【滑り止め校】北海道大学に受かるために受験した私立大学のご紹介

私は現役北大院生(修士)である。

一浪の末に総合理系へ2位で合格し、現在は北大工学院にて研究生活を営んでいる。

この記事では、私が北大生になるため受験した私立大学(いわゆる滑り止め)について書いていく。

北大やそれと同レベルの大学を目指していて、滑り止めをどこにしようか迷っている受験生にピッタリな記事だと思うので、ぜひ最後までご覧頂きたいと思っている。

 

それでは早速始めよう。

現役時代は一校も私大を受けなかった

私は高校生時代に京都大学へ進学したかった。

あまりにも行きたすぎて、”他の大学も受験しておこう”という発想に至る事すらなかった。

京大にしか行きたくなかったから(京大以外の大学を受けるなんて時間の無駄だ)と考えていたし、京大対策に専念しなくては受からない程度の学力だったため文字通り背水の陣を敷いて京大へ一本勝負を挑んだのである。

もし滑り止めに出願していたらセンター試験から国立二次試験までの間にいくつか試験へ赴いたのであろうが、私は本当に京大に”しか”出願していなかったので京大受験が人生初の大学受験となったのであった。

【自己分析】私はなにゆえ京大農学部に不合格となったのか

2021-05-25

 

浪人して初めて滑り止め受験の大切さを知った

かめ
あぁ、滑り止めを受けておけば良かったなぁ…

こう思ったのは浪人してからである。

あえて背水の陣を敷いた事で試験直前まで爆発的な集中力を維持できたのは良かったのだが、

  • ”京大に受からないと後がない”という恐怖感
  • 大学受験会場の独特な雰囲気に呑まれて正常通りに頭が働かなくなったという大誤算

これらによって私はあと6点という所で合格を掴み損ねてしまったのである。

(結局は進学しなかったとしても)滑り止め校の合格を得ていれば少しは安心して受験できていただろうし試験の場慣れによって緊張で英文が頭に入ってこないという緊急事態も免れたのではなかろうか。

受験生、特に現役生に伝えたい。

かめ
ぜっっっっったいに滑り止めは受けろ!

本命校に照準を絞りたい気持ちは痛いほど分かるが、それをやると後ですごく後悔するので、最低1校は練習がてらに受験するのを強く強く推奨しておきたい。

 

北大生になるため受験した滑り止め校(全て文系)

さて、この記事の本題である滑り止め校について紹介するが、私は理系なのに私大文系ばかりへ出願した。

文系ばかりに出願した理由は3つある。

  1. 私大理系は学費が高いため、(仮に進学する事になれば学費を出してもらう親への申し訳なさで通うのを辞めてしまいかねないな)と考えたから
  2. 北大理系ではキラキラした生活など全く見込めないので、(どうせ私大に行くなら北大と真逆のチャラい生活を送りたい)と夢見ていたから
  3. 受験生当時は理系科目より文系科目の方が好きだったゆえ(文系に行くのも悪くないな)と思っていたから

以上が私大文系にのみ出願した理由である。

私大理系の学費は国公立大の3倍もするため、不本意に進学が決まった大学へそこまで多額のお金を親へ支払わせてしまうと親へ合わせる顔がなくて二度と家の敷地を跨げなくなると感じていた。

また、国立理系に地味なイメージを持っていたので、本命校に合格できずコンプレックスを患うぐらいならいっそコンプレックスを吹っ飛ばしてくれるぐらいワチャワチャしたキャンパスライフを楽しみたいと思っていた。

そして、実は物理や化学より英語や日本史の方が遥かに好きだったから、受験時に文転して文系の道を歩むのも良いのではないかと考えていたのだ。

 

私の出願した滑り止めは3校である。

以下ではなぜこの3校を選んだのか、志望動機について個別に述べていく。

 

同志社大学法学部法律学科(センター利用)

私が同志社大の法学部に出願したのは

  1. センター利用で合否が決まったから
  2. 合格水準がある程度高いため、”同支社に受かるぞ”という目標がセンター対策を頑張るモチベーションに繋がったから
  3. 単純に京都で大学生活を送ってみたかったから

以上3つの理由がある。

 

滑り止め確保を考える上で重要なのが少しでも対策の負担を減らして本命校の対策へ打ち込める事である。

その点、センター試験の結果のみで合否が決まるセンター利用制度は私にとって非常にありがたかった。

欲を言えば早稲田の政治経済学部(ボーダーが9割越え!)にも出願したかったのだが、そこまでの得点をゲットできなかったため(85%)同志社への出願を決定した。

早稲田に出願できなかった点については特に何とも思っていない。だってしょせん滑り止めだもの。

 

次に、早稲田より幾分ボーダーが低いとはいえ、同志社(法・法)でも合格するのに82~83%以上は必要だった。

私にとってこの数字は油断していたら足を掬われる絶妙なラインであった。

というのも、現役時代のセンターは82.5%であり、これだと受かるかどうかギリギリの当落線上だったのである。

だから、同志社への出願は

かめ
半端な対策では落ちてしまう…これは頑張るしかない!

という強烈なモチベーションに繋がってくれた。

 

最後に、現役時代に京大を受けたのも同じ理由だが、私は京都で大学生活を送ってみたかったのだ

花の都で華の大学生活…この言葉にはなんとも優雅なイメージがあった。

私はそこまで外交的な性格ではないため同志社に行ったとしても華のキャンパスライフを送れたかは定かではないが、辛くて終わりが見えない浪人生活の真っただ中にあった私にとっては”華の大学生活”を夢見るだけで生きる気力を得ることができた。

  • センターの結果だけで合格をもらえるから
  • そこそこ勉強しないと合格できないのでセンター対策を頑張るモチベーションに繋がるから
  • 華のキャンパスライフを夢見て生きる活力を得るため

以上3つの理由で同志社大学法学部へ出願したのであった。

 

同志社大法学部には合格できた。

浪人時代の獲得点数は85%だったので(もしかしたら落ちているかも…)とヒヤヒヤしたが、合格発表の日の午後に送られてきた分厚い入学書類を受け取った時に(あぁ、受かったんだ!!)と飛び上がったのをよく覚えている。

入学書類に同封されていた大学パンフレットは非常に魅力的で、私はあやうく(同志社でもいいかも…)と北大を受ける気力を完全に失う所であった笑。

同志社に受かった事で気分が非常に楽になり、北大対策がますます捗る次第であった。

 

関西学院大学経済学部(個別入試)

私が関西学院大学経済学部に出願したのは

  • 親から進学を許してもらえるギリギリのラインだったから
  • 関西圏の経済学部の中では割と力のある学部だったから
  • (チャラい生活を送りたい)と思っていた私にうってつけの大学だと思ったから

この3つの理由からである。

 

いくら親が優しいとはいえ、(最低でもこのレベルぐらいは超えてもらいたい)という願望のようなものはあると思う。

そして、我が家の場合、最低限のレベルとは関関同立の事を指した。

私自身も(浪人したのだからそれぐらいのレベルは超えておきたいな)と思っていたし、模試を受験しても”まず落ちることはないだろう”という手ごたえがあった。

試験慣れも兼ねているので絶対に受かる大学へ出願せねばならず、親の無言の願望にも忖度した結果、関学大へ出願しようと思ったのである。

 

次に、関学大の経済学部は関西において有名勢力である。

経済学部では京大→神戸大→阪大の次に来る水準であり、事前調査の結果では学部やゼミで学べる内容がかなり本格的だと分かった。

いくら本命校ではないとはいっても、滑り止め校にだって何かを期待したくなる。

頑張りたい人を応援してくれる環境が整っているのではないかと思い、私は関学大の経済学部を受験する事にした。

 

最後に、完全に私の主観的なイメージになるが、関学大はキャンパスからして非常にチャラい印象がある。

チャラだけで言えば近大よりはチャラくないかもしれないが、あのおしとやかで煌びやかな外見の校舎では日々”あんなこと”や”こんなこと”が行わているのだろうと想像せずにいられなかった。

大学デビューを間近に控えていた私にとって、関学大のチャラさはまさに自分の求めているそのものであった。

嗚呼、チャラい大学生活。阪急電鉄と共にチャラチャラした4年間を過ごしたいと思い、私は親へお願いして受験料を支払って頂いたのである。

ちなみに、大学受験から4年を経た今では、テニサー構成員を始めとしたチャラい北大生を忌み嫌う典型的な陰キャ大学院生となっている。あの頃の勢いは一体どこへ消え去ったのか、その行く末は私にも分からない。

 

関西学院大学経済学部からも合格を頂戴した。

この大学は、私の人生において初めて合格を掴み取った大学である。

浪人生活ですっかり自信を無くしていた私にとって、関学大合格は私の心に広がっていた虚空を瞬時に蒼穹へと変貌させてくれた女神みたいなものである。

受かった瞬間は感極まって涙が出てしまった…それほど私は合格に飢えて飢えて仕方がなかったのであろう。

 

関西大学法学部(センター利用)

私が関西大学法学部を受験した理由は2つある。

  1. 学費が免除になる特待生になれるかもしれないと思ったから
  2. ここはさすがに落ちないだろうと踏んでいたから

この2つの理由で関西大法学部へ出願した。

 

いくら私大文系とはいっても、一年間にかかる学費は国立大の2倍になる。

せっかく親が大切に育ててくれたのに、そんなにかかるはずじゃなかった大学の学費で4年間も苦しませてしまってはたまったものじゃない。

その点、関西大法学部の特待生制度は、入学試験の成績次第で4年間の学費が免除になる大変魅力的な制度だった。

学費がかからなければ北大に落ちても”国立大に行けなかった”という負い目をあまり感じずに済むと思い、関西大法学部を受けておこうと思ったのである。

 

もう一つの理由が、予備校が発表しているボーダーライン的に「落ちるはずがない」と断言できる大学だったからである。

ここでもし落ちたらセンター試験でマークミスをしている事を意味していたため、”センターできちんとマークできているか否かを確認できる”という意味で関西大法学部への出願は重要だった。

 

関西大学法学部からも合格を頂いた。

そして何より嬉しかったのが、特待生合格、つまり学費免除付きの合格だった点である。

もし北大に落ちていたら、上で挙げた3校の中だと関西大へ進学していたのではないだろうか。

学費がかからないというのは本当に魅力的であるため、学部時代に一生懸命勉強し、法科大学院へ進学する際に京大なり東大なり上のランクの大学へとロンダリングすればよいと割り切って毎日暮らしていたと思っている。

 

最後に

現役北大院生の私が滑り止めについて述べたいことは以上である。

グダグダと記事を書いてきたが、この記事を読み終えても覚えておいて欲しいのは

かめ
受験生諸君、”必ず”滑り止めを受けろ!!!

この一言に尽きる。

オレは(私は)一本勝負で大丈夫と思っていても、本番で極度の緊張感に襲われ全く手が動かなくなることだってありうるのだ。

滑り止め受験で場慣れしておけばそうした予期せぬ事態の発生確率をかなり減らせるので、本命校の受験の前に最低でも1校(できれば2校)の受験をオススメしたい。

 

以上です。

【北大】総合理系のQ&A|内部生が語る

2020-09-18

【大学受験】浪人を絶対におすすめしない3つの理由を浪人経験者が語ります

2021-02-01

【魅力しかない】北海道大学に入って本当に良かったと思う5つの理由

2021-02-24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文2報(電気化学)|月間2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。