【しんどいんです…】私が宴会に行きたくない5つの理由。忘れたいのは忘年会です。

私は札幌に住む現役理系大学院生である。

実は宴会や飲み会が大の苦手で、今日のとある忘年会は欠席させて頂いた。

この記事では、私が宴会に行きたくない5つの理由について書いていく。

宴会が嫌いな人はもちろん、宴会が嫌いな人の思考回路を知りたい人にピッタリな内容だと思うので、ぜひ最後まで見て貰いたいと思っている。

 

それではさっそく始めよう。

私が宴会に行きたくない5つの理由

私が宴会を避ける理由は以下の5つである。

  1. 酒の力に頼らずとも本音をさらけ出せるから
  2. 人のダークサイドがあらわになるから
  3. 様々な方向から声が聞こえてきて、思考が追いつかなくなってしまうから
  4. 参加費用がべらぼうに高いから(お金相応の価値を見出せないから)
  5. 宴会の翌日、必ず体調が悪くなるから

以下で一つずつ詳述していく。

 

酒などなくとも腹を割って会話できるから

世の中には飲みにケーションなる造語があるらしい。

飲みにケーションとは、ふだん仕事先で顔を合わせている人間と職場を離れてお酒を飲みながらざっくばらんに話す事である。

この言葉を初めて耳にした時、

かめ
えっ?どうしてお酒の力を借りないと本音をさらけ出せないの…?

と全く理解ができなかった。

というのも、私は割と開けっぴろげな性格なので酒などなくても自分をさらけ出せるし、仕事場を離れてまで仕事関係の人間と顔を合わせたいなどとは一切思わないからである。

私としては、仕事時間は仕事時間・プライベートはプライベートと明確に区別をつけたいのである。飲みにケーションに時間を割くより、もうちょっと職場で密に”コミュニケーション”を取ればいいのではないだろうか…?

 

まだ一万歩譲って、気の合う仲間と飲みに行くのであればなんとか我慢できるのである(酒が必要だとは思えないが)。

そして、初めてお会いする人との仲を深めるためになら、むしろ積極的に食事に誘おうという気にもなる(繰り返す、酒は必要ない)。

しかし、仕事以外で顔も見たくない人間と時間を共有させられるのは拷問に等しき苦痛である

また、既に親睦が十分深まっている人と飲みに行くのはあまり意味がないと思うし、そんな時間があるなら家で自己研鑽に励んだ方が何倍マシか分からない

コミュニケーションの場として飲み会に頼る前に、素面で理性的かつ論理的に会話する練習をすべきである。

こうした努力すら怠る人間は、ダイエットにおいてもシックスパッドや怪しげなサプリなどに頼るだろう。

飲み会に行けば行くほどお腹がどんどん膨れていくし、素面でコミュニケーション能力を鍛える機会を喪失してしまうのである。

飲み会で腹を膨らませるぐらいなら、家で筋トレして文字通り腹を割った方が数千億倍も有意義だと思う。

ビール腹を携えた人間を見ていると、どうしても(自己管理ができない人なんだな)と思ってしまう。私はもともとデブであり、今はフルマラソンを2時間47分で走るランナーだから、人間かどうやったら太り、どうやったら痩せるか知りすぎるほどよく存じている。

【サブ50・サブエガ】マラソンを2時間47分で走れるようになった練習法の概略

2021-09-23

 

人のダークサイドがあらわになるから

人間は酒を飲んでいると思っているが、実は人が酒に吞まれているのである。

普段は理性の力で本当の自分を押し隠せていても、虚飾は強大な酒の力によって見事に剝がされてしまう。

私は小さい頃から乗馬をやっており、馬術競技大会後の飲み会で人のダークサイドをこれでもかと見せつけられた。

  • いつもはまともな人なのに、急に上裸になって踊りだす人がいたし
  • 周囲の女性に変な事を言ってド顰蹙を買っている人がいたし

そんな愉快(?)な大人を見て、小学生にして(酒なんて飲むもんじゃないな…)と人生の教訓を得られたのであった。

私の父もよく言っていた、「酒に呑まれるぐらいなら飲まない方がいい」って。酔っぱらって川べりにキャッシュカードを放り投げて帰ってきた父親の発する言葉には何とも形容しがたい説得力を感じる。

 

飲み会とは本来、仕事で蓄積されたストレスを発散するための場であろう。

実際、多くの人は普段の鬱憤を晴らすように大騒ぎをしている一方、私はそうした喧噪から一歩身を引き、人のダークサイドをなるべく見ないようにひたすら数時間耐えているのだ。

ハッキリ言うが、飲み会なんてクソほども面白くない。

私が飲み会で蓄積したストレスは、いったいどこで発散すればいいのだろうか…

飲みにケーションを図るため行われた宴会で、逆に周囲からの評価を下げてしまった人がいるのではなかろうか。

飲みすぎて酒に呑まれて動けなくなってしまったり、破廉恥な振る舞いによって迷惑をかけてしまったりする人が時々いるであろう。

いったい何のために飲み会をやるのか…本末転倒も甚だしく思う。

飲みたいなら家で浴びるほど飲めばいいし、飲みにケーションより仕事を頑張っていれば周囲からの評価も段違いだろうに…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA