153 ビュー

【アシックス】エボライド 詳細レビュー

2020年2月7日にアシックスからリリースされた新商品のエボライドについて

  • 他のシューズとの比較も交えた詳細なレビュー
  • 個人的に思ったこと

を書いていく。

なお

  1. 私の走力はフルマラソン2時間59分程度であること
  2. 私の足のサイズは26.5㎝の2Eであること

の2点を事前にお知らせしておく。この前提知識をもとに以下の記事を読み進めて頂きたい。

箱を開け、ちょっと触ってみた

ファーストインプレッション

箱を開けてシューズを見た瞬間

かめ
え?!めっちゃ分厚いやん!!

と思わず声を発した。

 

厚底シューズは初体験。

今までアディゼロジャパンのような薄いシューズばかり履いていたので、エボライドの見た目にはすごくインパクトがあった。

 

箱からシューズを出して持ち上げてみた。するとシューズのボリュームの割に軽く感じた

最近の厚底シューズは見た目の割に軽いというので有名だが、このシューズもその例に漏れず見た目と重量のギャップが非常に大きかった。

かめ
こんなに分厚いのにこれだけ軽くてホントにいいの?

こんな感じである。

 

エボライドは27㎝で255g(asicsの公式発表)。

私が購入したサイズは26.5㎝なので250g弱だ。

まじまじと見ても、250gあるシューズには到底思えなかった。

 

他のシューズの隣に並べてみた

自分が持っている他のシューズと分厚さを比較してみた。

まずはアディゼロ匠戦⇓

次いでアディゼロボストン⇓

ラストにGT-2000⇓

こうしてみると、匠戦と比較した時はすごく分厚いなと思ったが、ボストンやGTと比較してみれば大して厚さは変わらないことが分かった。

前足部のせり上がりからシューズのボリュームを感じていたのだが、思ったより厚底ではないことに気が付いた。

 

外見

シューズを観察してみた。

まずアッパー⇓

織が非常にきめ細かい

ものすごく通気性が高そうだし、フィット感もすごく期待できる。

二層構造だから耐久性も高そう。今流行りの”エンジニアードメッシュ”ってやつか。

つま先部分には内側から補強がされている。柔らかい補強材なので小指を痛めずに済みそうだ。

 

続いてシュータンとかかと⇓

シュータンが分厚い

足の甲周りのフィット感が気になるけど、果たしてどうだろうか?

 

かかとは細い

これなら走ってもカポカポしないだろうし、強いホールド感が期待できる。

 

ミッドソールはフライトフォームプロペル

ターサーエッジにも使われている高反発素材

メーカー曰く、ターサージールに使用されていたフライトフォームより反発力が大きいとのこと。

これは大いに期待したい!

 

そしてお次はアウトソール⇓

前足部(写真右側)はAHARという素材で、軽量かつクッション性に優れている

AHARはAHARでも、スポンジタイプのAHAR。

スポンジタイプはラバータイプのAHARより耐摩耗性が若干低い。

だが、ラバータイプよりはるかに大きな衝撃吸収能力を持っている。

スポンジタイプのAHARを使用しているシューズにヒートレーサー(ライトレーサーRSの後継機)がある。このシューズはライトレーサーTSのレース用みたいなシューズなのだが、AHARを使用しているためライトレーサーよりクッション性があるとの報告を受けている。

後足部(写真左側)はAHAR PLUSという素材で耐摩耗性に特化している。

この素材をかかと部分に使用することで、摩耗が激しいかかと部分のすり減りを大幅に低減できるものと見込まれる。

 

最後にせり上がりをアディゼロジャパンと比較⇓

全然違う…!

これなら重心移動だけで楽に走れるかも。