【秘技伝授】研究室の雑誌会(論文紹介)を平和に終わらせる5ステップ

私は現役北大院生(修士)である。

今週火曜、研究室のゼミで自分の担当回である雑誌会(論文紹介)を無事に閉幕させてきた。

B4後期の雑誌会ではかなり突っ込まれて満身創痍になっていた一方、M1になった今では完全勝利とまでは行かないもののほぼ無傷で教授陣の分厚い壁を突破することができた。

入念な準備が功を奏し、私はいま自分の胸を何度も撫でおろしている真っ最中である。

 

この記事では、雑誌会を平和に乗り越える私なりの方法を皆さんにご紹介していく。

私のメソッドが完全無欠であるとは決して思っていないが、雑誌会を間近に控えた学生に何らかの示唆を与えられたらうれしいなという思いでこの記事を作成した。

 

それでは早速始めよう。

 

雑誌会(論文紹介)を乗り切る5ステップ

雑誌会を無事に乗り越えるためには以下の5つの段階を順に踏んでいくべきだ。

  1. 論文を選ぶステップ
  2. 論文を深く理解するステップ
  3. プレゼン用スライドを作るステップ
  4. 発表練習を行うステップ
  5. 当日に向けて体調を整えるステップ

以下では各段階について詳述していく。

 

4~3週間前:紹介する論文を慎重に選ぶ

第一段階は論文を選ぶステップだ。

最初に道を踏み外してしまうといくら頑張っても挽回できないから、この記事の読者さんには慎重に慎重に紹介用の論文を選んでもらいたい。

  • 自分の中で咀嚼できるか否か
  • 論文の流れは自然であるか
  • 主張の論拠に違和感はないか
  • 紹介するのに適切なボリュームであるか

こうした点に注意して論文を選択するよう、くれぐれもお願い申し上げます。

 

読者さんの中には、自分の専門分野と異なる領域の論文紹介に挑戦しようとするストイックな方がいらっしゃるかもしれない。

それは本当に凄いと思うし、広い視野を得るためには必要な事なのかもしれないが、”炎上を回避する”という観点からはあまりオススメできず、むしろ避けた方が無難な危険行為である。

なぜならば、専門領域では今までの積み重ねのおかげで知識がある&実験手法にも馴染みがあるのに対し、異分野には知識の蓄積がないため非常に多くの労力を割かねばならず大変であり、限られた時間の範囲内で深く理解できるかどうかも定かではないので雑誌会を平和裏に終わらせるシナリオがなかなか見えてこないからである。

異分野の勉強は雑誌会以外でもできるから、

  • 雑誌会は雑誌会
  • 視野を広げるための勉強はまた別の時間で

といった風に割り切り、まずは雑誌会の閉幕を目指して普段の実験内容に最も関係している論文を選ぶことを推奨しておく。

 

3~2週間前:自力で読み、その後、翻訳機やネットを駆使して内容を完全理解する

次に、選んだ論文を読む第二ステップに入る。

この段階において重要なのが、まずは翻訳機を使用せずに読んでみる事である。

私自身の経験上、いきなり翻訳機を使って日本語で読んだ論文よりも英語で苦労して読んだ論文の方が後々まで記憶に残る確率や理解度が段違いに高い。

英語での読解は一見遠回りに見えて実は近道なので、皆さんにもまずは翻訳機無しでの論文読破に挑戦してみて頂きたい。

雑誌会を乗り越えるにあたって重要になるのが、論文の細部まで丁寧に理解する事である。

いきなり日本語で読んでしまうと英語でしか伝えられないニュアンスを誤解してしまうリスクがあるため、まずは英語での読解をオススメしている。

 

英語のままで読んでみると、きっと分からない専門用語や文章に出くわすだろう。

ここでようやく翻訳機の出番。Google翻訳Shaper→DeepLの合わせ技で、分からない言葉の意味を快刀乱麻に調査・解決して頂きたい。

日本語になった途端に見晴らしが良くなっただろうから、この勢いで論文内容の完全理解も行ってしまおう。

実験データの考察はもちろん、装置の測定原理や背景など根本的な部分も疎かにせず丁寧に拾い上げていくと、一層くっきりと雑誌会の平和的終了が見えてくるだろう。

 

2週間前:雑誌会用スライドを作り始め、作りながら湧き上がってきた疑問点を一つずつ潰していく

第三ステップはプレゼンスライドを作る段階。

自分が苦悶して理解に努めた成果を存分に発揮すると共に、自分の専門領域の事を良く知らない人でも理解できるスライドが作れたらもはや雑誌会をクリアしたも同然である。

プレゼン資料を作成している最中にきっと

かめ
アレッ、これどういう意味だろう…?

と理解し損ねていた点がポツポツ湧き上がってくるだろう。

見過ごしていた疑問点は各個撃破し、論文の理解度を着実に上げていく事が重要である。

 

もしかしたら私だけかもしれないが、プレゼン作成の過程で湧き上がってきた疑問点はかなりの確率で本番(雑誌会)に問われがちである。

B4の時はそんな事は知らなかったのでプレゼン作成の過程で何か引っかかる事があってもスルーしてしまっていたが、そのB4の雑誌会で集中砲火を浴びてボッコボコにされ”準備の大切さ”を嫌というほど思い知らされた。

そうした経験のおかげで私は些細な点でも見逃さないようになったし、入念な準備のおかげでこのたびM1前期の雑誌会を終えられたのだと考えている。

皆さんには私のような痛い目に遭ってもらいたくないので、(まぁ、コレは多分質問されないだろう)と高を括るのではなく、これでもかというほど下ごしらえを行い、担当の雑誌会を(ちょっと準備やりすぎたかな)と笑って振り返られるようなイベントにして欲しい。

 

1週間前:発表練習を行い、相手にちゃんと伝わるか自問自答してみる

意外と見過ごされているのがこの第四ステップ。

「オレは(私は)本番に強いタイプだ!」といってぶっつけ本番でプレゼンをする人が時々いるが、もし余裕があるなら最低一度発表練習をしておくと雑誌会の成功確率はグっと高まる。

原稿を読めるタイプの雑誌会であればリハーサルによって原稿をもっと相手に伝わりやすいものに修正できるし、原稿を読めないタイプの雑誌会であれば原稿を頭に叩き込める上に間の取り方や立ち振る舞いまで改善が見込める。

プレゼンリハーサルのデメリットなんて”リハーサル時間が必要である”ぐらいしかないから、雑誌会を無事に閉幕させる確率を上げるために是非とも発表練習を行って頂きたい。

 

もしかしたらこの段階でも

かめ
アレッ、ここどういう意味だ?自分で言っている事があまりよく分からない…

と不明瞭な点に気が付くかもしれない。

前述の通り、疑問点は即座に解決するべきである。

モゴモゴごまかしていたら隙を作ってしまうし、そうした不誠実な姿勢が原因で大炎上が発生してしまうのである。

いくら調べても分からなかったなら仕方がないが、面倒くさがって調べなかった結果炎上してしまったならのちのち後悔が残るだろうから、やるべき事をちゃんとやり、当日(コレだけやってダメだったなら仕方がないや♪)と思えるぐらいまでプレゼン内容を仕上げてもらいたいと思う次第である。

 

前夜〜当日:よく寝て体力を養い、頭をフル回転させ命懸けでゴールを目指す

前日は良く寝て英気を養おう。

徹夜はダメ。絶対にダメ。

徹夜で準備するぐらいならもっと早くから準備しておくべきだし、”徹夜明け”という脳のパフォーマンスが最も低い状態で雑誌会に臨むのはもはや自殺行為に等しいだろう。

各々の適正睡眠時間だけきちんと眠り、当日朝は太陽光を全身で浴びて目を覚ましてから決戦に挑むべし。

 

本番ではこれまでの努力の成果を遺憾なく発揮しよう。

頭をフル回転させ教授陣との対決に勝利し、終わった直後に崩れ落ちるぐらいまで気力も体力も使い切ろう。

雑誌会でオールアウトを経験しておけば、今後控えている学会発表が余裕に感じられるだろう。

オレたちに怖いものなど、もう何もない。

 

最後に

以上が私の思う雑誌会必勝法である。

また何か発見があれば追記しようと思っている。

【急成長しました】私が大学生活4年間ずっと継続してやってきた3つの事

2021-04-14

【研究室生活】大学院のゼミで質問できるようになった方法

2021-04-20

【研究室生活】これからラボに所属する理系大学生へ自身の経験から伝えたい事

2021-03-19

ABOUTこの記事をかいた人

馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文2報(電気化学)|月間2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。