2,403 ビュー

【アシックス】グライドライドの長所と短所|サイズ感も交えてレビューします

私は自己ベスト2時間59分の現役北大生サブスリーランナーである。

この記事では、1か月前に購入し、計70kmほど一緒に走行したグライドライドについて語っていく。

私はアシックスから販売されているライドシリーズのうち、メタライド以外の全種類、すなわちエボライドメタレーサーを購入した経験があるのだが、その2つは私にとって相性の悪い(使いにくい)シューズだったためにメルカリで手放した経験がある。

ライドシリーズ購入3足目ということで、(これで合わなかったらもうライドシリーズには手を付けないでおこう)と覚悟を決めて購入したのだが、幸いなことにグライドライドは私とピッタリフィットしてくれたので、これから長く使って行こうと思っている。

 

前置きはここまでにして、これからグライドライドについて話していく。

話す順番は

  1. メタレーサーとエボライドがなぜ私に合わなかったか
  2. グライドライドのサイズ感
  3. グライドライドの良い所
  4. グライドライドの悪い所
  5. まとめ

このような構成でお送りする。

メタレーサーとエボライドがなぜ私に合わなかったか

グライドライドと同じライドシリーズであるメタレーサーとエボライドが私の足に合わなかった理由は、共に土踏まずのフィット感が原因である。

 

まず、メタレーサーの場合、足を包み込む感触は好印象だった。

しかし、シューズ中央の幅がかなり狭かったため、偏平足気味な私の足は走行中ずっと圧迫されているような感覚があったのである。

メタレーサーのサポート力が強いがゆえの感覚なのか、それともただ単にシューズが私の足幅に合わなかったのが原因なのか、このどちらなのかは今でも正直分からないのだが、とにかくメタレーサーを履いて走ると土踏まずの辺りが気持ち悪くて仕方がなかった

定価22,000円の高機能シューズだったが、計50km程度履いても使いこなせる未来が全く描けなかったため、メルカリにて半額程度で手放す決心をした。

 

次にエボライドだが、これはメタレーサーとは逆に、フィット感がルーズ過ぎたのが問題だった。

普段履いているアシックスのシューズと同じ26.5cmのエボライドを購入したものの、エボライドは他のアシックスシューズより0.5~1cmほど足長の長いシューズであった

そのため、10km以下の短い距離を走る分にはそこそこ快適に走れていたが、試しに30km走をやってみると、20km過ぎからシューズ内で土踏まずに不快感を覚えてしまい、ついには足底筋膜炎になってしまったのである。

発売開始と同時に購入し、初めてレビューを書いた思い出深いシューズではあったが、これもメルカリで定価の半額ぐらいで手放すことになってしまった。

 

このように、メタレーサーとエボライドは私の足に合わなかったが、幸いなことにグライドライドは私の足にピッタリだった。

次章では、グライドライドのフィット感を

  • アシックス製品(GT-2000 8)
  • アディダス製品(アディゼロジャパン4)

これらの製品と比較しながらお伝えしていく。

 

グライドライドのサイズ感

アシックス製品との比較

まずはGT-2000との比較だが、グライドライドは

  • 足幅はGT-2000とほぼ同じ
  • 足長はグライドライドが0.5~1.0cm長い

このようなサイズ感である。

グライドライドはエボライドと同じく、ライドシリーズではないアシックス製品よりも足長が長い事が特徴である。

そのため、ネットでグライドライドの購入を考えている方は(人にもよるが)普段より0.5cm小さめのサイズを選ぶと良いだろう。

私が過去に計1000km使ったGT-2000は26.5㎝を選んで履いていたが、グライドライドは26.0cmを購入してジャストサイズであった。

 

ランナー
でもさー、足長に合わせてシューズを選んだら足幅が合わなくなっちゃうんじゃないの?

私もグライドライドで走る前はそう思っていた。

しかしそんな心配は杞憂に終わった。

グライドライドのアッパーはかなり柔軟に出来ているため足当たりが良く、最初は少々足幅がきつく感じていてもすぐになじんでくるのである。

最初は(ちょっと狭いけど大丈夫かな…)(またシューズ選び失敗しちゃったかな…)と不安になった私だったが、グライドライドで計70km走った後には(26cmを選んでホント良かった!)という安堵感でいっぱいになった。

ちなみに、私が購入したメタレーサーのサイズは26.5cmだったが、足長はちょうど良かったものの、土踏まずやつま先など、全部分において足幅が窮屈に感じられた。

レーシングシューズってあんなに窮屈なものなの?以前履いて1500km走ったターサージールTSはもうちょっとゆとりのある靴だった気がするけれど、それは私の記憶違いなのであろうか…?

 

アディゼロシリーズとの比較

次に、私が愛してやまないアディゼロジャパン4との比較である。

ジャパン4(26.5㎝)とグライドライド(26.0㎝)を比較すると

  • 足幅はジャパン4の方が大きい
  • 足長はグライドライドの方が大きい

このような感覚がある。

こうして比較してみると、メーカーが違うだけで足型も全く違ってくるから、シューズは試し履きをしてから買うべきだという事が本当によく分かる。

(自分は26.5だ!)という先入観でシューズを買うと私のように後悔する可能性が高いため、履いた事のないシューズを選ぶ際は、

  • 実際にショップで試し履きをするか
  • AmazonのPrime Wordrobeで何サイズか取り寄せて履き比べてみるか

どちらかの手段で試し履きをする事がシューズ選びの成功の秘訣である。

ちなみに、スポーツショップで一瞬だけ履いた事のあるソーラーブースト(26.5)とグライドライド(26.0)のサイズ感を比較すると、ジャパン4と同様に足幅は同じぐらいで、足長はグライドライドの方が長く感じられた。最近の厚底シューズはみんな個性的だから、以前よりもサイズ選びが難しくなっているような気がする…

 

以上がグライドライドのサイズ感の紹介である。

ここからは、この記事の本題である、グライドライドの良い所と悪い所をご紹介する。

まずはグライドライドの良い所から。

1 個のコメント

  • 記事読ませて頂きました。面白いし、分かり易い。
    エボライド、メタレーサーの記事も良かったです。アシックスユーザーとしては有難い内容で、他の記事も楽しく読ませて頂きます。

  • 矢地繁雄 へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA