【天国と地獄】大学へ通うのが辛かった理由と辛さから解放された理由

私は現役北大院生(修士)である。

一浪の末に総合理系へ2位で合格し、工学部の材料系コースへ移行したのち、現在は工学院で研究生活を営んでいる。

この記事では

  1. 大学へ通うのが辛かった理由
  2. 今はもう辛くない理由

この2点に関して述べていく。

今の大学生活にあまり満足していない全ての大学生にピッタリな記事だと思うので、是非最後までご覧頂きたいと思っている。

 

それでは早速始めよう。

大学へ通うのが辛かった理由

私が北大へ通うのが辛かったのは、1年生から3年生の秋までである。

そして、その辛さの原因は以下の3つにあったと思っている。

  1. 別に北大へ行きたかったわけではなかったから
  2. 総合理系でどこへでも行ける移行点を保有していたにも関わらず、自分が決めた移行先での授業に全く興味を持てなかったから
  3. 心を通わせられる友達が全然できなかったから

この3つが辛さの原因だと分かったのは大学へ通うのが辛くなくなった後の話で、苦しんでいた当時は

かめ
大学ってなんてつまらない所なのだろうか…

と日々絶望していた。

以下ではまず、大学へ通うのが辛かった理由について詳述していく。

 

北大が第一志望ではなかったから

私の本当に行きたかった大学は京都大学である(今でもその気持ちは変わらない)。

あまりにも行きたくて中三の時から先取り学習をしていたし、高一や高二からは必勝を期すべく京大の過去問を使って徹底的に問題演習していた。

しかし、私は落ちてしまった。

落ちた原因は以下の記事に考察しているのでそちらを参考にして欲しい。

【自己分析】私はなにゆえ京大農学部に不合格となったのか

2021-05-25

 

浪人時代にも京大を目指していたが、途中で気持ちが切れてしまって北大に路線変更した。

そして、もともと京大に受かるために勉強していたので北大入試は楽々パスできた。

 

私はこの楽々パスできて”しまった”点にモヤモヤの原因があるのだと思う。

北大対策でもう少し苦戦したり受験本番で思わぬハプニングがあったりしたら、きっと周りと同じように期待と充実感に胸を膨らませて北大の門をくぐれたのだろう。

けれども、試験本番ではひと教科目の数学が終わった瞬間に(あ、受かったわ)と勝ちを確信するほどだった。

だから、試験を受けている最中にも関わらず

かめ
受験する大学を間違えてしまったかな…名古屋大とか東北大とかもっと上の大学を受けた方が良かったかも…

自身の決断を悔む兆候が表れ始めたのである。

ちなみに北大二次試験の数学は150点満点で143点だった。満点を狙っていただけに悔しい結果だった。

 

  • 自分はもっとやれたはずだ
  • なんで京大から逃げてしまったのか
  • ここ(北大)は自分がいるべき場所じゃない
  • 一位で合格できたらまだスッキリできていたのに、なんだよ”2位”って。蓮舫かよ。

このような思いが延々と頭を駆け巡り、私はどうしても大学生活を楽しめないでいた。

大学に通うのが辛かった一つ目の理由は、北大が第一志望の大学ではなかったからである。

 

せっかく総合理系で入ったのに、移行した学部の授業にあまり興味を持てなかったから

私は一年次にGPA3.8前後を獲得し、進路振分けの際に重要となる移行点もそれとほぼ同じだけ保有していた。

3.8あれば医学部医学科と獣医学部以外ならどこへだって行けるのである。

工学部や理学部は言うまでもなく、北大の看板学部である農学部、更には医療系の薬学部や歯学部にだって移行できる。

つまり、私は残飯処理班ではなく、先に好きなもの(学部・学科)を熟考できる優位な立場にいたのであった。

【北大】総合理系のQ&A|内部生が語る

2020-09-18

 

このアドバンテージを活かし、大学受験みたいな後悔をしないよう、私は移行先を真剣に何度も考えた。

  • 北大入学当初は農学部へ行きたかったが生物の苦手な私が農学部でやって行けるとは思えないし、
  • 純粋なサイエンスの世界よりも実世界とのつながりを感じたいから理学部という選択肢は除外して、
  • 医療系や文系には興味がないからそちらの選択肢も取り除いて、
  • そしたら工学部が有力候補に挙がるけど、工学部のどこだったら一番楽しめそうかな…

熟慮の結果、最終的には工学部の材料系コースへ移行する事を決めた。

物理にも化学にも興味がある私にとって、物理も化学も両方とも武器にできると謳っている本コースが非常に魅力的に思えたのである。

【北大】応用マテリアル工学コースについてのQ&A|内部生が語る

2020-09-25

 

ただ、残念ながら、私は自身の決断にまたもや後悔する羽目になった。

どういう事かと言うと、移行先の授業に全く興味を持てなかったのである。

”材料”とはいっても金属の事ばかり学ぶから炭素繊維や化学寄りの材料に興味のあった私には不満爆発の毎日だったし、いかんせん座学ばかりで実験がなかったから工学部へ入った感覚が得られなかった。

せっかく選び放題の立場にいたのにチャンスを活かせなかった私には、もはやひとかけらの自尊心すら残っていなかった。

ちなみに、私の学びたかった内容は工学部の応用化学コースで学べるようだ。そうと知っていたら応化へ行っていたのに、私の完全なリサーチ不足でこのような状態になってしまった。
応マテでの学生実験は3年次にある。個人的には2年次からやっても良いと思うのだが、おそらく教員不足で手が回らないからやりたくてもやれないのだろう。

 

全く友達ができなかったから

これだけ苦しんでいた私には、何か積極的なアクションをとるなど到底できなかった。

(北大は自分のいるべき場所じゃない)と思っていたのでせっかく話しかけてくれた同級生と心を通わせられなかったし、部活やサークルでワイワイ騒ぐなど狂気の沙汰だと疎ましく思っていた。

新歓期間にありとあらゆる団体に入り損ね、私は札幌のど真ん中でただ一人立ちすくんでいた。

当然の帰結として、私は大学時代に全く友達ができなかった。

 

幸いなことに知り合いは数多くできたので試験の過去問集めには不自由しなかった。

私はクラスの最前列で授業を聞き流していたのでそれなりの試験対策が行えたし、周囲と比較して勉強ができる方だったから「過去問の解答を作ってあげるよ」と言って秘伝の過去問を伝授してもらった事も一度や二度ではない。

今でも反省している点が、過去問の授受で言葉を交わした同級生にもっと心を開いておけばよかったという所である。

私は過去問の解答作りを仕事(ドライな関係)としてとらえており、そこから親しい関係(ウェットな関係)へと派生・発展させる考えがまるで思い浮かばなかったのである。

 

友達を作るチャンスは数多く転がっていたし、中には「友達になろうよ」という身に余る言葉をかけてくれた人だってにいた。

そして、そんな好機を逃すどころか、むしろ徹底的に拒絶して自分の殻の中に閉じこもろうとしていた。

私はとんだサイコパス野郎である。

友達の数が多い方が良いとは思わないが、私と友達になりたがっている人をむやみやたらに拒むべきではなかった。

 

  • 学歴コンプがあった
  • 大学での授業が面白くなかった
  • 友達ができなかった

私の大学生活を辛くしていたのは以上3つの要因である。

次に、今までとは一転し、北大生活を鮮やかに彩ってくれた3つのファクターをご紹介する。

 

大学へ通うのがもう辛くない理由

私がもう大学登校を苦痛に思わないのは以下の3つの理由による。

  1. 学歴以外の評価基準があるという事実が腹落ちしたから
  2. 4年次に所属した研究室で自分が最高に没頭できる研究分野と出会えたから
  3. 辛いとか辛くないとか気にしていられないほど今がすごく忙しいから

以上3つの理由があって、私は暗澹たる大学生活に別れを告げられたのである。

以下で一つ詳述していく。

 

“勉強以外の評価基準がある”と身をもって知り、学歴コンプがほぼ完全に吹き飛んだから

私は趣味としてランニングをやっている。

大学一年次に”もう死にたい”と思うほど生活が辛くなり、(死ぬぐらいならひと汗かいてスッキリするか!)と思って外を猛ダッシュし快感を得たのがランニングを始めたきっかけである。

大学生活には不満を感じつつも、授業の前後でランニングすれば嫌な事を全部忘れられた。

仮面浪人や退学を土壇場で踏みとどまれたのは、私がランニングをやっていたからである。

 

生きる気力を得るべく始めたランニングをコツコツやっているうちに、いつの間にかフルマラソンで3時間を切ろうかどうかというところまで走力が伸びてきた。

  • せっかくなら3時間切ってやろう
  • 3時間を切ればモテるのではないか?

こう考え、毎日毎日猛練習をした。

この数か月は大学に入って初めて何かへ没頭したという点で非常に意味のあるものである。

猛練習の甲斐あって、私は大学3年次の11月にフルマラソンを2時間59分で走り切れたのであった。

【サブスリー達成】富士山マラソン2019 体験記

2019-11-26

 

3時間を切った当日の夜、私は鏡を見ながらある事に気が付いた。

なんと、すっかり自信を無くしていた自分の顔が、自信に満ち溢れていたのであった。

これはいったいどういう事だ??と考えてみると、どうも偏差値というしがらみから解放された事に原因があるらしい。

「世の中には勉強以外の評価基準があるんだぞ」と色々な人から言われて育ったが、フルマラソンでサブスリーしてようやくこの言葉の意味が分かったのである。

 

私が今まで苦しんでいたのは、人と自分を比較するものさしとして”学力”の一種類しか持っていなかったためである。

だから(北大なんてやめてしまいたい…)といつまでもウジウジしていたのだし、自分より明らかに頭の悪い人を見下してしまった事もあった。

サブスリーによって”走力”という新たな価値基準に出会えた上、”世界には他にも無限のものさしがある”と悟れたおかげで(今まで私はなんと狭い世界に生きていたのか…)と別の意味で絶望する事になった

もはや学歴コンプは完全に吹っ飛び、私はまるで生まれ変わったように生き生きとし始めたのであった。

 

研究室で興味のある分野と出会えたから

確かに、学部での授業はクソほども面白くなかった。

金属なんて全然興味なかったから(はやく授業終わらないかな~)とずっと考えていたし、試験が終わってしまえば試験前に詰め込んだ知識もあっという間に消え去っていた。

こうした自堕落な私だったが、たった一つだけ強く興味を持てた講義があった。

それが今所属している研究室の担当教員の講義であり、(この先生の元で研究したい!)という思いがあったからこそ2,3年次の面白くない授業を我慢できた。

 

待ち望んでいた研究室にいざ入ると、それはもはや天国であった。

自分の知っていることを組み合わせて人類の知的領域を広めていく”研究”という活動には鳥肌が立つほどゾワゾワするし、まして私の興味がある分野における研究だったから本当に楽しくて仕方がなかった。

今まで我慢していた反動で貪るように勉強するようになり、誰に言われるまでもなく英語論文を毎日1報読み進めていた。

所属コースへ移行直後は(なんでこんなコースに来ちゃったのだろう…)と後悔の念しか浮かばなかったのに、今や

  • このコースで大正解だった!
  • 応用化学や機械系など、他のコースでは絶対ダメだった

と断言できるまでに自分の選択に意味を見出せるようになったのだ。

 

小・中・高・浪・大と16年間学校で勉強してきて、勉強を”楽しい”と思えたのは学部4年次が初めてである。

今までは京大に受かるためとか高い移行点を取るためとかいった目的で行っていたため勉強に対して苦しさを感じていたのに対し、現在は純粋なる好奇心で自ら進んで机に正対しているため全く苦痛を感じないのである。

今まで累積された膨大なる苦痛は、きっとここ(研究室)で知的好奇心を味わうためにあったのだろう。

研究室で興味のある分野・研究テーマと出会えた結果、登校を嫌がるどころかむしろ進んで研究室へと足を運ぶようになったのであった。

 

辛いとか辛くないとか気にする暇がないほど忙しいから

人は暇なときに余計な事を考える。

事実、私の人生を振り返ってもそうだった。

  • 中学時代に(可愛い彼女がほしいなぁ)と思っていたのは自分磨きをしていない時期だったし
  • 高校に入って京大に受かるかどうか心配していたのは勉強していないタイミングでだったし
  • 大学で学歴コンプレックスが猛威を振るっていたのは家でゴロゴロしていた時だったし
  • 大学院で(将来就職できるかなぁ…)という不安が頭をもたげるのは自身の研究に頭を使っていない瞬間だし

私の場合、暇であればあるほど余計な何かに思いを寄せる傾向がある。

人生は余計な何かに満ち溢れており、その余計なものがあるからこそ本当に大切なものが光り輝くというものだが、私の場合は物事を悪い方へ悪い方へと考える傾向が強いため、”暇である”事自体がそもそも悪影響をもたらすのである。

 

現在、幸か不幸か私の生活はとんでもなく忙しい

朝4時半に起床後、夜9時に就寝するまでの16時間半、私はやるべきタスクに忙殺されている。

これだけ慌ただしいと心が休まる隙はないが、それと同時に余計な妄想をする暇もない

その結果、辛いとか辛くないとか考えておられず、ただ馬車馬のように働き、布団に入って30秒で熟睡する生活を送っているのである。

 

ランニングをしているおかげで体力面に問題はなく、忙しさが妄想を殺してくれるため私は何の不安も抱えていない。

忙しいより暇な方が落ち着ける人にはこの方法は合わないだろうが、進んで慌ただしさを求めると何か得られるものがあるかもしれない。

 

最後に

私が大学生活を辛く感じていた理由と辛さから解放された理由は以上である。

辛くなくなるまでに2年半もかかってしまい、ずいぶん遠回りしてしまったように思う。

この時間を取り戻すのは不可能であり、未来をより良く生きていくしか道はない。

華の大学生活がダメだったから、これからは華の大学院生活を送っていくのである。

 

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文2報(電気化学)|月間2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。