378 ビュー

【北海道大学】総合理系が辛い理由と辛くない理由を北大生が双方の立場から考察します

私は札幌に住む現役理系大学院生である。

2017年3月に総合理系へ2位で合格し、現在は工学院で研究している。。

この記事では、総合理系が辛い理由辛くない理由を両方の立場から解説していく。

この記事を作成する前にネットで調査していると、総合理系が辛かったと振り返る人の方が多かった。

しかし、私自身は総合理系をあまり辛いとは思わなかったので、感覚のズレが生じていた。

そこで、読者の皆さんには総合理系が辛い理由と辛くない理由を両方知っておいてもらいたいと思い、この記事を作成することにしたのである。

 

それでは始めよう。

まずは総合理系が辛い理由から。

総合理系が辛い理由

大学に入っても成績のために必死で勉強しないといけないから

総合理系は席取り合戦である。

一番高い成績を獲得した人から順番に希望の学部・学科へ配属される仕組みとなっている。

学部配属にコネは通用せず、自分の力で獲得した移行点だけが唯一の武器となってくれる。

僅差で希望学科に行けなかった…という人が毎年現れており、非常に熱い戦いが繰り広げられている。

自分の入りたい学部へ行くためには、しっかりと勉強して高い移行点を獲得する必要がある。

他の大学の学生が遊んでいる中、総合理系生は必死にテスト勉強をせねばならない。

せっかく大学生になったのに、もう一年間受験みたいなことをするのである。

受験が終わっても休めないという点に総合理系の辛さがあるようである。

 

どれだけ勉強しても自分の望み通りの学科に行けるとは限らないから

また、総合理系は受験並みにシビアな世界である。

どれだけ一生懸命勉強したとしても定員からあふれてしまえば希望学科に配属されない上、ライバルを蹴落とすために友達の間でさえも情報戦が繰り広げられているのだ。

大学のテストでは努力が結果に反映されるとは言えないし、むしろ、がむしゃらに努力するより要領よく乗り切った人間の方が概して高成績を獲得する傾向がある。

総合理系はまるで社会の縮図のようである…北大に合格した秀才たちに社会の荒波が襲い掛かる。

 

大学ならではのテスト対策に苦戦したから

大学のテストの試験範囲は太平洋のように広大である。

前期(15コマ)の授業だけで数百ページある教科書をすべて終えてしまうことが普通にあるし、そのテキストの解説が分かりやすいか?というと、無茶苦茶分かりにくいのが一般的。

教授は黒板に向かってボソボソ呟くように講義をしているし、仕方がないから教科書を参考にしようと思っても教科書に何が書いてあるかサッパリ分からない。

総合理系生はそんな授業であっても高い成績をゲットせねばならないのだから、それはもう、言葉に表せないほど勉強する必要がある。

大学の試験で高成績をとるには、過去問を手に入れるのが必須要件。

しかし、友達がいない人間にとって、過去問をゲットする事自体がかなりの難関なのである。

人に話しかける勇気がなければ最強の武器・カコモンが手に入らないし、試験を作る先生サイドも学生が過去問を手に入れている前提で試験問題を作成するため、過去問を得られなかった人間は試験本番に地獄を見ることになってしまう。

さらに、運良く過去問を手に入れたとしても、試験本番でガラリとテスト形式が変わり全く対応できなかった…なんてことも頻繁に起こるので、テスト対策に苦戦した結果として(総合理系は辛い/辛かった)と思うのは至極当然の事だと私は思う。

 

以上が総合理系が辛かったと振り返る人たちの意見である。

次に、総合理系が辛くなかったと考える立場の考えを紹介しよう。

 

総合理系が辛くない理由

そもそも、大学には勉強するために入ったから

ところで、大学は何をする所かご存知だろうか?

そう、大学とは勉強・研究する場所である

総合理系生の中には「勉強するのが苦痛だ」と言っている人がいて、そんな人を見ると(この人はどうして大学に入っちゃったのだろう…)と不思議に思ってしまう。

勉強嫌いの人間が大学に行くとまず間違いなく不幸になるし、ましてや総合理系に入ってしまったら目も当てられない惨事になる。

私は勉強するために北大へ入った。

総合理系に入学したら1年生の時も受験並みに勉強する必要がある事は分かっていたし、それを覚悟したうえで大学受験の際は総合理系を受験校に選んだ。

入学前に覚悟を決めていたから、一生懸命勉強することになっても全く苦痛ではない。

だって、受験校は全て自分で決めさせてもらったのだから。

【滑り止め校】北海道大学に受かるために受験した私立大学のご紹介

2021-06-07

 

