書を書き始める
  5. 善行を積みまくり、勝利の女神を味方につける

以下で一つずつ詳述していく。

 

研究実績の更なる上積み:審査員に(コイツは有能そうだ)と錯覚させるため

まず最初にやるべきは、自分の研究実績をもっと増やすことである。

具体的には、

  1. まもなく査読に回る2.5本目の論文を申請書提出期限のGW明けまでにアクセプトさせること
  2. 3月に出る学会で学会賞を狙うこと

この2点に注力して頑張っていきたい。

①の論文に関しては、今回IF40オーバーの海外雑誌に投稿するため、期限までにアクセプトされれば学振採択の決定打となる

最近の学振申請書からは研究実績を書く欄が消滅したらしいのだが、自分が過去に行ってきた研究を羅列する際に論文をセルフ引用すれば審査員に対しアピールできるだろうから、少しでも執筆実績を稼ぐため査読対応に全力を注ぐべきだと考えている。

また、②の学会賞に関しては、JASSOから借りている第一種奨学金の返済免除にも効いてくる。

全額(200万)免除になるか半額(100万)免除になるかで博士生活の余裕度が大きく変わるはずなので、将来の自分を楽にするため是非とも賞が欲しい所なのである。

【大学院修士課程】日本学生支援機構の第一種奨学金に応募した3つの理由

2021-04-09

 

正直、賞が取れるかどうかは運要素も強い。

だが、運のせいにする前に発表練習や模擬質疑応答などできる事はたくさんあるし、人事(努力)を尽くさないと天命(ご褒美)は絶対に下らないと思っている。

それに加え、私は地頭がさほど良くなくて、中学受験でも大学受験でもちゃんと第一志望に落ちている。

頭の良さでは他の博士進学予定者に引けを取る自覚があるので、泥臭い積み重ねや表には見えない努力を人の何倍もすべきである。

【自己分析】私はなにゆえ京大農学部に不合格となったのか

2021-05-25
ちなみに、学振に採択されれば修士の奨学金レースでも大きくリードできるようである。学振採択を狙って受賞を狙えば奨学金返済免除にもなりやすくなるし、学振に採択されればここでも返済免除ポイントが加算される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA