【大学生活】第二外国語でスペイン語を選んだ理由と感想

私は現役北大院生(修士)である。

大学一年次に第二外国語としてスペイン語を選択、履修した経験がある。

この記事では、第二外国語でスペイン語を選んだ理由と感想について述べていく。

  • (第二外国語、どれにしよう…)と迷っている大学新入生のみなさん
  • 英語以外の言語を勉強しようと考えていらっしゃる方

こうした人にピッタリな記事となっているので、是非最後までご覧頂きたいと思っている。

 

それでは早速始めよう。

第二外国語でスペイン語を選んだ理由

私がスペイン語を選んだ理由は3つある。

  1. 与えられた選択肢の中で一番簡単そうに思えたから
  2. もし使いこなせるようになれば行ける世界が一気に広がると考えたから
  3. 陰キャの私を少しでも明るくしてくれるんじゃないかと感じたから

それぞれ一つずつ詳述していく。

 

与えられた選択肢の中で一番簡単そうな言語だったから

北大入学時、私は以下の6つの選択肢から第二外国語の志望順位をつける必要があった。

  1. 韓国語
  2. スペイン語
  3. チャイナ語
  4. ドイツ語
  5. フランス語
  6. ロシア語

そして、それぞれの言語について書店やネットで調べた結果、どうもスペイン語が一番簡単そうに感じられた

スペイン語の発音はローマ字読みでOKだし単語や文法も英語と比較的似ているので、勉強のしやすさを総合的に見ていくと上の6つの中では最強だろうと思われた。

ネット上には韓国語やチャイ語を推奨する声も見られたものの、韓国語はまずハングル文字を読めるようになるところから始めなくちゃならないし、チャイ語は文字だけではなく発音もかなりややこしいので”避けた方がいいな”という判断に至ったのである。

 

私が簡単そうな言語を選んだのは、一年次終了時の進路振分けで行きたい学部へ行くにはそれなりに良い成績が必要だったからである。

第二外国語の単位は前期・後期共に2単位あるため、そこで良い成績が取れれば移行点が一気に向上していくのである。

簡単そうな言語を履修すればテストで高得点が見込めるし、その勢いが他の科目に波及し全教科において好成績が期待できる。

大学入学時には特に行きたい学部はなかったのだが、(行きたい学部ができた時に移行点不足のせいで悲しい思いをしないためにあらゆる手を打っておこう)と思ってスペイン語を履修する事に決めたのだ。

結果的にスペイン語を選択した判断は正しかった。

前期のスペイン語IこそB⁺だったが、後期はしっかりA⁻を獲得できて、行きたい学部への進学に成功した。

【北大】総合理系のQ&A|内部生が語る

2020-09-18

 

もし話せるようになれば自分の世界が大きく広がるから

地球上で日本語を理解できる人間は、日本人とその他の話者を合わせて1億5千万人行くか行かないかであろう。

それに対し、スペイン語を理解できる人間は5億人以上存在する。

市場が縮小傾向にある日本とは違い、スペイン語が通じる国はこれからどんどん発展していく地域がかなり多く含まれている。

仮にスペイン語を使いこなせるようになればそうした面白いステージで働くことも選択肢に入れられるので、(これはスペイン語をやるしかないっしょ!)と感じてスペイン語を第一希望として提出したのである。

 

我々日本人の多くは外国語=英語だと思っており、(英語を使えたらどこででもやっていけるだろう)と思い込みがちである。

しかし、英語が通じない国・通じにくい国というのは意外と多く、

  • ヨーロッパではスペインやフランス(通じるけど使いたがらない)
  • アジアではインドネシアやインド(ヒンディー語か英語か区別がつかない)
  • 中南米ではメキシコやブラジル

他に挙げきれないほど多くの国で英語以外の言葉が主に使用されている。

もし海外へ亡命する事になった場合、スペイン語を話せれば20か国以上の亡命先を選択肢として考えられる。

「亡命しなきゃいけないような悪事を働かなけりゃいいだけやろ笑」という指摘が飛んできそうだが、人生何があるか分からないので、保険をかけられる所にはしっかりとかけておこうという作戦であった。

 

陰キャの私を少し陽気にしてくれるのではないかと考えたから

”スペイン”という言葉を目にした時、私は何かすごく情熱的なものを真っ先に想像した。

  • フラメンコ
  • 闘牛
  • 陽気でおしゃべり好きな人々

このように、私はスペインに対して明るいイメージを持っていた。

大学入学前の私は陰キャであり、(もう少しだけ外交的な性格になりたいなぁ…)という思いを常々抱いていた。

第二外国語で性格を激変させようなどとは全く思っていなかったが、スペイン語にふれていくにつれて心が少しずつオープンになっていくのではないかと考え、スペイン語を履修する事に決めたのであった。

結局、陰キャの私が陽キャになることはなかった。

陽キャになるには陽キャだらけのサークルへ入会するのが最も手っ取り早いだろう。

 

第二外国語としてスペイン語を選択した理由は以上である。

ここからは、授業でスペイン語を一年間勉強してみた感想を2つ述べていく。

 

スペイン語を1年間勉強した感想

英語が簡単に思えてきた

正直言って、スペイン語は英語より色々な意味で難しかった。

  • 時制に応じて無限にも感じられる活用形が存在するので覚えるだけでも一苦労だったし
  • 授業の講師がめちゃくちゃ短気ですぐにキレて暴れ回ったし
  • 期末試験のリスニングは早口すぎてマジで何を言っているのかよく分からなかったし
  • 結局ほとんど何も身に付かないまま1年が終わってしまったし

外国語の高い壁を全身で味わいつくした学部一年次だった。

しかし、スペイン語でうんうん苦しみ悩んだおかげで、”第一外国語”である英語が(なんてシンプルで分かりやすい言語なのだろうか)と英語の簡単さに気づかされたのである。

スペイン語学習の息抜きとして英語も勉強し続け、学部一年次の終わりには英検準一級を取得するまでに至った。

【さすがに無理だ】英検一級取得を諦めた5つの理由

2021-06-04

【就活・大学院試験】4週間でTOEIC785点を獲得した勉強法

2021-05-12

 

スペイン語をもう少し勉強したいなぁと思った

英検準一級取得後も英語を勉強し続け、英語である程度話せるようになってきた。

学部一年次以来勉強していなかったスペイン語だが、(もう一度勉強してみようかな)という気分に今なっている。

日本語と英語だけしか話せないのは何だかつまらないし、グローバル人材として自分の市場価値を高めるためには第二・第三外国語の習得が不可欠だと思う。

スペイン語には大学の講師にキレられた嫌な思い出が付きまとっているが笑、それは一旦忘れ、せめて英語と同等のレベルぐらいまでスぺ語運用能力を高め、亡命先や働く先の可能性をどんどん広げていきたいと考えている。

 

最後に:スペイン語、オススメです!

日本語や英語の次に何か別の言語を習得したいと思った時、スペイン語は有力な候補として挙がってくる。

比較的平易な方なので大学の第二外国語としてもオススメできるし、英語では見られない世界を見たくなった時にスペイン語は強力な武器として味方になってくれるだろう。

私も早くスペイン語を話せるようになって広い世界に飛び出したい。

必修科目としてではなく武器としてスペイン語を身につけるべく、もう一度教科書を開いて音読から始めようと思っている。

 

以上です。

【魅力しかない】北海道大学に入って本当に良かったと思う5つの理由

2021-02-24
created by Rinker
¥2,640 (2021/10/21 01:49:30時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUTこの記事をかいた人

馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文2報(電気化学)|月間2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。