【北大】応用マテリアル工学コースについてのQ&A|内部生が語る

これから、私が所属している北海道大学工学部応用理工系学科応用マテリアル工学コース(通称・応マテ)の学科紹介を始めていく。

  • 総合理系に入学し、どこの学部へ行こうか迷っている人
  • 応化(応用化学)と応マテの違いを知りたい人
  • 早く北大に行きたくて仕方がない積極的な高校生

こうした人に興味を持っていただけるよう、この記事を作成した。

 

パンフレットや学科サイトを見ただけではホントの所など分からない。

そこで、北大生であるこの私が、応マテの内情を包み隠さずお伝えしていこうと思っている。

何を学んでいる学科なの?

まず、応マテは金属の性質について学んでいる学科である。

具体的には

  • 金属の強度を上げる方法
  • 鉱石から金属を作る方法(専門用語で製錬という)
  • 金属の腐食を防ぎ、サビに強い材料を作る方法

こうした内容を学んでいる。

コース名に”マテリアル”と付いているので材料に関するあらゆる事を取り扱っているように思われがちだが、実際は金属(特に鉄)をメインに勉強しており、そのついでに半導体セラミックスについてもちょこっと触れるカリキュラムだ。

(金属の事以外も学べるんじゃないか)と期待して応マテに入ると、予想以上に金属の事ばかり勉強する事になって当惑すること間違いなしだから、そこの所は十分に注意して頂きたい。

どうしてそのような事を書くかというと、この記事を書いている私自身が(半導体みたいな材料の事についても学べるのだろうなぁ)と思って応マテに入ったからである。

あまり詳しく調べずに応マテに入った結果、時間割を組んでみて(えっ、金属の授業ばっかりやん笑)とびっくり仰天する事になった。

金属に興味のある人からすれば天国のようなカリキュラムだと思う一方、飛行機や車などの金属製品に興味を持てない人が入ってしまえば地獄のような学部生活となるだろう。

応マテでの勉強内容は”金属”についてである。この点に関しては、この記事を読み終わってから移行学部が決定するまでずっと覚えておいてもらいたい。

 

高校理科で言えばどの科目?

高校理科で言えば、物理化学の2教科がベースとなっている。

生物や地学の要素を感じることは全くなく、物理や化学のどちらかだけで成り立っていると感じることもない。

物理の中でも特に原子物理が関連性の深い学科であり、化学においては無機化学理論化学の原子構造・酸化還元・電気分解に縁のある学科である。

数学の授業も少しだけあるものの、材料の研究に数学力は特に必要なく、金属と理科が好きな人であれば誰だってやっていけると私が太鼓判を押す。

 

応用物理、応用化学との違いは?

応マテが応用物理や応用化学と違う点は、応物は物理のみ、応化は化学のみを使って研究していくのに対し、応マテは物理と化学両方を武器に研究開発していく点である。

応マテの最も良い所は、物理的なアプローチ(物質の存在の仕方から)化学的なアプローチ(物質の性質から)のどちらをとってもOKな所である。

物理的な観点で行き詰ったら化学的なポイントから攻め、化学的な視点ではこれ以上は進めないとなったら物理という武器に切り替えて攻め続ける事ができるのだ。

応物と応化どちらにしようか迷っている人は応マテに来たら絶対楽しいだろうと思うし、(物理と化学どっちかだと絶対飽きるだろう)と思っているエネルギッシュな学生さんこそ応マテに来てもらって、自らの余りある活動力を金属に吹き込む事で金属をウヒョヒョヒョヒョヒョwwと喜ばせてもらいたい。

物理と化学両方を武器に戦っていくので、受ける授業も物理と化学が融合したような講義ばかりである。

頭の使い方に慣れないうちは理解が進まず戸惑うと思うが、”こんなもんだ”と受け入れてしまえば少しずつ授業が楽しくなってくる。

この世の中で2科目を武器にできる人材などそうそう多くはない。

応マテを卒業すれば自動的にレアな人材になれるので、他の人とは違う武器を手に入れたい!という人は是非とも応マテにお越し下さい。

 

資源循環や機械系との違いは?

資源循環や機械系と応マテが違う点は、製品製造工程のどこにいるかという点である。

まず、資源循環の人間が鉱石を採ったり不純物だらけの原材料を高純度化したりして金属材料の”元”を作る。

次に、資源系の人が丹精込めて作った”元”を使い、応マテ(材料系)の人間が魔法の力で”元”に様々な性質を吹き込み”材料”として使えるようにしていく。

最後に、機械系(もしくは建築系)の人間が用途に合った”材料”を選び、飛行機や建物やミサイルなどの街中でよく見かけるような製品”に仕上げ、世の中を便利で豊かなものにしていくのだ。

 

資源系の人のおかげで金属を手に入れられるし、材料系の人のおかげで今よりもっと機能の高い製品を作ることができるし、機械系の人のおかげで製品を世に打ち出すことができる。

全ての分野はつながっており、どの分野なくしても製品は出来上がらない。

元を製品にする橋渡し役として、世の中の縁の下の力持ちとして、応マテは存在している。

皆さんには”製品を作るどこの工程に行きたいか”という視点も持って学科選びをしてもらいたい。

 

最近はIT系が盛り上がっているけど、応マテって何だか地味じゃない?

確かにそうだ。

IT革命を旗印に情報産業が勃興してきている今、モノよりネットの世界の方がきらびやかに見えるのは何の不思議もない。

ただ、世の中はソフト(情報や意識など、形のないもの)だけでは成り立たない事も覚えておいてもらいたい。

私たちの生活にはハード(建物や機械など、形のあるもの)が不可欠であり、より優れたハードがある事によってはじめてより優れたソフトが成り立つのである。

 

そのハードの基盤となっているのが材料工学

材料工学は石器時代から人類の生活に寄り添って発達してきた学問であり、石器を作っていたのが今や宇宙や超高温下での使用にも耐えられる材料を作れるようになった。

そもそも、ネット社会の基盤となる電子素材を開発するのも材料工学の範疇である。

表でキャーキャー騒がれるのはIT系であり、ITと比べると応マテで学ぶ内容は地味なのに違いないが、材料工学なしでは技術革新は不可能なので、たとえ役回りは地味であろうと絶対に必要な学問なのである。

 

男女比は?

学年にもよるだろうが、私の学年は男子41人に女子1人と機械系も顔負けの男子校状態だった。

私の一つ上の学年は女子が3人ぐらいいて、私の一つ下は(多分)4人いる感じであり、男子の方が圧倒的に多いのはどの学年も同じ模様である。

女子は生物系や農学部に行ってしまうので、応マテにはなかなか入ってくれないのである。

もしも学科内恋愛をしようと企んでいる野郎がいたら、応マテでは望みが叶わない事を先にお伝えしておく。

 

就職状況は?

材料系の学生は、自動車鉄鋼電気系など色々な業界から求められている。

  • 自動車:トヨタ自動車、本田技研工業…
  • 重工系:三菱重工業、IHI、川崎重工業…
  • 鉄鋼系:日本製鉄、JFEスチール、神戸製鋼所…
  • 非鉄系:古河電気工業、日本軽金属、DOWAホールディングス…
  • 電気系:東芝、パナソニック、デンソー…

ここには書ききれないほど多くの企業に就職実績がある。

もし人工知能がめちゃめちゃ賢くなっても素材メーカーはなくならないし、我々応マテの人間はこれから人工知能を上手く利用した材料開発を行っていくから将来を心配する必要は一切ない

応マテには上で書いたような企業への推薦枠が学生一人当たり6枠以上あるので、(高給取りになりたい!!!)と思っていらっしゃる方は是非応マテに来て上級国民への入り口に立っていただきたい。

書くまでもないことだとは思うが、上で述べた企業に就職できるのは学部や大学院でしっかりと研究して力をつけた人間である。

ただボーっと学校に通っていては結果は出せないし、たとえ推薦枠を使って最終面接にこぎつけたとしても会社の役員さんからバッサリと切り捨てられるのがオチである。

応マテに通えば世間から一流だとされている企業に入りやすくはなるものの、それは”必ず”入れることとイコールではない。

応マテに入るまでは勿論、応マテに入ってからも努力を重ねることで将来の道が開けてくるのだ。

 

時間割はどんな感じ?

私が実際に履修した時間割を以下にお示しする。

まずは2年前期👇

2年前期はさほど忙しくない。

1限も木曜だけだし、5限も火曜だけ。

(工学部だから多少は忙しいだろう)と思って入学したら、全然授業がなくて拍子抜けしたほど。

あまりにもヒマだったので時間の使い方に凄く困っていた。

 

2年後期👇

後期は少し忙しかった。

履修する教科が多く、常に何か授業を受けているような感覚があった。

とはいえフルコマではないので余裕がある。

私は授業後にスーパーで品出しのバイトを4時間こなしていた。

 

3年前期👇

3年前期になって授業が本格化するのか…と思いきや、むしろヒマになってしまった。

2年生の時にはなかった学生実験が追加されたのでレポートが少々面倒臭かったものの、その他の授業は過去問どおりのテストばかりで非常に楽に乗り越えることができた。

 

3年後期👇

むしろ授業がある事を覚えておくのが大変なレベルでコマ数が少なかった。

これだけヒマだとすごくだらけてしまうので、個人的にはもう少し授業があってもいいかなぁと思っていた。

 

どんな人が応マテに向いているの?

応マテに向いている人は

  • 社会を縁の下から支えたいと思っている人
  • 無機化学が好きな人
  • 物理もそれなりに得意な人
  • 圧倒的ヒマに耐えられる人

こんな人が行けば楽しいんじゃないかなあと私は思う。

現在1年生の後期の授業を受けていらっしゃる皆さんそんなに忙しくないと思うが、応マテに入ってからはなんと1年後期よりもヒマになる。

だから、自由な時間が沢山欲しい人にはもってこいの学科である。

これだけヒマなら研究室から忙しくなるんじゃないか、そうお思いの方もいるかもしれない。

だがしかし、応マテの場合、(研究室にもよるが)研究室に入っても忙しくない事が多いのだ。

金属は状態を変えるのに時間がかかるため試料を長時間安置しておく事が多いし、試料とにらめっこして付きっ切りで行う実験が少ないので忙しく実験しようにもできないのである。

応マテの研究室は基本ホワイトなので、安心して応マテに来て頂きたい。

 

以上が応マテのコース紹介である。

皆さんが知りたかったことにしっかりとお答えできている事を願い、この記事の執筆を終えようと思う。

【北大】総合理系のQ&A|内部生が語る

2020-09-18

【進路振り分け】絶対に後悔しない学部の選び方|成功のコツを紹介します

2020-09-23

北大院試2020・体験記

2020-08-26

2 件のコメント

  • 現在北大一年で学部移行に迷っていたので、とても参考になる記事でした。自分がどの工程に携わりたいのか考えようと思います!

    • TJオズマさん、コメントありがとうございます

      しっかり迷って下さい。
      色々な情報を集め、よくよく考え、最後は自分の心の声を信じて下さい。
      周りの声に流されず、自分が決断した事に自信を持つように。
      北大には様々な学部がありますから、貴方のやりたい事はなんだって叶います。

      良い選択ができる事を祈っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    馬術競技からマラソンに転向した北大工学院のM1|国体馬術競技優勝&8回入賞|10000m36’33”|マラソン2°47’50”|100kmレース10°19’17”|英検準一級|TOEIC785点|ラン歴5年|乗馬歴10年|英語の学術論文2報(電気化学)|月間2万PVのブログ運営中|コメントやご相談はTwitterのDMまでお願いします。