私の半生(覚醒した中学時代)

中一~中二

基本的ないじめの構図は小学校と同様だった。

既に極端なデブからは脱却していたためデブいじめは収束した一方で、今度はケツ顎でもないのに”ケツ顎”呼ばわりされたり、ゲームでチートを使ってもいないのに「チート野郎」と言われたりして、本当にどうでもいい些細な事柄でいちいち難癖を付けられていた

一番厄介だったのが、小学校で私をいじめていたある一人の人間が、本当は自分がやった事なのに「小学校時代にアイツから嫌がらせをされ続けたのだ」とクラス中に言って回った事である。

加害者と被害者を目の前でぐいっと捻じ曲げられた光景には愕然としてしまって一言も言い返せず、おまけにクラスで(アイツはいじめられて当然だ)という雰囲気が形成されて私の周りに誰一人として味方が存在しなくなった

いじめっ子を無視できたなら一番良かったのだろうと思う。いちいち気にして落ち込んでいたから執拗にいじめられ続けたのである。

 

そんな辛い状況でも生きて行けたのは、週末に通っていた乗馬のおかげである。

どれだけこっぴどく痛めつけられても乗馬クラブには私の居場所がちゃんとあったし、(もう死にたい…)と思って泣きそうになりながら好きな馬を触りに行けばその馬は必ず私をモフモフして癒してくれた。

学校での勉強は全く頑張らなかったが、乗馬クラブでの乗馬は本当に熱心に頑張れた。

この当時の将来の夢は、乗馬クラブのインストラクターになる事だった。

 

いじめをひたすら耐えしのいでいると、中学2年の12月にいじめが終わった

少し経ってから「どうしていじめを辞めたんだ?」と犯人たちに聞いてみると、

  1. いじめるのに飽きたから
  2. 自分たちが悪い事をしていると気が付いたから

この2つが理由だと発覚した。

随分身勝手なものだなぁと苦笑しつつ、いじめを終わらせてくれた事を心から神に感謝した。

ようやく学校が嫌な場ではなくなり、そこから成績が急上昇していった。

全科目の総合成績が学年順位250/270→21/270にアップした。

 

中三

いじめ期間中に乗馬の腕を磨いたおかげで随分とスキルが向上した。

すると、乗馬を終えたある日の夕方、私は乗馬の師匠から駐車場裏へ呼び出され、その場の成り行きで国体を目指す事になった。

最初師匠から「国体を目指さないか?」と言われた時はちょっと何言っているか分からないんですけど状態だったが、師匠に”国体を目指せる見込みがある”と認められてなんだか嬉しい気分だった。

国体出場を目指して今まで以上にハードに練習し、練習の甲斐あって予選を潜り抜けて無事に出場枠の確保に成功した。

 

私は中高一貫校に通っていた。

中学から高校へはエスカレーターで上がれたため、中学3年生の夏といえども進学に恐々とする必要は一切なかった。

そのメリットを存分に活かすべく、中三の夏休みはほぼ毎日乗馬クラブへ通い詰めた。

スタッフと同じ時間に通勤(?)し、馬の部屋掃除や水やり/餌やりを手伝い、そのお礼という形で一日8頭ぐらい乗馬させてもらって修行に励んでいたのであった。

 

世の中には「量と質ではどちらが重要か」という議論がある。

私が中三の夏に学んだのは、”圧倒的に量をこなすと少しずつ質も高まってくる”という教訓であった。

沢山馬へ乗っていくうちにおぼろげながら上達のポイントが分かってきたし、量なくして質の向上など見込めるはずがないと感じるようになった。

日焼けや打撲と引き換えに、私は14歳にして人生の指標を手に入れられた。

 

そしていよいよ国体本番。

めちゃくちゃ練習したおかげで失敗する気がしなかったし、事実、本番でも思い描いていた走行ができた。

私は国体初出場で初優勝した。

表彰台の最上段から見た世界は地上と全く違って見えた。

 

乗馬成績の向上に引っ張られる形で学業の成績も向上してきた。

中三では基本的に数学で学年1位、全教科の総合成績も15位前後と安定して好成績を残せていた。

何か自分に合った勉強法を見つけたわけではないし、そうかといって学校の授業を熱心に聞くようになったわけでもない。

いったい何が起こったのか、私にもホントの所はよく分からない。

 

辛いいじめをやり過ごし、国体優勝まで経験した中学時代。

果たして高校時代はどうなるのか、それは次の章のお楽しみである。

私の半生(青春とどん底の高校・浪人時代)

2021-09-06

ABOUTこの記事をかいた人

馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文2報(電気化学)|月間2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。