【研究室生活】大学院のゼミで質問できるようになった方法

私は現役北大院生(修士)である。

この記事では、研究室のゼミで質問できない人が質問できるようになる方法をお教えする。

B4だった一年前の私はゼミで全く発言できず、(早くゼミ終わらないかなぁ…)と待ち遠しくて仕方がなかったのだが、現在M1の私は毎回のゼミ発表において数個質問できているので、この記事では私が質問できるようになった方法を実体験からお伝えできると思う。

この記事を読んで一人でも多くの人が質問できるようになればいいなと願い、記事を始めていく事にする。

質問をする意味について知っておこう

質問できる方法をお伝えする前に、質問する事にはどういう意味があるのかについてお話ししよう。

 

そもそも、研究とは”問い”を立てる所から全てが始まる。

  • こういう常識がまかり通っているけれど、それって果たして本当なのだろうか?
  • この側面から研究した例は多くあるが、別条件で実験してみたらどうなるのだろうか?

このように、世の中の常識を疑い、まだ人類の誰も知らない知見を得に行くのが研究活動なのである。

研究とは行き当たりばったりの旅みたいなものであり、旅のスタート地点に行くためにはQuestionを打ち立てなくては始まらないのである。

学部生や修士の学生は問いを立てる所を先生にやってもらっているケースが大半だろうからあまり実感しないと思われるが、卒業研究のようなちっぽけな研究であっても問いがなくては始める事すらままならないのだ。

 

ゼミや学会などの場で質問をするのには、研究をするにあたって最も肝心な”問い”を打ち立てる力を身につける目的がある。

質問すれば質問するほど問う力が身に着くし、たとえB4であっても一年間継続して質問し続ければ独力で研究テーマを思いつくことだってできるかもしれないのである。

したがって、研究室のボスがゼミで

ボス
○○くん、何か質問ある?

と聞いてきたら、それはピンチどころか研究力を高める大チャンスなのである。

だから、今後は質問の強要を嫌がるのではなく、むしろドンドン積極的に質問に乗り出していって頂きたい。

 

ゼミで質問できるようになる5つの方法

とはいっても、この記事を読んでくださっている方は

学生
質問できないから記事読んでいるのよ!そんな簡単にホイホイ手を挙げられたら苦労しないわよっ!

とお思いになっていらっしゃるはずである。

そこで、以下では、私がゼミで質問魔になるにあたって身につけた5つの考え方についてお話しする。

 

一時の恥などかき捨てろ!

もしかしてあなたは質問するのが恥ずかしいから質問するのをためらっていらっしゃるのではないだろうか。

そんなあなたに伝えたいのは、そんなちっぽけなプライドなんて捨ててしまえという事である。

あなたの質問内容など明日になればみんな忘れているだろうし、もしその場で笑われても(覚えておけよ、絶対見返してやるからな…!)と心の中で憎悪をたぎらせておけば良い

プライドなど研究力を上げる妨げにしかならないから、そんなものはさっさと拭い去るか鉄鋼所の高炉に投げ込み焼却するべきである。

 

大学院生
最上級生にもなってこんな基本的な質問をしていたら後輩にどう思われるだろうか…
かめ
いやいや、上級生だからこそ簡単な質問でもためらわずに手を挙げて欲しいのです!

上級生が質問をためらうと、その雰囲気は必ず後輩に伝播するし、その後輩が質問をためらうと、その翌年に入ってくる後輩も基本的な質問をためらうようになってしまう。

このように、したい質問があるのに質問を躊躇するのは悪影響しかもたらさないのである。

だから、少しでも研究室の将来を、そして日本の科学界を思う心があるのなら、恥を恐れずどんどん手を挙げてもらいたい。

基本的な質問は発表者の立場としてもありがたい。小難しい質問をされるよりはよっぽど答えやすい上に、もし自分の理解があやふやであればその曖昧な点についてハッと気付かされるからだ。

せっかく誰かが勇気を出して行った質問を鼻で笑うような人間は、そのような振舞いをする先生も含めてクズだと思う。鼻で笑った奴はいつか誰かに鼻で笑われるので、我々はその因果応報ぶりを陰でとくと楽しませてもらおうではないか!

 

分からない事を分かるにはある程度の勉強が必要

次に、先ほどのケースとはうって変わり、何が分からないかも分からない場合について。

(紛らわしい言い方で恐縮だが)何が分からないかを言語化するには、その分野に関してある程度の知識が必要である

私は電気化学を専門としており、B4時代は一週間に1本のペースで様々なテーマの論文を読んできたから電気化学の話題に多少はついていけるけれども、いきなり数学者に

数学者
ねぇねぇ、フェルマーの最終定理についてなんだけど…

と議論を吹っ掛けられても、いかんせん全く背景知識がないので

かめ
なにそれ、おいしいの?

ぐらいにしか返答できないであろう。

このように、ゼミで何が議論されているかすらつかめない場合、その分野に関する知識量が不足している可能性が高いので、まずは図解シリーズや簡単な教科書を読み込み頭の知識を増やしてあげると効果的である。

用語が全く分からない場合、しばらくゼミで話をスピードラーニングしていると解決するだろう。要は聞き慣れていないだけなので、専門用語にある程度なじみ深くなれば少なくとも話の大筋はつかめるはずだ。

 

私の場合、最初期のゼミはまるで外国語を聞いているかのように理解不能だった。

専門用語を全く知らなかったので何を一生懸命議論しているかサッパリだったし、あまりにも分からなさ過ぎてメモをとるのも諦めたぐらいだ。

しかし、分からないままでは悔しかったので、以下の図解教科書の計2冊を熟読した結果、前期の終わりの中間報告では大学院の先輩に対して疑問点をぶつけられるまでに成長した。

勉強というスパイスをかければ最低限理解すべき点はイメージできるようになるため、まずはどうかひと踏ん張りして各々の専門分野の概観を掴んでもらいたい。

created by Rinker
¥2,750 (2021/10/20 14:53:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

意図的に好奇心を解放する

大学受験生時代、我々は余計な事を考えるのを禁止され、最短距離で正解にたどり着く訓練ばかりやらされていた。

なぜならば、わき道にそれてしまえばテスト問題を解ききれないし、取るべき点を取らなければ定員に弾かれて不合格になるため、否が応でも最もシンプル&手間のかからない経路を選ばなくてはならなかったである。

しかし、そのような訓練ばかりやらされた結果、我々は小さい頃に育まれたはずの

  • なんで?
  • どうして?
  • どうやったらそうなるの?

という素朴な好奇心をいつの間にか失ってしまった。

もっと正確な言い方をすると、せっかく育まれた好奇心を胸の内に埋没させてしまったのである。

 

今後質問を積極的にしようと思えば、胸にしまわれた好奇心を発掘し、意図的にさらけ出してやる必要がある。

錆びついてしまった好奇心を洗浄し、再度活性化してあげる必要がある。

好奇心を表に出すには、誰かの発表中に(どうしてこう主張できるだろう?)(本当にそうかな?)と常に考え続けると効果的だ。

自分で考えても分からない事を聞くのが質問というものなので、後は「すみませーん」と手を挙げるだけで良いのである。

研究はわき道に逸れられれば逸れられるほど思っても見なかった発見がある。そのため、一人で(ブフフフフ…)と妄想しちゃえる人は偉大な科学者になれる可能性がある。

 

自分事で聴く&何か質問する前提で発表を聴く

発表を聴く時、あなたはそれを他人事であるかのように視聴してはいないだろうか?

もし(どうでもいいや)と内心思いながらゼミに出ていたら、おそらく何年経っても力が身に付かないであろう。

自分にとって有益な時間にしようと思うならば、他人事ではなく自分事で聴かなくてはならない。

疑問点が出てくれば後はカンタン、そっと手を挙げて司会役にあてられるのを待つだけである。

 

また、分からない事が出てきたらその点について質問するという受け身の姿勢ではなく、そもそも何か質問する前提で話を聞くという能動的な姿勢で参加していたら、必ず何か質問をひねり出せる。

私の場合、このメンタリティーでゼミに出て以来、質問せずに終わった回は一度もない。

受け身の姿勢だと(どうせ誰かが質問してくれるだろう)と控えめになってしまってゼミ終了が待ち遠しくなるのに対し、攻めの姿勢だと(研究力を高める絶好のチャンスだ!)とアグレッシブに行けるため、質問でのディスカッションも実のあるものになりやすい。

どうせ同じ時間を過ごすなら楽しい時間にしたいから、私は今後も質問する前提で話を聞き続ける予定である。

 

どうしても質問できなくて困った時は「何が分からないか分かりません」と素直に言う

ここまで4つの考え方を紹介してきたが、それでもどうしても質問が思いつかない方がいらっしゃるかもしれない。

また、そういう時に限って「○○君、何か質問して」と心を見透かされているかのように司会から当てられてしまうのである。

私にも全く質問がひねり出せなかった時期(B4の最初期)があり、一度指名された時は滝のような冷や汗が出たものだが、私はその苦境を

かめ
大変申し訳ありませんが、何が分からないかが分かりませんでした。○○理論についてもう一度教えてくれませんか?

と言って乗り切る事に成功した。

結局、再度説明されても全く理解できなかったものの、もし自分にとって大切な発表だと思って自分事で聴いていればもう少しマシな質問ができたんじゃないかなぁと思い、それ以降は心を入れ替えてゼミに出席し、平行して自習も進めていった次第である。

 

最後に

ここまで、私が質問できるようになった5つの考え方について紹介してきた。

おさらいすると、

  1. 一時の恥などかき捨てろ!
  2. 何が分からないかを分かるには最低限の知識が必要
  3. 意図的に好奇心を解放せよ
  4. 自分事で聴く&質問する前提で聴く
  5. もし当てられたら「何が分からないか分かりません」と素直に言う

これがこの記事の要点となる。

仮に質問を思いついたとしても手を挙げる勇気も必要となるため、皆の見ている場で質問をする行為はかなりハードルが高いのではないだろうか(事実、私がそうだったから)。

しかし、一度勇気を振り絞って質問してしまえばすぐに慣れられるため、最初の障壁(活性化エネルギー)を乗り越えて、どんどん問いを立てる力を身につけて頂きたいと私は思う。

 

以上です。

【不安な方に読んで欲しい】私が学会発表を行う際の基本スタンスについて

2021-04-07

【研究室生活】これからラボに所属する理系大学生へ自身の経験から伝えたい事

2021-03-19

【すごく迷っています】大学教育終了時点における自身の博士課程進学への考えについて

2021-02-15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文2報(電気化学)|月間2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。