受験の方がもっと辛かったから

私は現役時代、京大に落っこちてしまい、一年間の浪人生活ののち北大に入学した。

そして、浪人としてさまよっていた時はひどい目に何度も遭った。

  • スポーツショップで「浪人生です」と言ったらポイントカードを作らせてもらえなかったし
  • 京大医学科に現役合格した”元”・友人が私の予備校を訪れた際に散々馬鹿にされたし
  • 家庭内でも「浪人生のクセして偉そうに」と浪人ハラスメントを受けたり
  • 色々な苦しみに耐えきれず河川敷のベンチで大泣きしてしまったり

浪人として生きた1年間は本当に苦しい歳月だった。

それに比べれば総合理系なんてみたいなものである。

大学生としての身分が保証されているから「浪人生ww」といって馬鹿にされることはまずないし、北海道では北大がトップ校なので北海道のどこへ行っても可愛がってもらう事ができる。

家では手のひらを返したかのように扱いが良くなったし(笑)、辛すぎて涙が止めどなく溢れ出すなど一度もこの身に起こらなかった。

浪人を経験した私からすれば、総合理系なんて天国と見紛う場所である。

「辛い辛い」とこぼしている北大生は、もしかしてみな現役生なのではないだろうか?(違ったらごめんよ)

 

行きたい学科の移行点がたまたま低めだったから

総合理系に入った当初、私は周囲の大半の総合理系生と同じく「農学部に行きたい」と公言していた。

そして、前期が終わって成績が開示されると、ちゃんと農学部に行けそうな成績であることが分かった。

【北大】総合理系のQ&A|内部生が語る

2020-09-18

ただ、(自分の興味のある分野はなんなのだろう)と考え、夏休みに色々と調べてみると、どうやら農学部ではなくて工学部に行った方がよさそうであると発覚した。

て事で後期からは農学部志望ではなく工学部志望になったのだが、工学部は農学部より低い成績でも余裕で行けてしまうのである。

私の行きたい学科の昨年度の最低移行点は3.4ぐらいで、前期にGPAが3.72あった私からすればどう間違っても通過できるハードルだった。

なので、後期からは前期のようにヒーヒー言って勉強するという事はなくなり、ある程度のゆとりを持ち、なおかつ落ち着いて勉強できるようになった。

リラックスしてテスト対策したのが良かったのか、後期も前期と同じぐらいの成績をゲットすることができ、最終的に3.7763という移行点で現在所属するコースへ配属された。

越えなければならないハードル(最低移行点)は低かったし、後期は非常に楽に勉強していたので、総合理系が辛かったという思いは1 mmも持っていないのが正直な所である。

 

運が良すぎて好成績を取れてしまったから

最後に、私自身の運が良すぎたというものがある。

私は人とコミュニケーションをとるのが苦手なタイプなのだが、大学に入り、勇気を出して色々な人へ声をかけるようにしてみると、あっという間に優秀で強固な情報網が形成された。

何も言わなくても誰かから過去問を頂戴することができたし、過去問の中で分からない問題は私より優秀な人間に聞くことで解決できた。

私自身も理数系科目が得意だから、過去問の模範解答を作成して仲間に配布・貢献する事でwin-winの関係を築くことができたのだった。

加えて、講義を受け持つ先生にも恵まれていた。

鬼みたいに成績評価が厳しい先生には一度も当たらず、過去問通りにテストを作ってくれる優しい講師ばかりだった。

高校までは授業なんて大嫌いだったけど、大学1年次で嫌いだった授業と言えば英語II(パソコンでの英語授業)ぐらいである。

仲間に恵まれ、先生にも恵まれ、私は華の総合理系ライフ(??)を送ることができた。

 

最後に

以上が総合理系が辛い理由と辛くない理由である。

総合理系を辛いと思うか辛くないと思うかは個人差が大きな要素を占めている。

自分が大学に入っても勉強し続けられると思えば総合理系に入ればいいし、そうじゃなくてもう少し気楽に大学生活を送りたいのであれば入学時点で学部・学科が決まっている大学を受験校として選ぶのが賢い選択だと言える。

この記事が読者さんの好奇心を満たすものであればいいなと願い、文章を締めくくらせてもらう。

 

以上です。

【研究室生活】これからラボに所属する理系大学生へ自身の経験から伝えたい事(前編)

2021-03-19

【北大総合理系】出願する選抜群の選び方について解説します

2022-02-25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA