【大学生活】馬術部に入るメリットとデメリットのご紹介

私は国体馬術競技で優勝歴のある現役北大院生(修士)である。

大学一年の9月末から翌年6月末までの9か月間、自分が通っていた大学の馬術部に在籍していた経験がある。

この記事では、馬術部に入って感じた馬術部に入るメリットとデメリットを3つずつ紹介していく。

  • 馬術部に入ろうかどうか検討している学部1年生
  • 大学生になったら馬術部に入りたいと思っている高校生

こうした方々の参考となる記事を作成したので、興味のある方は是非最後までご覧頂きたいと思っている。

 

それでは早速始めよう。

大学馬術部に入るメリットとデメリット

メリット

個性的な友人がたくさんできる

最初のメリットは、今まで出会った経験のないほど個性の強い人々と交友関係を築ける点である。

私自身も高校では「変人」というニックネームを付けられるほど周囲から浮いていたが、馬術部に入ってみれば、私と同程度、もしくはそれ以上に変わっている人間ばかりであった

  • 大学の授業中に食堂のどんぶりに入ったラーメンを教室内でズルズルすすってしまう奴がいたし
  • すごく優しそうなのに急に豹変して心をえぐってくる恐ろしい女の先輩がいらっしゃったし
  • 馬アレルギーを持っているのに馬アレルギーを持つ風変わりな後輩がいたし

馬術部時代はここでは挙げきれないほど多くの変人に囲まれながら生活していた。

こんな面白い人と出会えるのは馬術部だけだし、愛すべき変人と友達になれたというだけでも馬術部に入った価値はあったと思う。

 

確かに、別に馬術部に限らずとも、大学のキャンパスをうろついていれば(あの人いったい何やっているのだろう…?)と思うような変人に出くわすことがあるだろう。

しかし、キャンパスや授業で出会う変人は変人のフリをしているケースが大半であり、無理して変人のフリをする事によって周囲に関心を持ってもらいたいだけなので、試しにそんな人に話しかけてみると案外普通の人である場合が意外と多いのである。

その点、馬術部に集まる変人は大学内でも選りすぐりの変人のため、我々一般人が予想もつかぬ思考回路で毎日何かしらの笑いの種(ハプニング)を提供してくれる

馬術部にいて笑わなかった日は一日としてなかったし、(あの9か月間は本当に楽しかったなぁ…)としみじみとしてしまう。

乗馬業界には男女問わず変人が多い。

とはいえ、みな動物が好きなため、基本的に性格がひん曲がっている人間は見当たらない。

私が広島で乗馬をしていた時には沢山の変人と出会ってきたが、(この人、生理的に無理!)と感じてしまう出会いは一度たりともなかった。

世の中から隔絶しているから変人が多いのか、変人が多いから浮世離れしているのか、果たしてどっちなんだろうね…?

 

低価格で乗馬を楽しめる

「乗馬」というと、お金のかかるアクティビティだという印象を良く持たれる。

実際にその通りであり、乗馬クラブという馬に乗れる場所で一回馬に乗るだけで数千円かかってしまうし、自分の馬を持とうと思ったら

  • 購入費数百万
  • 維持費月々数万

これらの出費を覚悟せねばならないので、よほどのお金持ちでなければできないのである。

しかし、大学馬術部に入れば月々数千円で乗馬ができる

後援会や大学からの補助のおかげで格安で毎日馬に乗れるし、自分に足らない道具は部活のものを使用すれば良いので初期投資も5万円未満でスタート可能だ。

 

乗馬は一生モノのスポーツである。

乗馬クラブへ行けば小学生から定年後の老人まで幅広い年齢層の人間が集っているし、力よりテクニックが求められるので女の子だって続けられる。

そんな素晴らしいスポーツに低価格で出会えるのが大学馬術部という場所である。

馬術部で(乗馬って楽しいな♪)と思ったら大学卒業後も続けたら良いのだし、もしあまり興味を持てなくても最低限の痛手(支出)で抑えられるので安心である。

 

絶対に飽きない&退屈しない

乗馬は非常に奥深いスポーツであるため、乗馬歴10年の私であっても真髄の片隅にすら辿り着けていない。

それに加え、馬術部には変人が多いので、大学馬術部に入っても絶対に毎日飽きないし、退屈することなどあり得ないのである。

  • 騎乗技術を磨くべく、四六時中頭を使う事になるし
  • 競技会へ行って他の団体の演技を見れば、”上には上がいるんだ”と実感するし
  • 変人たちと日々過ごしていたら、いつの間にか自分まで変人になってしまっているし
  • 馬術部はとにかくやるべきことが多いので、「あぁ、ヒマだなぁ…」と時間を持て余さずに済むし

馬術部は大学内の遊園地であるため、いるだけでとにかく楽しくなれる場所である。

 

私が一年生の9月末に馬術部に入った理由は、夏休みにあまりにもする事がなさ過ぎて死にそうなほどヒマだったからである。

ヒマすぎて馬術部に入ったわけだが、入って本当に良かったと思う。

部室に行けばなぜかいつでも人がいたため話相手には困らなかったし、毎日慌ただしく生活できたおかげで余計な悩みを抱えずに済んだのである。

もしあの時馬術部に入っていなければ生きがいを感じられず退学していただろうから、私の生活を支えてくれた馬術部には本当に感謝してもしきれない思いである。

かめ
本当にありがとうござました。

 

さて、ここまで3つのメリットを説明してきたが、馬術部で活動する事にはデメリットも存在する。

次の章では馬術部に入る3つのデメリットについて解説していく。

 

デメリット

圧倒的な拘束時間(場合によっては帰省できない)

馬術部は生き物を管理する組織である。

生き物は食事をするから決められた時間にエサをあげなくてはならないし、生き物だからストレスもたまるし時々リフレッシュがてら放牧してやる必要がある。

こうした種々の世話をすべく、だいたいの馬術部は日の出前から活動を開始する。

そして、活動時間が伸びに伸びてしまった場合、一限や二限に間に合わないという全米が発狂する大惨事が起こりうるのである。

 

馬には夏休み・年末年始も関係ないため、大学生にとって貴重な長期休暇であっても世話してあげる必要がある。

その大学の近所に実家がある部員がいればその学生に頼めばよいのだが、そうした人間がいない場合、誰かが帰省や旅行を諦めてでも部活に残って馬の面倒を見なくてはならない。

馬術部は馬に束縛される部活である。

なので、軽い気持ちで入らない事を強く強調しておきたい。

 

ちなみに、馬術部には部活動の運営費を稼ぐため近所の乗馬クラブへ働きに行くバイトがある。

そこでは昼食をもらえるし、バイトの一環としてクラブの馬に乗せてもらえる一方で、給料が部員へ支払われることは基本的にはないという、良いのだか悪いのだか分からないブラック労働に行かされる。

もしこのバイトが入ったら、休日一日丸潰れである。

せめて部員にも給料が入ればよいと思うのだが、部員にも給料を支払えるほど乗馬クラブの経営状況はよろしくないという事なのだろうか…?

かめ
どちらにせよ労基法違反だけどね笑

 

経験者と未経験者にはかなりの技術差がある

次のデメリットは、どの部活でもそうだと思うが、馬術部の場合、経験者と未経験者の技術差が特に顕著である点である。

なぜ顕著な差があるかというと、(高いレベルを目指そうと思ったら)乗馬は小さい頃に養われる感覚がモノをいうスポーツなので、

  • 大学から乗馬を始めた人
  • 小学生から乗馬をやっていた人

この両者では持っている感覚・研ぎ澄まされた感覚が全く異なるのである。

小さい頃から乗馬していた人間が(こんなの当たり前だろ)と感覚的に分かる事でも、大学から始めた人にとっては(いったい何が当たり前なの??)と頭がはてなマークで一杯になってしまう。

そのため、経験者の多い大学馬術部に未経験者が勇気を出して飛び込んでも、まともな指導を受けられない可能性があるのである。

私は小4から乗馬をやっており、今まで培ってきた乗馬技術は理屈ではなく体に叩き込むことによって会得した。

一方で、大学から乗馬を始める未経験者はそうした感覚を持ち合わせていないので乗馬を理屈で捉えようとするはずである。

私みたいな叩き上げの人間はどうしても感覚に頼ってしまうし、未経験者は思考力しか頼れないため理論で教えてもらわなくては何が何だかサッパリである。

この両者の間に埋めきれない溝がある事により、経験者と未経験者との間にぎくしゃくとした雰囲気が漂いがちなのである。

 

確かに、大学から乗馬を始めた人でも4年の秋に全国大会に出場するような凄い方がいらっしゃるのは事実だ。

しかし、その全国大会の入賞者の経歴を調べてみると、小学生or中学生から乗馬をやっていた人間が大多数なのである。

未経験者が血のにじむような努力を積もうとも、大学馬術界のトップレベルにはなかなかたどり着けない。

”別に競技に出なくても良いよ”という方なら結構だが、もし未経験者で(ガンガン競技に出て全日本で入賞してやる!!)とお思いの方がいらっしゃったら”それは本当に大変な事なのだ”という事実を知っておいてもらいたい。

 

業界全体が旧態依然としているので合わない人にはトコトン合わない

最後のデメリットは、業界自体が時代から取り残されているため、合理的な考えを好む方にはトコトン合わないという点である。

  • (なんでこんな理不尽な思いをしなくちゃならないんだ)という出来事が頻発するし
  • やる意味の分からない雑用がしょっちゅう上から降ってくるし
  • 「もっと良いやり方があるのに」と提案しても、即座に突っぱねられてしまうし
  • (ウチの馬術部ではなかったものの)パワハラやセクハラがよくあるらしいし

変化を嫌い革新を避ける傾向のある大学馬術部は、日本の典型的な体育会系だといえるだろう。

大学馬術部で生き残れる人は、ストレス耐性が強く、意図的に思考を停止させられ、年功序列を好む人材である。

どうしても入りたいという方を止めはしないが、合理的な思考回路を持つ人間の行くべき場所ではないと正直私は思っている。

 

最後に:私には合いませんでした

私は馬術部でたくさん楽しい経験をさせてもらった。

でも、馬術部での生活が長くなるにつれて馬術部の負の側面が多く見えるようになってしまい、最後は”途中退部”という形で馬術部との縁を断ち切らせて頂いた。

これだけは強調しておくが、私は馬術部に入ってみて後悔はしていない

私と馬術部との相性が悪かったから辞めただけであって、あの場所の居心地を至極だと感じる学生は絶対一定数いらっしゃるはずだから、この記事を読んで「馬術部に入るのやめとこ…」と決めつけず、とりあえず一度各々の大学の馬術部へ見学しに行くことを強く推奨しておきたい。

馬術部の雰囲気は大学によって大きく異なる。それゆえ、自分の目で見て実情を確かめてみて欲しいのである。

 

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文2報(電気化学)|月間2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。