【総括】M1の夏季休暇にやった事

私は札幌に住む現役理系大学院生である。

夏休みを無駄にしないため、やるべきことを5つ掲げた。

私がM1の夏にやる事5選

2021-08-20

この記事では、M1の夏季休暇にやったことを総括していく。

前置きはこの程度にして、それでは早速始めていく。

M1の夏季休暇にやった事

専門分野の教科書を1冊読みこんだ

学部4年次に研究室へ入り、今まで様々な知識を吸収してきた。

ただ、知識をあまり整理してこなかったため、脳内のネットワークがそこまで潤滑に作動していない感覚を覚えていた。

どこかでまとまった時間を作り、専門分野の知識を一度整理しておく必要性を感じていた。

そこで、夏休みを利用し、専門分野の教科書1冊を10回ほど通読し、専門分野に関する大まかな基礎事項を確認していった。

created by Rinker
¥2,750 (2021/10/21 08:13:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

自主勉強したおかげで頭の風通しが随分と良くなった。

更に、(そんなの知っているよ笑)とバカにしていた事項についてあまりに無知である点にも思い至った。

今後もこのテキストは事あるごとに確認していくだろう。

また、この1冊だけにとどまらず2冊目,3冊目と読破して、深い知識や研究の種を養成・育成していこうと考えている。

created by Rinker
¥3,190 (2021/10/20 10:43:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

高校物理を復習した

次に、高校範囲の物理学を一通りおさらいした。

使用したテキストは、ブックオフで220円にて購入した良問の風である。

私は化学系大学院生であり、普段あまり物理を使う機会がないため、受験生時代にあれほど一生懸命身につけた物理的思考力がすっかり抜け落ちてしまっているのを夏休み前に痛感していた。

今の研究を進めるだけなら物理の復習をしなくても構わないが、(将来何かの拍子に行き詰ってしまった時に物理の力で壁を打開できるかもしれない)と思ったから物理の復習を行った。

 

物理の復習を済ませた次は、足元を固めるべく高校化学の復習もやる必要がある。

そして、もし時間が許すならば、全く知識のない生物学に関しても最低限勉強しておくべきだろう。

勉強すればするほど自分の無知を実感し、無知を感じるにつれて知的好奇心が指数関数的に増大していく。

かめ
おそらく私は勉強が好きなのだろうな…

こう感じた夏休みであった。

 

ファイナンシャル・プランナー3級に(多分)合格した

お金に関する知識をつけるため、ファイナンシャル・プランナーの試験をターゲットに勉強した。

目標はあくまでもマネーリテラシーを高める事で、その延長線上に”FP3級”という資格取得を掲げていた。

合否の正式発表は10月なのでまだ何とも言えないが、自己採点をしてみたら9割以上は取れていたので合格しているだろうと思う。

全く馴染みのない分野なのでなかなか覚えられず苦労したものの、2か月でどうにか合格ラインを突破出来てホッとしている次第である。

ファイナンシャルプランナー3級(FP協会)を受検してきた感想と耳寄り情報

2021-09-12

 

FPの勉強をしてみて、(知らないって怖いんだなぁ…)とつくづく実感した。

  • 入る保険は何でもいいってわけじゃない事
  • 証券会社が宣伝している投資商品ほど手数料が高くて儲からない事(注:証券会社は儲かる)
  • サラリーマンとして働いたら税金や社会保険料でとんでもないボリュームの税金が課せられる事(働いたら負け笑)

などなど、沢山の重要事項を吸収できた。

逆に、今回勉強しなければ、これらの内容を一切知らずに社会に出ていたのである。

それを想像するだけでゾッとするし、今後もマネーリテラシーを高め続け、(いつか大切な人ができた時にパートナーの生活を楽にしてあげられたらいいなぁ…)と一人で勝手に妄想している。

今は日商簿記3級合格に向けてテキストとにらめっこしている。FPとは違い、簿記はパズル感覚で勉強を進められるので、勉強の楽しさの点では簿記の方が数倍面白く感じられる。

 

英語力を鍛え、第三言語としてインドネシア語に着手した

M1の前期に瞬間英作文トレーニングで英語回路を徹底的に鍛え上げ、

  • 留学生の対応
  • 国際学会における韓国人との討論

これらの機会で英語運用能力にスイッチが入った。

また、大学受験生時代に丸暗記してしまっていた構文集をゼロから理解し直し、ある程度頭に刻み付ける事に成功した。

中学1年から英語を始めてもう12年になるが、英語に関してはそろそろ次の段階に進むべきであろう。

いつまでも知っている文法や構文を眺めていたって仕方がないし、これからは薄い洋書や英字新聞等で生の英語に触れる機会を増やして英語力を鍛えるべきなのであろう。

 

また、英語を話せる人との差別化を図るため、第三言語としてインドネシア語に着手した。

インドネシア語を選んだ理由は「インドネシア語は世界一簡単♪」と言われているためであり、逆にもし仮にインドネシア語すら理解できなければ今後第三言語の習得を諦めようかとすら考えている笑。

【語学】インドネシア語を1か月勉強した成果や感想と今後の方針について

2021-09-18

勉強して2か月目になるが、分かる単語や文章が着実に増加しているのを感じられる。

勉強していて楽しいし、年末までには簡単な日常会話をインドネシア語でこなせるようになっていたい。

 

戦争と平和を読み切った

私の好きなイギリス人作家、サマセット=モームが「世界で一番偉大な小説」と仰っていた戦争と平和を読了した。

4冊・2,800ページある超重厚な作品であり、4冊全部読み終えるのになんと24日も費やした。

【世界文学の最高傑作】トルストイの戦争と平和を24日かけて読んだ感想

2021-09-16

退屈する場面はほとんどなく、作者(トルストイ)の筆力に圧倒され続ける3週間だった。

社会人になったらこのような贅沢な時間の使い方ができないだろうから、学生のうちにこうした世界文学の名作と触れ合い様々な世界観を味わいたいものである。

 

フルマラソンを2時間47分で走り切った

最後に、9月の下旬に一人でフルマラソンを行い、自己ベストを11分半更新する2時間47分50秒でゴールした。

2時間50分切りは、マラソンを始めた時に(まぁ無理やろうけど目標は高いに越したことはないだろうから…)と打ち立てた途方もない壁であった。

キツい練習を積み重ね、ついに努力が報われた。

ゴールした瞬間に待っていたのは、(これでようやく解放される…)という安堵感だった。

マラソンを2時間47分で走り切った感想

2021-09-19

 

【総括】最高の夏休みでした!

私の夏休みにやった事は以上である。

総括すると、本当に濃い2か月間だった。

(主体的に行動するとここまで変われるんだ!)と自らのポテンシャルに自信を持てたし、(これからこんな感じで目標をクリアし続ければどこまで高みを目指せるのだろう?)と限界への探求心にも火がついてしまった。

かめ
さらば、最高の夏休み。今年はまだまだ終わらないぞ。

私のアオハルはまだ始まったばかりである。

 

以上です。

ABOUTこの記事をかいた人

馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文2報(電気化学)|月間2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。