【学部生向け】研究室生活で必ず役立つ5つの力

私は札幌に住む現役理系大学院生である。

研究室生活は2年目を迎え、修士学生として日々研究に打ち込んでいる。

この記事では、研究室に入って必ず役立つ5つの力について解説していく。

  • これから研究室に所属する新4年生
  • 研究室生活1年目の学生

こうした方々にピッタリな内容だと思うので、ぜひ最後までご覧いただきたいと思っている。

 

それではさっそく始めよう。

研究室生活で必ず役立つ5つの力

研究室生活で必ず役立つのは以下の5つの力である。

  1. 言語化力
  2. 英語力
  3. 継続力
  4. メリハリをつける力
  5. 知的好奇心

それぞれ一つずつ詳述していく。

 

言語化力:全ての力のベースになる

研究室生活で必ず役立つ一つ目の力は言語化力である。

自分が考えている事を思い通りに表現できてようやく、研究のスタートラインに立ったと言えるのである。

というのも、研究はただ実験しておしまいではなく、自身が出した成果を後世に受け継ぐため論文化(特許化)する必要がある。

したがって、実験データから読み取れること・考察できることを言葉にできなくちゃ話にならないし、文系・理系問わず言語化力は必須だと言える。

私は国語が苦手だから理系に進んだのだが、理系に進んだからといって文章表現から逃れられるわけではなかったのであった。大変遺憾である。

 

言語化力は様々な場面で役に立つ。

ずっとうまくいかなかった実験がふとしたタイミングで成功した際”どうして上手くいったのか”を言語化できればその実験の再現性が高まるだろうし、(あ~、なんか辛いなぁ…)と思った時に”何がどう具体的に辛いのか”を言語化できればストレスの解決策を検討できる。

のように、言語化力は高ければ高いほど研究が進捗しやすくなってくる。

この記事をお読みの読者さんは、これから普段の生活において、(コレをどう言い表したら良いか分からない…)という時、モゴモゴ誤魔化さず言語化できるよう踏ん張ってみて頂きたい。

言語化スキルを鍛える方法を様々あるが、私の場合、ブログ執筆によって自然と鍛えられた形である。

ブログを書いていると頻繁に(この気持ちをどう表現したらいいのだろう?)と壁にぶち当たる事があるのだが、YouTubeと違って文章だけで相手に伝えなくてはならないため、「へへへっ笑」と適当に誤魔化していては記事にならず、何が何でも文字に起こす必要がある。

こうして何度も頭を使ううちに少しずつ表現力が向上し、研究を進める際にも役立つ言語化力が手に入った。

もしご自身の言語化力不足を感じていらっしゃるなら、一つの選択肢としてブログ執筆をオススメしたい。

無理にブログを始めなくても、普段人と接する際に”言語化力を鍛える”という意識を持つだけでも随分変わってくるだろう。恋人、上司or同僚など、相手は誰でもよく、意識次第で思考回路は大きく変えていけるのである。

 

英語力:文献検索&論文執筆で役に立つ

研究室生活で必ず役立つ2つ目の力は英語力である。

研究に国境は存在せず、英語がいくら苦手であっても避けては通れぬ道なのである。

まぁ、研究室に外国人がいなければ、英語を話す機会は少ないであろう。

しかし、

  • 自分の研究の先行例を調べるために英語の文献をあたる必要があるし
  • 自身の成果を世界中に知らしめるために英語で論文を書く必要があるし

英語のReading/Writingスキルは全研究者必須といえる。

もし研究者になるつもりがなくても、研究室にいる間は英語から絶対逃れられない。私としては、英語から逃げ続けるよりも、英語と仲良くなって広い世界を見る方が得策じゃないかと考えている。

 

どうも、”英語”と聞くとアレルギー反応が出る日本人が一定の割合で存在するようである。

私も昔は英語が大の苦手だったのでその気持ちがよく分かるのだが、研究で使う英語の文法は大学受験のような複雑なものではなく、専門的な文献のセンテンスの大半は中学生レベルの文法で構成されているため、あまり難しく考える必要はないと思う。

一度その分野でよく使われる専門用語を覚えてしまえば、あとは多少の論理的思考力でどうにか食らいついていけるはず。

逆に、もし中学レベルの英文法が分からなければ専門用語を覚えても何が書いてあるか分からない状態だろうから、英語力に不安のある方はプライドを捨てて中学レベルの英語からをやり直してみるのが近道であろう。

かめ
この参考書は本当におすすめです。私が中学時代に英語の偏差値を40(30→70)上げられたのはこの参考書をパーフェクトにこなしたおかげだと思っています。

 

最近は人工知能の発達によってかなり正確な英文翻訳が可能となった。

だから仮に英語力が皆無でも、翻訳サイトで日本語に翻訳された文章を読めばある程度論文の内容が掴めてしまう。

しかし、日本語には日本語でしか言い表せない表現があるように、英語には英語でしか表現できない内容がある。

したがって、論文の内容を正確に理解するには翻訳サイトにばかり頼ってはダメであり、生の英文を熟読する事によって少しずつ英語力が身に付いていくのだ。

研究を進めるにあたり、TOEICの点数を上げるのはあまり役に立たないと考えている。TOEIC対策するならその時間を使って専門分野の文献を何度も繰り返し読んだ方がよっぽど研究に活かせる英語力を養えると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA